連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

もう耳の奥まで突っ込まない!カメラ付き「スマート耳かき」で超すっきり【今日のライフハックツール】

author 中川真知子
  • カテゴリー:
  • TOOL
もう耳の奥まで突っ込まない!カメラ付き「スマート耳かき」で超すっきり【今日のライフハックツール】
Photo:中川真知子

耳のメンテナンスが怖いという人はいませんか。

筆者は耳のメンテが苦手でした。

何かの拍子で、耳かきを奥まで突っ込んでしまうのではないかと、怖くなってしまうのです。

原因は、使っている耳かきが細いのと、手探り状態だから。

では、中が見えれば怖くない?

そこで今回は、耳鼻科のお医者さんが使うような、耳の中が見える+Style(プラススタイル)の『スマート耳かきを試してみました。

なかなかおもしろい経験でしたよ。

耳の中が見える、新しい耳かき

『スマート耳かき』は、300万画素カメラとLEDライト搭載

Wi-Fi接続することで、スマートフォンアプリで耳の中を確認しながら耳かきができるスマートデバイスです。

充電時間と連続使用時間はともに約30分

DSC05606
Photo:中川真知子

アプリでは、耳の中が見られるだけでなく、写真や映像を撮影することも可能。

右耳と左耳をそれぞれ登録できるので、お医者さんに見せるための記録用としても活用できます。

個人的には、耳かきを嫌がる子どもに撮影した画像を見せて、「この耳垢を撮るからね」と説明してあげると、恐怖心が和らぎそうだと思いました。

奥まで入りすぎない、ちょうどいい太さ

DSC05604
Photo:中川真知子

筆者が気に入ったのは、「スマート耳かき」の太さです。

細すぎると耳の奥に突っ込んでしまいそうで怖いのですが、これくらいの太さだと奥に入ってしまう心配もなく、持った感じも安定感がありました。

この太さは利点である一方、耳垢が見えているにも関わらずイヤースプーンが届かなくてもどかしい思いをすることも

筆者は見えている耳垢を取りたくて、『スマート耳かき』のイヤースプーンを外してカメラとして使い、細くて奥まで入る耳かきのW使いで掻き出しました。

耳だけでなく鼻や口の中にも

Untitledpresentation
Image: +Style

先端につける耳垢を掻き出すイヤースプーンは脱着可能

外して掃除したり、カメラだけの状態にして鼻や口腔内を確認することもできます(もしかして、悪名高い臭い玉のポケットを見つけられるかもしれません… )。

鏡で確認しづらい場所が見えるようになると、自分の体を理解する上で助かります。

それに何より、今まで見えなかった部分を見るのは、純粋におもしろかったです。

筆者の小学生の息子は、楽しそうに体の中を観察していましたし、知育としても役立つなと思いました。

+Style(プラススタイル)の『スマート耳かき』は3, 890円(税込)です。

▼他のアイテムもチェック!

Source: +Style

swiper-button-prev
swiper-button-next