連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

オンライン花火大会が今後のスタンダードに?「山形大花火大会」の挑戦

author ライフハッカー[日本版]編集部

Sponsored By はたわらワイド

オンライン花火大会が今後のスタンダードに?「山形大花火大会」の挑戦
Image: はたわらワイド

夜空に輝く大輪の花が美しい花火大会。

しかし、そんな夏の風物詩も、2020年はコロナ禍でほとんどが中止になってしまいました。山形県で1980年から脈々と続く「山形大花火大会」も、開催を自粛した花火大会のひとつ。

毎年2万発を打ち上げる、その圧巻の光景を一目見ようと県内外から約4万人が詰めかけ、テレビ視聴も加えれば約10万人の人が楽しんできた山形県の一大イベントです。しかし、去年はコロナ禍で、その賑わいが失われました。

だからこそ「2021年は開催を!」と立ち上がったのが「公益社団法人山形青年会議所 花火大会特別委員会」の皆さん。コロナ禍によってイベントの見せ方の選択肢が広がる中、オンラインでの開催に挑もうとしています。

2年ぶりとなる2021年の花火大会にかける思いと情熱を、「山形大花火大会実行委員」特別委員長の小松衛さん、本部長の田村貴史さんに聞きました。


Image/Source: はたわらワイド

swiper-button-prev
swiper-button-next