連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

ランニング初心者こそ使って欲しい『Garmin ForeAthlete 55』高度なトレーニング機能を厳選【今日のライフハックツール】

author 田中宏和
  • カテゴリー:
  • TOOL
ランニング初心者こそ使って欲しい『Garmin ForeAthlete 55』高度なトレーニング機能を厳選【今日のライフハックツール】
Image: Garmin

Garmin(ガーミン)のForeAthlete(フォアアスリート)シリーズといえば、プロアスリートやハイアマチュアに愛用者が多いスマートウォッチ。

Garmin ForeAthlete 55』は、そんなForeAthleteのエントリーモデルとしてコストパフォーマンスに磨きがかけられた最新モデルです。

本格的にランニングやトレーニングをしている人はもちろん、フィットネスバンドからステップアップしたい人にも、ぜひチェックしてほしいアイテムです。

ForeAthleteをエントリーユーザー向けにアレンジ

画像
Image: Garmin

ForeAthleteの魅力を挙げるとすれば、大きく2つ。

ハイレベルなマラソンランナーの要求にも応えられる多彩なトレーニング機能と、ランニング中でも視認性が高い大画面です。

しかし高価ということもあり、ライトユーザーにとっては手が出しにくい存在でもありました。

『ForeAthlete 55』は、高度なトレーニング機能を厳選し、画面サイズをひと回り小さくして価格を抑えつつ、ボディも軽量化

エントリーユーザーに対するハードルをグッと下げています。

厳選されたトレーニング機能

画像
Image: Garmin

言うまでもなく、他社製フィットネスバンドが搭載しているような基本的な機能は、抜かりなく押さえられています

それに加え、画面のカスタマイズ、ゴール(ユーザーに合わせた目標)の自動設定、リカバリータイム(ベストの状態に戻るまでの回復時間)の算出、レース予想タイムの算出など、ForeAthleteシリーズを代表する機能も搭載。

ログ管理・分析アプリ「Garmin Connect(ガーミンコネクト)」の存在も、他社製品との差別化に一役買っていますね。

逆に、上位機種からの移植が見送られた主な機能は、無酸素・有酸素トレーニング効果の解析、トレーニング負荷・ステータスの解析、各種センサーとの連携機能など。

すでにマラソン大会に何度も出場していて、サブ3(3時間切り)、サブ3.5を目指すような人なら、より効率的なトレーニングのために上位モデルを視野に入れたほうがよいでしょう。

ハイレベルな機能は持て余してしまう人にとっては、『ForeAthlete 55』はベストチョイスだと思います。

ちなみに、Suicaと音楽再生機能も非搭載になっています。

音楽再生機能は、できればほしかったという声もありそうですが、コストパフォーマンスを高めるための苦渋の決断だったのかもしれません。

約37gの軽量ボディと1.04インチの画面サイズ

画像
Image: Garmin

『ForeAthlete 55』の約37gという重量は、シリーズ最軽量となっています。

一般的なスマートウォッチと比べても軽いので、日常使いにもおすすめ。

画面サイズは、1.2インチで統一されている上位モデルよりやや小さく、1.04インチを採用。

それでも、一般的なフィットネスバンドと比べれば大画面です。

ランニング中はもちろん、日常生活でも画面が見やすいのは、ポイントになりますよね。

フィットネスバンドでは物足りないけど、上位モデルはオーバースペックだと感じていたレース初心者にドンピシャという位置づけなので、趣味で始めたジョギングにすっかりハマっているという人なら、ぜひチェックしてみてください。

Source: Garmin, Amazon.co.jp

swiper-button-prev
swiper-button-next