連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

軽快さと収納の最大公約数。ワンショルダーバックパック「Arclite」の先行販売が終了間近

machi-ya

author Haruki Matsumoto
  • カテゴリー:
  • TOOL
軽快さと収納の最大公約数。ワンショルダーバックパック「Arclite」の先行販売が終了間近
Image: from TR

容量や機能性を重視するバックパックは便利で快適ですが、荷物が少ない時にはオーバースペック。とはいえ、サコッシュ等の小型バッグだと少なすぎるという現実も。

そんな課題を解決する、中間サイズでスタイリッシュなバッグ「Arclite」が姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中でした。

一見すると小さめバックパックですが、実際にはワンショルダーのスリングタイプのバッグとなっており、そこそこの荷物でも軽快に動きたい時に良さげかも。

お得に手に入るキャンペーンが終了間近でしたので、最後に改めてチェックしておきましょう!

Video: Boundary Supply/YouTube

ストラップは1本!

arclite-05
Image: from TR

「Arclite」最大の特長は、一目見てわかるワンショルダー設計。スリングバッグの使い勝手にバックパックの容量を足したユニークな形状が目を惹きます。

1618722155616
Image: from TR

バックルは付け替え可能なため、利き腕関係なく左右いずれの掛け方もできるそう。

1618722155370
Image: from TR

外観はスポーティさとアウトドア感がミックスされた感じで、シンプル過ぎず派手過ぎないアクティブな雰囲気にまとまっていると思います。レジャーやジム通いになどに相性が良さそうですね。

マグネット拡張で収納量が増える

1618722154218
Image: from TR

気になる収納力ですが、「Arclite」はマチを調整することで容量を可変できる機能が搭載。

20210303_115835
Image: from TR

動画のように本体上部と下部に設置されたマグネットの接続場所を変えることでマチ幅が変わる仕組み。これにより8Lから最大15Lまでスペースを確保できます。

20210303_043552
Image: from TR

独自のマグネットシステムは他にも活用されており、メインコンパートメントの開閉も小気味よく行えるそう。

ノートPCももちろんOK

arclite-02
Image: from TR

背中側には最大13インチまで対応したノートPC収納も搭載可能。

中には衝撃吸収パッドも備わっていたり、ケーブルやペン類をまとめられるオーガナイザーも設置されているので助かりますね。

1618722154193
Image: from TR

また前面のサイドポケットはバッグを下ろさずスピーディに荷物へアクセスできる仕様。両サイドにジッパーがあるため左右どちらからでも荷物がピックアップできるようです。

使いやすい定番カラー

1618722155062(1)
Image: from TR

カラーバリエーションは全部で3色。定番のブラックはシーンを選ばず使えそう。

arclite-03-1
Image: from TR

ベージュカラーはシティーユースも良いですがミリタリー感もあるので、アウトドアにも。

arclite-04
Image: from TR

最後は淡めのブルー。グレーにも近い印象なので、コーディネートはしやすいですね。


収納力と機動力のバランスが取れたワンショルダースリングバッグ「Arclite」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaでお得なキャンペーンを開始しています。

執筆時点では単品が15%OFFの22,400円(税・送料込み)からオーダー可能となっていましたよ。

まもなくお得な先行販売期間が終了となっているので、商品が気になった方は以下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

Image: from TR

Source: machi-ya, YouTube

swiper-button-prev
swiper-button-next