連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Macのキーボードが反応しない時の対処法

author MakeUseOf/訳:春野ユリ
  • カテゴリー:
  • TOOL
Macのキーボードが反応しない時の対処法
Image: Shutterstock

Appleのキーボードはよくできています。性能もいいし、見た目もスマートだし、Macとの相性もいい。しかし時々、問題が起きることがあります。

電源を入れてもキーボードがうまく作動しない、PCとキーボードがうまくBluetooth接続されない、キーを押しても反応しない。そんなことがあるかもしれません。

そこで今回は、Appleのキーボードが機能しなくなってしまった時の対処法を紹介します。

Magic Keyboardやワイヤレスキーボードが反応しない場合

まず、iMacやMac miniで使用するワイヤレスキーボードを使っている場合から説明します。

有線のキーボードと比較するとこのタイプのキーボードの方が、問題が発生することが多いからです。発生している問題がどのようなものであれ、まずは次の手順を試してみましょう。

1. Bluetoothが有効になっているか確認する

問題を解決しようとする時は、一番明白な解決策を見逃すことがないようにしましょう。

まず、「システム環境設定」→「Bluetooth」と進み、Bluetoothがオンになっていることを確認しましょう。

システム環境設定」のパネルには、デバイスが接続されているか、デバイスのバッテリー残量が少ないか、その他にエラーがあるかどうかが表示されます。

設定パネルやメニューバーにギザギザの線が入ったBluetoothアイコンが表示されていたら(下の画像を参照)、Bluetoothがオフラインである印です。

Macを再起動して、問題が解決するかどうか確認してください。解決しない場合は、すべてのUSBデバイスを取り外して、再起動しましょう。

keyboard2
Image: MakeUseOf

それでも問題が解決しない場合は、MacでBluetoothの問題を解決するための手引きを参照してください。

2. キーボードに電源が入っているか確認する

iMacのワイヤレスキーボードやMagic Keyboardが接続されていない場合は、まず、キーボードに電源が入っているか確認しましょう。

  • 最新のMagic Keyboardでは、デバイスの後端にあるスイッチをスライドさせて、緑色が見えるようにします。
  • 旧モデルのApple Wireless Keyboardの場合は、右端の電源ボタンを押すと、上部に緑色のLEDが点灯するはずです。

デバイスの電源がオンになったら、Bluetooth設定パネルに戻り、接続されているかどうかを確認しましょう。

キーボードがPCを検索しても接続されていない場合は、デバイスのリストにある自分のキーボードをControlキーを押しながらクリックし、「接続」を選択します(自分のデバイスがリストにない場合は、以下の手順5に進んでください)。

3. キーボードのバッテリー残量をチェックする

キーボードのバッテリー残量が少なくなってきていると、パフォーマンスに問題が出ることがあります。

システム環境設定」→「Bluetooth」と進むと、リストにあって接続されているキーボードの下に小さなバッテリーインジケーターが表示されます。

keyboard3
Image: MakeUseOf

また、メニューバーのBluetoothアイコンをクリックし、目的のデバイスにカーソルを合わせることでも、接続されているデバイスのバッテリーレベルを確認することができます。

バッテリー残量が少ない場合は、バッテリーを交換するか充電しましょう。

4. マウスキーとスローキーがオフになっていることを確認する

一部のmacOSのアクセシビリティ機能は、通常のキーボードの操作を妨げる可能性があります。

これをチェックするには、「システム環境設定」→「アクセシビリティ」に行き、左側のメニューから「ポインタコントロール」を選択します。

ここで、「マウスとトラックパッド」の隣にある「代替コントロール方法」を選択し、「マウスキーを有効にする」がオフになっていることを確認しましょう。

ここがオンになっていると、キーボードのキーを使用してマウスをコントロールできるので、結果として多くのキーが機能しない可能性があります。

top
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

次に、左側のサイドバーの「キーボード」をクリックし、「スローキーを有効にする」もオフになっていることを確認します。

有効になっている場合、キーを長押ししないと、PCがタッチ操作を認識しなくなります。

photo2
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

5. キーボードをPCとペアリングし直す

Bluetooth」設定パネルで、Bluetoothが有効になっていることを確認しましょう。

デバイスのリストで自分のキーボードの上にマウスを置き、選択項目の右側にある「X」をクリックします。

keyboard6
Image: MakeUseOf

「次にデバイスを使用する時にデバイスをペアリングし直す必要があるかもしれない」という警告が表示されますが、「削除」をクリックします。

次に、キーボードの電源を切り、再び電源を入れます。

ライトが点滅し始めたら、「システム環境設定」で「キーボード」オプションを開き、「Bluetoothキーボードのセットアップ」をクリックします。

画面の指示に従ってキーボードをペアリングしましょう。

keyboard7
Image: MakeUseOf

USB経由でPCに接続しているキーボードが反応しない場合

Mac miniやiMacのキーボードが機能せず、キーボードがUSB経由で接続されている場合は、次の手順を踏んで問題を診断し、解決しましょう。

1. 別のUSBポートで試してみる

現在使用しているUSBポートからキーボードを抜き、別のUSBポートで試してみましょう。それでキーボードが動作する場合は、元のポートで再試行できます。

1カ所のUSBポートでしか機能しない場合は、PCのUSBポートを修理する必要があるかもしれません。

2. システムレポートをチェックする

Appleメニュー(画面の左上にあります)から、「このMacについて」をクリックします。 次に、「システムレポート」ボタンをクリックします。

システムレポート」ウィンドウが開いたら、左側のサイドバーの「ハードウェア」セクションで「USB」をクリックします。

ここから、PCがUSBポートから何を検出したかを確認できます。

keyboard8
Image: MakeUseOf

PCがキーボードを検出すると、USBポートの下に「Apple Keyboard」と表示されます。リストにそれがない場合は、PCを再起動して、SMCとPRAMをリセットしてみてください。

3. Bluetoothをオフにする

システム環境設定」→「Bluetooth」に行き、Bluetoothがオフになっていることを確認しましょう。

これで問題が解決するなら、PCがBluetoothキーボードを認識し、USBキーボードよりも優先して接続している可能性があります。

Bluetoothをオンのままにする必要がある場合は、「システム環境設定」→「Bluetoothデバイス」リストの選択項目の右側にある「X」をクリックして、そのキーボードをリストから削除できます。

4. マウスキーとスローキーがオフになっていることを確認する

前述したアクセシビリティ機能は、有線のキーボードにも影響を与える可能性があります。

まず、「システム環境設定」→「アクセシビリティ」に行き、左側のメニューから「ポインタコントロール」を選択します。「代替コントロール方法」から「マウスキーを有効にする」がオフになっていることを確認してください。

photo
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

次に、左側のサイドバーの「キーボード」をクリックし、「スローキーを有効にする」がオフになっていることも確認してください。

Photo2
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

5. キーボードを延長コードかUSBハブを介して接続する

AppleのUSBキーボードには、付属のUSBケーブルが届く範囲を広げるUSB延長コードが付属しています。

キーボードをこのコードの一方の端に接続し、もう一方の端をPCに接続してみましょう。USB延長コードがない時は、USBハブを使用することもできます。

なぜこれがそこまで効果的な方法なのかはわかりませんが、うまくいくことが多いです。

何をやってもダメな時はApple Storeに相談する

どんなトラブルシューティングを試す際も、諦めた方が良い場合を正しく判断することが大切です。

上記のどの解決策を試してもうまくいかない時は、最寄りのApple Storeのスタッフに相談しましょう(特にデバイスが保証期間中ならそうしてください)。

また、具体的に直面している問題をネットで検索して、その問題を解決した人を見つけるのもいいですね。

Appleのハードウェアはかなり信頼性がありますが、100%ではありません。手遅れになる前に修正できるよう、Macに問題の予兆がないか常に注意を払いましょう。

Original Article: Mac Keyboard Not Working? Tips and Tricks on How to Fix It by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next