連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

FaceTimeに新機能「SharePlay」登場。一体何ができる?

author MakeUseOf/訳:春野ユリ
  • カテゴリー:
  • TOOL
FaceTimeに新機能「SharePlay」登場。一体何ができる?
Image: MakeUseOf

大切に思う人たちと遠く離れて暮らしていると、近況を報告しあうのも一苦労です。

ましてや気軽に一緒に出かけて映画を見るなんて、簡単にできることではありません。

でも、それができるようになりそうなんです。

WWDC21(2021年世界開発者会議)で、AppleはiOS 15iPadOS 15およびmacOSMontereyのFaceTimeに登場するSharePlayという新機能を発表しました。

SharePlayを使用すると、ビデオ通話をしながら、相手と一緒に動画を見たり音楽を聴いたりすることができます。

SharePlayには他にもワクワクするような機能があるので、以下にご紹介しましょう。

SharePlayとは?

SharePlayを使用すると、友達や家族とFaceTimeで通話しながら一緒にメディアを視聴できるというのは、上述した通りです。

この場合のメディアとは、HBOMaxのフルムービーApple Musicの楽曲でしょう。TikTok動画Twitchストリームも視聴できそうです。

通話中のユーザーなら誰でも、視聴中のコンテンツを一時停止再生スキップすることができます。

通話グループの全員がアルバムの次のトラックをスキップすることも、同じシーンをもう一度見ることも可能です。

Shareplay2
Image: MakeUseOf

また、Appleデバイスを持っていない人もこうした通話に参加できます。

ビデオチャットをしたい相手にFaceTimeのリンクを送信することができ、リンクを受信したユーザーも、みんなと同じように、視聴中のコンテンツを共有したりコントロールしたりして、楽しむことができます。

また、SharePlayで見ているものはすべて、通話中のデバイスから別のデバイスに移すこともできます。

そのため、iPhoneでFaceTime通話をしながら、動画をApple TVやMacBook Proに送信して視聴できます。

さらに、1つのデバイスで視聴と通話を同時に行なうこともできます。

大きい画面で動画を視聴し、その画面の隅でビデオ通話を行うので、動画を見ながら友人の反応を楽しむこともできます。

FaceTimeで画面共有も可能に

SharePlayを使用すると、特定のアプリをグループで視聴できることに加えて、ユーザーはFaceTimeで画面を共有することもできます。

たとえば、将来ルームメイトになる人と一緒にアパートの空室リストを見て、内覧しに行きたいものについてリアルタイムで話すことができます。あるいは、最近の休暇の写真を家族に見せることもできます。

このように、SharePlayではFaceTimeでWebサイトやアプリなどをいろんな形で共同視聴ができるようになります。

SharePlayにすでに搭載されているあらゆる優れたアプリやサービスと組み合わせることで、これまでにない革新的な機能になるのです。

多くのアプリやサービスが既に利用可能

Shareplay3
Image: MakeUseOf

2020年以降、かなりの数のWebサイトの拡張機能とアプリが登場し、友人と同時にストリーミングサービスを視聴できるようになりました。

一部のストリーミングサービスの中には、ユーザーが複数人でコンテンツを同時視聴できる機能を既に備えたものもあります。

SharePlay機能の発表は、こうした機能を提供するアプリとサービスの増加を後押ししています。

HBO Max、Apple Music、TikTok、TwitchがSharePlayで使えるようになることはすでに説明した通りです。2番目のSharePlayがリリースされると、これらのサービスのコンテンツを仲間と一緒に視聴できるようになります。

SharePlayは、Disney +HuluMasterClassPlutoTVParamount +の共有オプションと一緒にリリースされます。また、NBAアプリとESPN +を介してスポーツの生中継を共有することもできます。

他の共同視聴サービスでもリアルタイムでテキストによる会話が可能ですが、SharePlayはコンテンツの再生中にビデオ通話を可能にするという点でユニークです。

そのため、一般ユーザーにとっても、この機能を今後利用するために参入する可能性のあるサービスにとっても、SharePlayは卓越しています。

SharePlayで利用できるアプリやサービスが続々登場しそう

既にアプリ開発者は、SharePlayのAPIを利用できます。つまり、アプリやサービスは、その気になればいつでもSharePlayを介して共有できるということです。

他のストリーミングサービスや一部のゲームアプリも、SharePlayですぐに利用できるようになりそうです。

SharePlayの人気が出れば、それ以外のものもすぐに利用できるようになるでしょう。

Shareplay4
Image: MakeUseOf

MakeUseOfは、他人と一緒にコンテンツを楽しむ方法としてSharePlayは非常に人気が出ると予測しています。

そのため、今すぐSharePlayで使い始めたいアプリやサイトに加えて、将来それ以外のものもSharePlayで利用できる日が来ることが待ち遠しいですね。

SharePlayの登場で離れた人と過ごす楽しみができる

SharePlayは、現在遠く離れて暮らしている大切な人と一緒に過ごすための最適な方法のように思えます。

SharePlayを使うことで、お互いの顔を見ながら、一緒に笑ってコンテンツを楽しむことができるようになります。これって時々無性にやりたくなりますよね。

近い将来、macOS Monterey、iOS 15、iPadOS 15が更新される際にSharePlayがリリースされるのが待ち遠しい!

それまでは動画やテレビのエピソードを保存しておいて、遠くの友人たちに見せられるようになったら、一緒に視聴して楽しみましょう。

Source: Apple

Original Article: Apple Lets You Watch Videos While on a FaceTime Call With SharePlay by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next