連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

コスパ最強! 中華スマートウォッチの選び方とおすすめ3選【今日のライフハックツール】

author hiro.
  • カテゴリー:
  • TOOL
コスパ最強! 中華スマートウォッチの選び方とおすすめ3選【今日のライフハックツール】
Photo: hiro.

スマートウォッチ」と呼ばれるウェアラブル端末、愛用している人も多いと思います。腕時計のように身に着けて、さまざまな情報を取得し表示できるガジェットです。

代表的なものでは「Apple Watch」があります。使っていなくても名前は知っている人は多いはず。

そんなスマートウォッチですが、残念ながら価格はスマートではありません

上述のApple Watchでは、廉価モデルでも3万円強という価格設定となっていて、正直なところ、気軽に購入できる人は決して多くありません。

でも、探せばあるんです。いわゆる『中華スマートウォッチ』と呼ばれる安価なスマートウォッチが。

機能的にはAppleのような有名メーカーと比べても遜色がないものが、1000〜5000円程度で購入できます

まずは、手頃な中華スマートウォッチで一体どんなことができるのかを解説、最後にいま買えるおすすめのスマートウォッチを3種類ご紹介します。

「安かろう悪かろう」を越えたレベル

004
Photo: hiro.

私はそんな中華スマートウォッチに魅せられ、これまでAmazonで10本近く購入してきたのですが、特に大きな問題もなく、普通に使えています。

『世界の工場』と呼ばれる中国で作られた廉価な製品は、もはや安かろう悪かろうといったレベルを飛び越え、しっかり実用品として使える代物となっていたのです。

通知機能を駆使すると、スマホ確認が減る

ここでは、筆者が愛用しているスマートウォッチ「Tinwoo T20」と「armo」の2台を例にしてご紹介します。

一般的にスマートウォッチの代表的な使い方といえば、歩数計・心拍計・睡眠計・着信通知などがあります。

なかでも便利なのが各種アプリの通知機能

これはその名の通り、アプリの通知をバイブレーションで伝えると同時に、画面へ表示する機能なのですが、これがあればスマートフォンを鞄やポケットにしまっていても安心です。

002-1
Screenshot: hiro. via Smart Wristband 3

電話の着信はもちろんのこと、メールのタイトルや本文も数行は確認できるので、これまでのようにスマートフォンを確認する作業が激減。

また、お気に入りのゲームの通知を設定しておけば、タイミングを逃さずプレイできます(笑)。

中華スマートウォッチを選ぶポイント

001-1
Screenshot: hiro. via H Band

ここまで機能の話をしてきましたが、スマートウォッチ本体を選ぶ際にも注意することがあります。

最近のトレンドとしては、大画面のフルタッチパネルディスプレイ型が主流となっていますので、一昔前に出回っていたタッチ部の狭いタイプは避けたほうがいいでしょう。

また、バッテリーもどんどん高容量化が進んでいるので、画面オフの状態で1週間ほどは電源がもつ機種を選ぶのもポイントとなるでしょう。

多くの機種では、約3時間の充電で1週間程度の稼働が可能

私が特に愛用しているものも、長時間の稼働ができ、盤面の視認性が高いものが多いです。

価格は抑えても、個性は追求

スマートウォッチという性質上、盤面デザインは何種類かから選べたり、自分で画像を用意することもできるので、世界にひとつのオリジナル盤面をデザインできます。

せっかく本体代金を安く抑えたのですから、その分でもう1本サブ機を購入したり、バンド交換をしてオリジナリティを出すのも面白いかもしれません。

バンド幅は一般的な腕時計と同じなので、汎用の金属ベルトや革ベルトも装着することができます。

いま買えるおすすめ中華スマートウォッチ3選

愛用中のものが残念ながら購入不可になっていたので、いま買えるおすすめアイテムを3つセレクトしてみました。

SOUNDPEATS スマートウォッチ

  • ワイヤレスイヤホンで実績のあるSOUNDPEATS社の製品。
  • 技適認証取得済で国内でも安心して使用可能。
  • 日本語に対応した専用アプリが用意され、表示フォントも洗練。
  • ベルトを含めても35gしかない軽量設計。

Tinwoo T12 スマートウォッチ

  • 1.54インチ大型液晶で視認性に優れた画面表示を実現。
  • 常時表示モードで普通の腕時計と同じ使用感。
  • 220mAhの大容量バッテリーを搭載し、20日間の連続稼働が可能。
  • 8種類のスポーツモードを装備。

スマートウォッチ 活動量計 Fitpolo F1

  • IP68完全防水仕様。
  • 30日間の待機時間を実現。
  • ブラック、グレー、グリーンの3色展開。
  • マグネット式充電器を採用。

使用しているアプリが違ったり、UI、デザインが違うなど、全く同じように使えるわけではありませんが、どれも基本機能は備えています。

スマートウォッチで生活もスマートに

スマートウォッチを導入し、手元でできることの幅が広がると、スマートフォンを触る時間も少なくなり、結果的にデジタルデトックスも叶います。

実際に私も、スマートフォンは充電台に置きっぱなしになり、重要な要件があった時のみ手に取るようなライフスタイルに変わりました。

また、これは偶然なのですが、採用しているアプリが同じものだった場合、片方を睡眠トラッキングで装着し、もう片方を充電しておくという使い方も可能になります。

このように安価で入手でき、幅広い機能を持つ中華スマートウォッチは、気軽に試せて、ビジネスシーンからスポーツにまで対応できる万能型のウェアラブル端末として、かなりおすすめできるガジェットです。

まずは手頃な中華スマートウォッチで、ライフスタイルに変化をプラスしてみませんか?

swiper-button-prev
swiper-button-next