連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

夏の直射日光を好む屋内植物13選

author Aisha Jordan - Lifehacker US[原文]/訳:春野ユリ
夏の直射日光を好む屋内植物13選
Photo: Olga Miltsova (Shutterstock)

太陽の光が強くなる夏は、屋内にある植物にこれまでより注意を払わなければなりません。

葉を傷めたり根を乾燥させる直射日光が当たらないように、部屋の中で植物の置き場所を変える必要があるかもしれませんよ。

一方、屋内植物の中には、直射日光を好み、どんなに陽が当たっても大丈夫なものもあります。

年中一番陽が当たる窓際に置きっぱなしにしていい植物を以下にご紹介します。

強い太陽の光を好む屋内植物

太陽光線が植物に当たると、葉緑体が作られ、光合成が行われます。

葉緑体が多い植物は、太陽が大好きで、家の中で最も陽の当たる場所を好みます。

Flora Grubb Gardensによると、人気のある屋内植物で直射日光に適したものは次のとおりです。

  1. アデニウム
  2. アルアウディア
  3. アニゴザントス(カンガルーポー)
  4. パイナップル
  5. 多肉植物
  6. サボテン
  7. クラッスラ
  8. 一部のヤシ
  9. フィカス
  10. クチナシ
  11. クルシア
  12. コルディリネ
  13. クロトン

他に、太陽が大好きでユニークな (そして食用の) 植物として、ピンク色の花を咲かせるハイビスカス(香りの強いお茶になります)や根菜のユッカがあります。

The Spruceが、日光を好む植物を網羅したリストと植物ごとに適した陽の当たり方を示しています。

もちろん、必要に応じてどの植物にも水やりを続けてください。

葉が真夏の暑さを楽しんでいる間、植物の成長を維持するために根と土には特別な注意を払う必要があるかもしれません。

直射日光と拡散光

直射日光とは、太陽光線が葉に直接当たることです (Flora Grubb Gardensのこの記事で、部屋の中に射しこむ陽光のさまざまな度合いを確認してください)。

基本的に、直射日光は光源に最も近く、光源から離れると (窓ガラスなどをはさむと)、植物に「陽が当たっていても」拡散光になるということを覚えておきましょう。

植物に当たる陽光のレベルを管理するときは、窓やドアからの距離を考慮してください。


Source:Urban Garden Gal, The spruce, Flora Grubb Gardens(1,2),

Petal Republic,Faddegon's

swiper-button-prev
swiper-button-next