連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

多拠点ワーカーが愛用品レビュー|収納力の高いガジェットポーチ3つ【今日のライフハックツール】

author SUPERIDOL
  • カテゴリー:
  • TOOL
多拠点ワーカーが愛用品レビュー|収納力の高いガジェットポーチ3つ【今日のライフハックツール】
Photo: SUPERIDOL

リモートワークが広まる中、コーキングスペースに移動して仕事をしたり、ワーケーションに向かったり、と仕事道具を携える新たな移動が生まれました。

そうした移動を準備する際、持ち歩くデバイスや周辺機器を1つにまとめておけるポーチがあると、忘れ物を減らせますし、何より準備が早くなります。

今回は、実際に利用するシーン別に、仕事用のポーチを選んでみました。

ノートPCとともに持ち運ぶ前提で、マウスや充電アダプターをまとめておける、素材やサイズ違いの3種類です。

1つ目は、在宅勤務中やオフィス内など、毎日のちょっとした移動向けコンパクトさ重視で、仕事道具をまとめられるタイプ。

2つ目は、ワーケーション向け。出向いた先のホテルなどに置いておく際に、入れ物としての佇まいが良く、ワーケーションの気分にフィットするタイプ。

そして3つ目は、コワーキングスペースなど、他の人が居る場所での使用向け。仕事道具が散らかず、周囲の目を気にすることなく仕事に集中できるタイプです。

photo_1
Photo: SUPERIDOL

ポーチの中に入れるアイテムは、写真左上から時計回りに、

  • Satechi『USB-C to USB-C 100W Charging Cable』 2m
  • Anker『USB-C & USB-C Thuderbolt 3 ケーブル』 0.5m
  • Microsoft『Modern Mobile Mouse』
  • NEC『Aterm MR05LN』
  • Native Union『Belt Watch』
  • Satechi『100W USB-C PD Compact GaN Charger』 とL字プラグ
  • Satechi『Type-C Multi-Port Adapter 4K With Ethernet V2』

これらを実際に入れたところも含め、それぞれの使い勝手をご紹介します。

シンプル&コンパクトな無印良品のポーチ

photo_2
Photo: SUPERIDOL

1つ目のコンパクトさ重視のポーチは、無印良品ポリエステルガジェットポーチ』。

寸法は、幅20cm×高さ9cm×奥行6cm。

photo_3
Photo: SUPERIDOL

表面はファスナーのみとなっており、無印良品らしいシンプルでスッキリとした見た目。

素材はポリエステルで、手に持った感触も、実際の重量も軽いポーチです。

photo_3
Photo: SUPERIDOL

内側の両サイドにメッシュポケットを備え、小物の収納に便利。

中央底部にはベルクロのベルトがあり、ケーブルやACアダプターを留めておく用途に使えます。

photo_4
Photo: SUPERIDOL

柔らかい素材で作られているので、ファスナーを全開にすると、しっかり開くことができます。

photo_6
Photo: SUPERIDOL

中央底部のベルトは、ポーチに入るだけのケーブルをまとめておくのに十分な長さです。

photo_7
Photo: SUPERIDOL

仕事道具をすべて収めると、ぎゅっと詰まった印象に。

容量を抑えながらも、場所を取るような仕切りがないので、多くの物が収まります。

photo_8
Photo: SUPERIDOL
photo_9
Photo: SUPERIDOL

ファスナーを閉じると、見た目はパンパンになりますが、かなりコンパクトにまとまりますね。

photo_hand_1
Photo: SUPERIDOL

日々のちょっとした移動の際に携えていても、気にならないサイズ感に収めることができるポーチです。

傍らに置いた姿も美しいORANGEのポーチ

photo_10
Photo: SUPERIDOL

2つ目の佇まいが良いポーチは、ORANGETHE POD』。

寸法は、幅17cm×高さ14cm×奥行5.5cm。

photo_11
Photo: SUPERIDOL

外周をぐるりと囲うファスナーが、エンボス加工の牛革素材とマッチして良い雰囲気。ワーケーションや出張に持っていきたくなる見た目です。

レザーのポーチというと、重さがあるイメージもありますが、手に取ってみると意外に軽さを感じます

浅草の職人さんが1つずつ丁寧に手作りしているそうで、軽くてもしっかりとした作りです。

photo_12
Photo: SUPERIDOL

ファスナーを開けると180度開く構造になっていて、仕切りとなる中蓋が備えられています。

photo_13
Photo: SUPERIDOL

中蓋には伸縮性のあるバンドが取り付けられているので、ケーブルやドングルを挟んでおけば、ポーチの中で散らかりません。

photo_14
Photo: SUPERIDOL

『THE POD』にアイテムをすべて詰めると、こんな感じ。

photo_15
Photo: SUPERIDOL

内部は中蓋の仕切りがあるだけなので、長いケーブルも余裕を持って収められる空間があります。

photo_16
Photo: SUPERIDOL
photo_17
Photo: SUPERIDOL

側面部分は支えとなる板が入っており、仕事道具をすべて収めてファスナーを閉めた状態でも型崩れしません

photo_hand_2
Photo: SUPERIDOL

ワーケーションの滞在先で、仕事の気分を良くしてくれるポーチです。

余裕の容量でスッキリまとまるBellroyのポーチ

photo_18
Photo: SUPERIDOL

3つ目の仕事道具が散らかった印象にならないポーチは、Bellroy(ベルロイ)『Desk Pouch』。

寸法は、幅28cm×高さ19cm×奥行7cmとなっており、今回ご紹介する中では最も容量が大きいです。

photo_19
Photo: SUPERIDOL

表面は、ファスナーと指をかけるループがついていて、持ち運びやすくなっています。

素材はリサイクルポリエステルで、粗めのキャンバス地のような良い手触りです。

photo_20
Photo: SUPERIDOL

中は、片面にファスナー付きのメッシュポケット、もう片面にファスナーなしのメッシュポケットが備えられています。

photo_21
Photo: SUPERIDOL

このメッシュポケットは、伸縮性のある素材なので、中に入れたものがしっかり収まります

photo_22
Photo: SUPERIDOL

容量の大きなポーチなので、他のポーチに入れた仕事道具と同じものをすべて収めても、空間に余裕があります。

マウスやケーブル類を立てて入れる形になるので、何がどこに入っているか見やすく、取り出しやすくもある作りとなっています。

photo_23
Photo: SUPERIDOL
photo_24
Photo: SUPERIDOL

ファスナーを閉めた状態でも内部に余裕があるので、パツパツな見た目になりません。

photo_hand_3
Photo: SUPERIDOL

手に持った状態でも、ほど良いサイズ感です。

photo_25
Photo: SUPERIDOL

このポーチは、他のポーチに比べて高さがあって、自立できる構造になっています。そこが、仕事道具が散らかった印象にならないポイントです。

実際に仕事道具を入れて、ファスナーを開けた状態で、他のポーチと見比べてみましょう。

photo_26
Photo: SUPERIDOL

1つ目の無印良品『ポリエステルガジェットポーチ』は、ファスナーを開いた状態で置くと、コンパクトさゆえにパンパンになっていた中身が飛び出てきます

photo_27
Photo: SUPERIDOL
photo_28
Photo: SUPERIDOL

2つ目のORANGE『THE POD』は、180度開くので、中身がすべて見える状態に。

photo_29
Photo: SUPERIDOL

3つ目のBellroy『Desk Pouch』は、ファスナーを全開にしても高さがあるので、中に入れたものが周りから見えづらくなっています。

仕事をしていても周囲の目が気になる…という人におすすめのポーチです。

持ち運ぶ仕事道具が同じでも、収納するポーチが変わると、雰囲気も大きく変わりますよね。

場所や時間も含め働き方が多様化している今、仕事道具を収めるポーチもシーンに合せて選んでみると楽しいですよ。

swiper-button-prev
swiper-button-next