連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

缶も瓶も、温度をキープ。そのままカップにもなる「クージー」

roomie

author oh!ga
缶も瓶も、温度をキープ。そのままカップにもなる「クージー」
Photo: oh!ga

そろそろ、夏が顔を出してきましたね。

最近は家でゆっくり缶ビールを飲んでいるんですが、ぬるくなって途中で飲むのをやめてしまう、ということも多く、クージーを導入しようかと探していました。

なんとなく避けていたクージーを導入

クージー、缶クーラーなどいくつか呼び名があるそうですが、缶の外側に被せて保温、保冷するアイテムです。

いままでなんとなく、冷やすためだけに買うのもな……。と踏ん切りがつかなかったんですが、HydroFlask(ハイドロフラスコ)にそんな背中を押してくれるものが。

0003_07A02707
Photo: oh!ga

12オンス クーラーカップ」です。どシンプルな名前ですね~。

12オンス。つまり約350mlの缶が入るクーラーカップ

見た目もシンプルで好印象。手触りもさらさらとしてて気持ち良いです。好きなステッカー貼りたくなりますね。

350缶はもちろんすっぽり入りますが、上部のカバーを外せば500缶も入るので、とりあえず缶飲料は突っ込めばいいと思います。

そのままカップとして使えるのが決め手

0000_07A02713
Photo: oh!ga

350缶を入れたときに飛び出さないようにゴムカバーがついているんですが、それを外すとそのまま2重ステンレスのカップとして、直接飲み物を入れて使えます

キンキンに冷えたアイスコーヒーでも、熱々のコーヒーでもなんでもござれ。

これが単純なクージーを買うではなく、むしろクージーにもなるカップを買う、という決め手になりました。

残念なところ:持ち運びづらい

jagfia
Photo: oh!ga

ハイドロフラスコのようなメーカーの商品はアウトドアで使う前提のイメージがあったのですが、このカップは蓋がなく、カラビナなどのアタッチメントもつける場所がありません。

持ち歩きたい派の自分としては、できればカラビナはどこかしらにつけたいところ。あと付けでなにかないか探しているところです。

こないだ買った、缶飲料を持ち運ぶ用のバッグ「TEBURA BAG WANCAN」に取り付けたいんですよね~。

家飲み、仕事には最強かも

0002_07A02709
Photo: oh!ga

二重構造なのでキンキンに冷えていても結露で机が濡れないですし、長時間のデスクワークでも適温をずっと保ってくれます

テレワーク中に自分が淹れたコーヒーをカップとしてそそぐのも、たまにある出勤でエナジードリンクを缶のまま突っ込んで飲むのもよし。懐が深いですね。

ステンレスボトルって飲むところのステンレスが薄くて唇への当たりが硬いものが多いですが、これは飲み口もマグカップのような丸みがあって、口当たりが柔らかいのもいい感じです。

家でも外でも、じっくり腰を落ち着けて飲むシチュエーションに向いてると思います。使い始めると手放せなくなりますよ~。

Source: Amazon, 楽天

ROOMIEより転載(2021.6.7公開記事)

swiper-button-prev
swiper-button-next