連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

自宅で快適に仕事をするためにチェックするべき5つのこと

author MakeUseOf/訳:的野裕子
  • カテゴリー:
  • TOOL
自宅で快適に仕事をするためにチェックするべき5つのこと

自宅でも、会社でも、仕事をしている時は正しい姿勢を保ちたいもの。長い目で見て健康上の問題が起こらないように、仕事場に適切なアイテムを揃えるのにお金をかけましょう。

そして仕事場の道具をアップグレードする前に、まず知っておくべきことがあります。今回は、ベストな選択をするための方法を紹介します。

1. イスを調整する

座る姿勢は、身体の健康状態に大きな影響を与えます。パソコンの前に長時間座る人は、体に負担をかけないために快適な状態を保てるよう意識しましょう。

Medical News Today」によると、正しい姿勢というのが快適な状態です。床に足の裏が付いていると、快適な状態になります。足の裏が床に付かない場合は、足置きなどを使って足を休ませましょう。

ひじは、曲げた時に角度が90度になっているのが理想的。できれば、前腕は床と平行にします。この姿勢なら、腕と肩に負担がかかりません。

マスクをして向かい合ってパソコンで作業する2人

背中は、背骨をサポートするようにイスの背もたれに付けましょう。クッションなどを置けば、座っている時に背中がより快適になります。

人工工学に基づいたイスを検討している人は、自分に合っているかを確認を。できれば、購入前に様々なイスを試した方がいいです。人間の体はそれぞれ違うので、誰にでも合うイスというのはありません。

快適に座れる姿勢とイスを探しましょう。調節できるイスであれば、完璧に自分に合わせられるので理想的です。

2. モニターをアップデートする

長時間画面を見る場合は、頭、首、目に負担をかけない最適な位置にモニターを置きましょう。パソコンを使っている間は、身体的な負担を感じるべきではありません。

Ergolink」によると、モニターの上部から5〜10cmのところに目線がくるといいです。モニターが高すぎたり、低すぎたりする場合は、目線が見上げる、もしくは見下ろすことになります。

これが、首や肩のこりや筋肉痛の原因になります。

植物が周りにあるパソコンのモニター

また、モニターから最適な距離に座るのも大切です。モニターとの距離は人によりますが、一目で画面全体が見えた方がいいです。

この距離は通常40〜100cmです。ただ、座って仕事をしている位置から画面がはっきりと見えているなら、それで大丈夫です。

画面を見ている状態が快適でない場合は、安定した台やノートパソコンスタンド、高さ調節するものを使いましょう。また、モニターアームを使えば、デスク上のスペースを空けつつ、モニターを好きな位置に調節することができます。

3. 新しい周辺機器を買う

仕事でノートパソコンを使っている人は、体の負担を軽くするためのキーボードやマウスを使った方がいいでしょう。ほとんどのノートパソコンは、そもそも持ち運ぶためにデザインされているので、人間工学的に優れたデザインではありません。

ノートパソコンを見るのに最適な位置に置くと、キーボードやトラックパッドに手が届かなくなります。ワイヤレスキーボードとマウスの組み合わせは、この問題を解決する最高の選択肢です。どちらもポータブルなのでケーブルがなく、机の上でも、持ち運ぶバッグの中でもゴチャゴチャしません。

ワイヤレスキーボードとマウスとヘッドホン

また、ノートパソコンの小さな画面は、目が疲れたり、首に負担がかかる原因になることがあります。今は、一番大きなノートパソコンは17インチの画面のものもありますが、モニターなら最大49インチまで購入できます。

ほとんどの場合、毎日使う人でも24〜27インチの画面で十分です。これくらい大きなサイズなら、コンテンツもよく見えます。視力が悪いせいで目にかかっていた負担や、頭痛からも解放されます。

さらに、電話がある場合は、文字を書く時の利き手でない側に移動させます。そうすれば、電話で話をしながら、空いた手でメモをすることができます。

1日の大半電話をしている人は、マイク付きのヘッドセットを持っていてもいいかもしれません。そうすれば、誰かと話している時でも、もっと効率良く仕事をすることができます。

GoogleのCEOが実践するリーダーシップの3原則

4. 照明の条件を改善する

目に負担をかけないためには、良い照明や光源も欠かせません。天井の照明で十分に明るいと思うかもしれませんが、大抵それでは十分ではありません。

机から離れたところに固定されているので、必要に応じて調整することができません。それに、照明の位置が良くないと、画面の明るさに大きな影響を与えます。その結果、作業しているものが見えにくくなります。

モニターライトの付いたモニターとデスク周り

ですから、仕事場や作業机に方向が変えられる照明を追加するには、デスクランプが便利です。自分の作業しているところに光が当たるよう調整することができます。

机やテーブルの上が狭い場合は、代用品としてモニターライトもいいです。この手の照明は、パソコンのモニターの上に設置して、キーボード、マウス、机の上などを照らします。

通常、このようなLEDの照明は明るさや色温度を変えられます。ほとんどがUSB給電なので、電源は壁のコンセントではなくパソコンに接続して取れます。

5. 机周りを片付ける

人間工学的な作業スペースを調べてきた人は、おそらくスタンディングデスクにも気づいたと思います。多くの人たちが、在宅勤務に移行する中で、人気が高まってきました。

スタンディングデスクが便利なのは、仕事中に姿勢を変えられるところです。ウォータールー大学の専門家によると、仕事中1時間のうち15〜30分間は立った方がいいのだそうです。

そうすることで、血行が良くなり、脚に血栓ができにくくなります。また、仕事中にこれまで以上に動くので、心臓が強くなります。

スタンディングデスクで仕事をする人

また、仕事に必要な物が多い人は特に、大きな机が便利でしょう。例えば、パソコンで作業をする時に、同時に書き物をする必要がある場合は、L字型の机が便利です。

手の届く範囲に必要な物がすべてあったり、もっと言えば、ただ大きな机に向かっているだけで、時間や労力が節約できます。

健康的なライフスタイルを維持する

仕事で生計を立てているわけですから、仕事場や作業場にお金をかけるのは良いことです。しかも、自分の今の健康に気を遣えば、将来の健康に問題が起こらなくなります。

ですから、机周りを見渡して、改善できるところがないかチェックしましょう。そうすれば、平穏で快適に仕事ができるはずです。

Source:Medical News Today, Ergolink, University of Waterloo

Original Article: 5 Ways to Keep a Healthy Posture While Working From Home by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next