連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

膝の上に置いて使う「ラップトップボード」クッション付きで安定感抜群【今日のライフハックツール】

author 田中宏和
  • カテゴリー:
  • TOOL
膝の上に置いて使う「ラップトップボード」クッション付きで安定感抜群【今日のライフハックツール】
Photo: 田中宏和

人目を気にせずにいられるリモートワーク。

ソファに座って、リラックスした姿勢で仕事したいという人は、きっと少なくないでしょう。

そんなソファ族なら、膝の上に置いて使うラップトップボードが気になっているかもしれませんね。

今回、折り畳んで片付けられるラップトップボード『BEGALO 折りたたみ式膝上テーブル』を購入しましたので、使用レビューしてみたいと思います。

フラットに評価したつもりなので、ぜひチェックしてみてください。

キーボード入力のしやすさ

文句ないです。星5つ中、5の満足。★★★★★

画像
Photo: 田中宏和

まず、手前と奥でクッションの厚みを変えて、角度を付けた形状について。

これは確かにキーボードが打ちやすいと感じます。

ソファの深さや膝下の長さによって評価が変わる可能性があるものの、肝心の使い心地は、まずまず期待どおりの結果を得られるといっていいでしょう。

クッションがサスペンションのような役割をするため、直接膝の上にノートPCを乗せるより安定して使える印象もあります。

『BEGALO 折りたたみ式膝上テーブル』がキーボード入力を快適にしてくれるのは、間違いないですね。

布張りの天板

星5つ中、3としておきます。★★★☆☆(個人的には、4でもいいかなと思うんですが。)

画像
Photo: 田中宏和

『BEGALO 折りたたみ式膝上テーブル』には、手触りのいい布が使用されています。

しかしこの布地について、Amazonのレビューに「表面が滑る」という意見があるため、ノートPCが滑らないかどうか気になっていました。

実際に使ってみてどうだったかというと、特に気になりませんでした

ただし、私は普段からキーボードの角度が浅い(デスクと平行に近い)ほうが好みということを、追記しておく必要があります。

膝下が床と垂直になるようにして、わざと足首を伸ばして天板に角度を付けた状態にすると、時間とともに少しずつズレてきます。

ストッパーの高さが約7mmしかないので、私のPCの場合、これを乗り越えてしまうのです。

ソファの沈み込みが大きかったり、角度を強めにして使いたいと考えている場合には、注意が必要でしょう。

ノートPCの適応サイズ

星5つ中、3です。★★★☆☆

画像
Photo: 田中宏和

マウスを遠慮なく振れるスペースがほしいと思っているなら、お使いのノートPCが13インチ以下であるか確認しておきましょう。

15インチPCを置くと、上の写真の状態になります。

動かさなくていいトラックボールを使うか、外部デバイスに頼らずトラックパッドを使えばいいので、個人的には一応、許容できるレベルです。

しかし、マウスパッドが装着された上で「15.6インチまで対応」と謳って販売している以上、看板に偽りありとまで言わなくとも、ちょっと辛口にならざるを得ないでしょう。

現状、ボードの真ん中にPCを置いてトラックパッドで使っていますが、そうなるとスマホスタンドが役に立たなくなるのも気になる点です。

折り畳んでコンパクトに片付けられる

星5つ中、4です。★★★★☆

画像
Photo: 田中宏和

部屋の中に、なるべく物を増やしたくないと思っている人にとって、コンパクトに片付けられるのは重要なポイントですね。

取っ手も含めてほぼB4サイズになるので、棚や押入れなどに収納しやすくなっています。

画像
Photo: 田中宏和

クッションの厚みがあるので、それなりに収納スペースを取るものの、空き幅が14cmあれば問題なく突っ込んでおけます。

ソファの横に立て掛けておく場合でも、うっかり引っ掛けてしまった時、どちら向きに倒れてもクッションが下になるので、大きな音を立てることもありません。

私は現状、使わない時はソファの隅に置いています。

ソファに妻と2人で座ることがありますが、それでもジャマだと感じないので、このままのポジションをキープしそうです。


取っ手付きなので、動かす時に手軽なのもポイントが高いところ。

また、使っているテーブルが低くて背中が丸まってしまう人は、PC台として使ってもいいかもしれません。

お手持ちのPCサイズで問題がないなら、買って損はないと思います。

Source: BEGALO, Amazon.co.jp

swiper-button-prev
swiper-button-next