連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

横石崇×ライフハッカー|新しい働き方の可能性を見出す新連載始動

author 取材・文: 田邉愛理/Photo: KOBA
横石崇×ライフハッカー|新しい働き方の可能性を見出す新連載始動

働き方が大きく変わるのはこれからが本番。予測ができない今の時代を生き抜くには、人の心を掴み、彼らを突き動かす術を身につけることがキーとなるのではないでしょうか。

ライフハッカー[日本版]で新たにはじまる連載「3人の○○」では、時代をリードし、混沌とした世界でも柔軟に適合する3人のキーパーソンにフォーカス。彼らの仕事観・働き方から、「人を動かす」法則や知恵を読み解いていきます。

聞き手を務めるのは、&Co.代表取締役のほか、国内最大級の働き方の祭典「Tokyo Work Design Week(TWDW)」の発起人・オーガナイザーでもある横石崇さん

そんな横石さんに、連載始動に先立って企画に込めた思いを語ってもらいました。

横石崇(よこいし・たかし)

横石崇さん

&Co. 代表取締役/国内最大級の働き方の祭典「Tokyo Work Design Week」代表。テレビ局・雑誌社・ポータルサイトをはじめとするメディアサービス開発を手がけるほか、企業の組織開発や人材育成など、さまざまな場の編集に携わる。 著書に『これからの僕らの働き方』(早川書房)、 『自己紹介2.0』(KADOKAWA)がある。

キーパーソンの「文殊の知恵」を読み解く

横石崇さん

実は最近、「法則」の発見にハマっているんです。

SNSの中の人やインフルエンサーなど、変化の激しい世界で活躍し続ける人には、必ず“謎の経験則”がある。それを集約したら、現代のビジネスパーソンに役立つ「文殊の知恵」が見えてくるのでは──。それが本連載のアイデアの発端でした。

たとえば、よく「仕事ができる人は運が良い」と言われます。

データサイエンティストの第一人者である日立製作所の矢野和男さんによると、この「運が良い」ことをデータで解析したところ、「到達度が高い」ことだと判明しました。

仕事で困ったことが起きた時、業界を横断する人脈があれば、お題に対して打ち返しやすくなる。つまり、「自分が必要とする知識や情報、力を持つ人」まで何人で辿り着けるかが「到達度」であり、そこが短ければ短いほど出世していることが、データから見えてきたのだそうです。

確かに、そうした人は連絡するとすぐ人同士をつなげてくれるし、信頼度も非常に高いですよね。これを知ってからは、今まで以上に積極的に越境することを心がけるようになりました。

きっと、そうした「法則」は誰しもが持っている。座右の銘、経験則、頭で考えなくても無意識で行動の指針となっていること──。それを3人の語り手の言葉から読み解いて、現代の「文殊の知恵」を探したいと思っています。

時代を読むために抽出すべき「3つの要素」

新しい価値観を探すにあたり、3人のキーパーソンに話を聞くに至ったことにも自分なりの法則に基づいた理由があります。

僕が記事やニュースを読む際には次の3つの要素を抽出しています。

  • テクノロジー
  • ビジネスモデル
  • キーパーソン

テクノロジーとビジネスモデルは「ヒト・モノ・カネの流れ」を表し、現代とは切っても切れないものだからその観点は外せない。一方で、これらの情報量は膨大なので、なかなか追い切れません。

そこで心がけているのが複数のキーパーソンに的を絞って話を聞くこと。そうすることで、その世界の大局観が見えてくるんです。

何かを発見しようとすると「点」だけではダメ。コンテンツよりはコンテキストを見つける作業のほうが大切であり、解像度を上げるためにはキーパーソンの言葉に仮説となる「補助線」を引く作業が必要になります。

彼らが仕事を通して培った経験則を見ていくことで、時代も働き方も見えてくる。そう感じています。

今の若者に「正解は自分で探せ」と言えるのか

横石崇さん

「変化に適応する力になるような、ギアとしての“知恵”を手渡したい」

それは、2020年の春からはじめた大学講師としての経験も影響しています。学生から「大学生活をどう過ごせばいいですか?」と聞かれることがとても多くて。コロナによる不安もあり、みんな正解を探そうと一生懸命なんです。

こういう時、以前なら「正解なんてない。自分で探すものだ」と答えたかもしれません。でも今、それは無責任かもしれないと思うようになりました。

我々は今まで人と会ってきて、コミュニケーションに関する“貯金”もあります。しかし学生たちはステイホームでオンライン授業が増え、人と接する機会が大幅に減っています。そんな彼らに対して、本当に「自分で探せ」だけでいいのでしょうか?

不安を感じる人を突き放すのではなく、違ったアプローチがあるのではないか。正解がないなかでも、「自分なりの正解(経験)」を伝えることが力になるのでは──。そんな思いも、今回の連載につながっています。

苦境を好機に。ヒントは対話にある

多彩な新しい働き方を発信するイベント「TWDW」を立ち上げたのが2013年。その前は日本初のクリエイティブエージェンシー「TUGBOAT」グループでメディア部門の役員を務めていましたが、2011年の東日本大震災をきっかけに退職し、バックパッカーとして世界を一周しました。

震災後で暗いニュースが多かったこともあり、海外で知り合った人に「日本は可哀想な国」「打ち上げ花火みたいな国」だと言われて。それがすごくショックだったんです。

でも日本に帰ってきたら、このピンチをチャンスと捉えて働いている人がたくさんいました。そうした同世代との対話を通して、働き方のアイデアやヒントを考えるべく生まれたのが「TWDW」。

そう考えると、このコロナ禍から生まれた「3人の○○」も自分の原点が軸になっていると感じています。

気づけば、震災が起きた2011年からもう10年。コロナ禍で働き方の変化は早巻きになった感がありますが、まだまだやれていないことがあります

キーパーソンの法則を読み解き、読者のみなさんに彼らの知恵を手渡すことでもっとポジティブに働けるように。新しい働き方の可能性を見出してもらえたらうれしいです。

スタイルより「スタンス」を考える時代に

横石崇さん

ライフハッカー[日本版]も日本でのローンチから10年が過ぎ、変わっていくものと変えないものがあると思います。

ただ1つ思うのは、今後はライフスタイルやワークスタイルではなく、ライフスタンス・ワークスタンスを考える時代になっていくのではないかということ。

ライフハックに関しても、生き方や暮らし、仕事を効率的に行なうテクニックを知ることよりも、自分なりのやり方を模索することを楽しむ人が増えているように感じます。

人生で目指すことや、人が何に興奮するかも、見えやすかった世界から見えづらい世界へ、非数値化の流れが顕著になっていると思います。だからこそ、働く人のためのフィロソフィーが必要なのです。

社会の激しい変化に対して無力さを感じる瞬間もあるかもしれません。でも、自分の領域に真剣に取り込んでこそ、社会にポジティブな影響を持てる。それはこの10年で僕が実感したことの1つです。

新しくはじまるこの連載が、読者の皆さんなりの生き方・働き方を見つけるヒントになれば、それ以上にうれしいことはありません。

新連載「3人の○○」は…

  • 変化の時代を生き抜くキーパーソンの「法則」を読み解く
  • 新しい価値観や考え方、働き方の可能性を発信
  • 自分だけの生き方・働き方を見つけるヒントに

Source: &Co., Tokyo Work Design Week

swiper-button-prev
swiper-button-next