連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

「チームの生産性向上」のためにリーダーができること9つ

author MakeUseOf/訳:春野ユリ
「チームの生産性向上」のためにリーダーができること9つ
Image: Shutterstock

10人のチームでも 100人のチームでも、チームのリーダーをするのは大変です。

いろいろなタイプの人たちが集まると、コミュニケーションがうまくいかなかったり対立することもあり、それが仕事の生産性に影響を及ぼすことがあります。

素晴らしい成果を上げたいと思うなら、チームの効率と生産性の両方を考慮する必要があります。そこで、チームの生産性を高めるためにリーダーができることを以下にご紹介します。

1.チームメンバーに当事者意識を持たせる

チームメンバーに当事者意識を持たせることで、チームメンバーが行う決定と行動に関して説明責任を持たせることができます。

その結果、社員は責任感が強くなり、より注意深く仕事に取り組むようになります。また、仕事に対する取り組み方が変わってきます。

物事を決めるとき、そうしたことがすべて、チーム全体のパフォーマンスにも影響を及ぼします。

team2
Image: MakeUseOf

当事者意識を持たせるとは、そのタスクを担当したり、プロジェクトをリードしたりするなど、さまざまなことを意味します。

目標は、リーダーがチームメンバーを信頼しており、そのタスクを仕上げる戦力として期待していることを示すことです。信頼はそこから生まれるのです!

2.コミュニケーションこそ成功の鍵

チームメンバーが自分の考えを適切に伝える方法を知らないと、不必要に物事が複雑になったり、メンバー同士の衝突が生じたりするなど、先々多くの問題を招くことになります。

そのため、チームで仕事をするときはコミュニケーションが大切です。

チームリーダーとして、チームが適切にコミュニケーションを取れているかを確認する必要があります。チームメンバー同士の相性を把握することも重要です。

多くの場合、「馬が合う」メンバー同士でチームを編成すると、良い結果になることが多いようです。そのため、チームメンバー自身がタスクのパートナーを選択できるようにすることも視野に入れましょう。

高さを変えられる2WAY折りたたみ式コット。べランピングや室内にも【今日のライフハックツール】

3.チームビルディングのアクティビティをする

2.で述べたことをフォローすると、チームの生産性は、メンバー間の仲間意識にかかっています。お互いの長所と短所を知り、うまく協力できるチームは、成功する可能性が高くなります。

team3
Image: MakeUseOf

チームビルディングの演習がたくさんあるので、試してみるのも一案です。こうしたアクティビティは、チームメイトの相互理解を深めるのに役立ちます。

4.チームメンバーのスキル、才能、知識などを把握する

端的に言うと、リーダーがすべき最も重要なことは、チームメイトを知ることです。1人1人のメンバーにその人なりの才能とスキルがあるので、リーダーは、誰にどのような仕事を割り当てることが適切か把握する責任があります。

たとえば、クリエイティブで既成概念にとらわれずに思考するメンバーがいるなら、クライアントに対して興味深いアイデアを提案する役割を与えてみましょう。

チームメンバーに、自身のスキル、才能、知識を本人が納得する方法で活用する機会を与えてください。

5.良好な職場環境を作る

職場環境を良好にすることは、効率性と生産性を向上させる最も重要な要因の1つです。良好な職場環境は、社員の感じ方、考え方、パフォーマンスに大きな影響を与えます。

良い仕事をするには、オフィスの全体的なレイアウトと適切な職場のエチケットに注意を払う必要があります。効果的で快適な職場環境を作るには、明るい照明、快適なオフィス家具、観葉植物などの自然を感じさせるものを職場に用意しましょう。

team4
Image: MakeUseOf

6.チームにモチベーションを与える

どのような目的でその仕事をしているかわかっていると、誰でもはりきって働けます。社員は、自分の努力を知ってもらい、評価されたいと思っています。そういうシンプルな思いが、自分の作業を適切に完了するために必要なモチベーションを与えるのです。

インセンティブを提供すると、社員のモチベーションを高めることができます。その場合のインセンティブは、無料券、有給休暇、ランチしに出かける、など、何でもいいと思います。

チームとその頑張りに感謝を示すことが重要なのです。

7.マイクロマネジメントはしない

多くのリーダーは、社員を細かく管理したがり、それが社員の成功に役立つと考えています。しかし、どのチームメンバーも、自分のペースで作業する自由を与えられると、作業効率がアップします。

一般的に、リーダーがチームの行動をすべて管理し始めた瞬間に、チームメンバーは仕事に対する興味を失います。チームに細かいことを確認し過ぎると、長期的には多くの対立や問題につながる可能性があります。

リーダーは、自分の仕事上の役割とチームに期待することを定義しましょう。ひとたび計画を立てたら、チームメンバーは各人のやり方でそれに取り組んで構いません。リーダーがチームを信頼すると、チームは仕事を正しく遂行する自信を増すことになるでしょう。

8.適切なタイミングで褒める

人は皆異なります。自分の努力を称賛されることが好きな人もいれば、ご褒美をもらう方が好きな人もいます。いずれにせよ、チームメンバーの努力を認めるべきです。

team5
Image: MakeUseOf

社員のプロジェクト、タスクへの貢献が評価されていることをリーダーが示すと、生産性アップにつながります。

感謝するというシンプルな行為は、現在のプロジェクトを完了し、将来さらに大きな成功を収めるモチベーションをチームに与えます。また、健全な職場文化を促進し、チームの生産性を高めることも実証されています。

9.建設的なフィードバックを出す

チームにフィードバックのシステムを導入すると、チームの改善に役立ちます。

リーダーがパフォーマンスのフィードバックを提供しないと、チームメンバーは自分が正しいことをしているか間違っているのか、わかりようがありません。チームの生産性の向上について話すときは、勤務評価と建設的な批評が不可欠です。

ただし、やり方には注意が必要です。遠回しな物言いを避けて、本題を率直に、しかし無礼にならないように話しましょう。

フィードバックを提供した後は、相手が向上するためにリーダーとして何かできることがあるか聞きましょう。チームにさらなるガイダンスが必要な場合や、チームから職場について提案がある場合も、チームとコミュニケーションをとることが重要です。

まとめ

チームが職場で生産的で効率的になれるように支援する方法は1つではありません。たくさんの細かいことを継続的にしていくことで、生産的な環境の基盤を築くことができます。

チームを常に励まし、サポートし、フィードバックを提供していると、チームの生産性と効率が高まるでしょう!

Source:Wikipedia

Original Article: 9 Ways to Improve Your Team Productivity by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next