連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

椅子として使えるバランスボールなら、リモートワークしながら体幹トレーニングができるね

roomie

author Qurumu
  • カテゴリー:
  • TOOL
椅子として使えるバランスボールなら、リモートワークしながら体幹トレーニングができるね
Image: Amazon.co.jp

ROOMIEより転載

体幹トレーニングやエクササイズに効果的なバランスボール。でも、あまり長続きせず三日坊主になりがちではないですか?

もしかすると、部屋の隅に追いやられて、放置されているボールも多いのではないでしょうか。

そうならないように、今回はお部屋のインテリアに馴染みやすく、椅子としても使える一石二鳥なバランスボールをご紹介します。

仕事をしながら自然に体幹トレーニングが

Image: Amazon.co.jp

山善の「バランススツール HBS-55」は、部屋の雰囲気に馴染みやすいファブリック素材のバランスボールです。

台座付きで安定感があり、椅子や足置きのオットマンしても使えます

デスクチェアとして使えば、仕事をしながら自然に体幹トレーニングができそうですね。

持ち運びしやすい取っ手付き

Image: Amazon.co.jp

バランススツール HBS-55」のサイズは、約幅55×奥行55×高さ55cmで、重量は1.8kg。耐荷重は80kgとなっています。

カラーはベージュ、グレー、ネイビーの3色をラインナップ。お部屋の雰囲気に合わせてチョイスできますよ。

持ち運びやすい取っ手付きなので、別の部屋へスムーズに移動させられそうですね。

専用の空気入れが付属

Image: Amazon.co.jp

山善の「バランススツール HBS-55」には、専用の空気入れが付いています。簡単に膨らませて、届いたらすぐに使えるそうですよ。

Amazonのレビューでは、「ボール、カバー、空気入れ、台座すべて望んでいた通りのものでした」や「室内でスツールとして活用するのに違和感のないデザインです」といった高評価が複数ありました。

椅子としても使えるバランスボールをお探しの方は、ぜひ「バランススツール HBS-55」をチェックしてみてください。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Image/Source: Amazon.co.jp

swiper-button-prev
swiper-button-next