連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

梅雨の自転車移動に役立つ! タイプ別レインコート3選

author にしやまあやか
  • カテゴリー:
  • TOOL
梅雨の自転車移動に役立つ! タイプ別レインコート3選
Image: Amazon.co.jp

6月に入り、各地で梅雨入りが近づいてきましたね。そろそろ雨具の準備を始める方も多いのではないでしょうか。

特に、配達や子どもの送り迎えなど、自転車が生活に欠かせない方にとって、レインコートは必須ですよね。

そこで今回は、自転車移動に重宝するレインコートを形状別に3つご紹介します。

ぜひ、雨具選びの参考にしてみてくださいね。

動きやすさ重視のマウンテンパーカータイプ

Image: Amazon.co.jp

自転車移動に軽快さを求める方におすすめしたいのは、マウンテンパーカータイプ。

腰までの丈であれば、激しく漕いでも車輪に裾が巻き込まれる心配がありません。

日本とアメリカで共同開発したアウトドアブランド・LAD WEATHER(ラドウェザー)の「レインコート」の特長は、その耐水性能の高さです。

耐水圧 15,000mm&透湿 30,000g/㎡ 24hで、水の侵入を防ぎぐだけでなく蒸れも防ぐ仕様になっています。これなら、激しい動きや強い雨の中でも、快適に過ごせるでしょう。

パンツがセットになった「レインコート 上下セット」なら、動きやすさはそのまま、より強い雨にも対応できそうですよ。

背中の荷物もすっぽり覆える袖ありポンチョタイプ

Image: Amazon.co.jp

ポンチョタイプなら、バックパックや配達の荷物をまとめて雨から守れます。通勤や配達などの用途には、こちらのタイプがおすすめです。

QIAN の「レインコート」は、防水性や対摩耗性に優れたナイロンオックスフォード素材を使用。縫い目にも防水加工を施してあるので、背中の荷物の水濡れもしっかり防いでくれるでしょう。

透明で大きなツバがついているので顔が濡れづらく、視界も保てます。これがあれば、雨の日でも安全に自転車移動ができそうですね。

前カゴの荷物をカバーするなら袖なしポンチョタイプ

Image: Amazon.co.jp

背中側ではなく、前カゴに荷物を入れたい方は、袖なしタイプのポンチョがおすすめです。

SaphiRoseの「レインコート」は、袖がなく前側が長めの設計。付属の固定クリップを使って、前カゴやブレーキワイヤーに取り付ければ、レインコートが前カゴまで覆い隠し、荷物の水濡れを防いでくれます

収納袋も付いているので、折りたたんで持ち運ぶのにも便利。軽量でかさばらないので、突然の雨への備えに重宝しそうですね。

ご紹介した3タイプ、いかがでしたか?

自分のライフスタイルに合ったレインコートを手に入れ、快適に梅雨を過ごしましょう。

なお、表示価格はいずれも執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、それぞれの販売ページをご確認ください。

Image / Source: Amazon.co.jp(1,2,3

swiper-button-prev
swiper-button-next