連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

iOS 14.5をインストールすると、iPhone11にだけ起きること

author David Murphy [原文](訳:的野裕子)
  • カテゴリー:
  • TOOL
iOS 14.5をインストールすると、iPhone11にだけ起きること
Image: Shutterstock

iPhoneのバッテリーの状態は定期的にチェックしておきたいところです。

iOS 11.3以降、Appleはバッテリーの状態が簡単にチェックできるようにしてくれたので、言い訳無用です。「設定 > バッテリー > バッテリーの状態」で確認できます。

iPhoneのバッテリーの「最大容量」を見ることができたり、「バッテリー充電の最適化」が有効になっているかを確認できたり、もしバッテリーが劣化してiPhoneのパフォーマンスに影響が出始めていたら「お使いのバッテリーは著しく劣化しています」というメッセージがチェックできたりします。

iOS 14.5から新しい表示がある

ただし、iOS 14.5をインストールしたら、新しいプロンプトが表示されるかもしれません。

バッテリーの状態報告システムによって最大容量とピークパフォーマンス性能を再調整しています。この処理には数週間かかる場合があります。

詳しい情報...

バッテリーの状態のプロンプト

このメッセージが表示されない場合もご心配なく。

これは、 iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxを持っている場合のみ表示されるもので、以前のバージョンのiOSで、これらのiPhoneのバッテリー評価が不正確だったものを修正するAppleの解決策です。

今回は、この再調整のプロセスがどのように起こるかを説明します。

このメッセージは最大数週間表示され、その間、iOSが動作している間は、バッテリーの劣化に関する警告は表示されない可能性があります。あなた自身には問題はありません。

バッテリーの最大容量(またiPhoneのパフォーマンスにどのような影響があるか)の正確な評価がないので、単にデバイスが推奨できないだけなのです。

再調整の処理が終わったら、最大容量が更新され、それに伴う警告が表示されるか、少し問題ありそうなメッセージが表示されます。

バッテリーの状態報告システムを再調整できませんでした。Apple正規サービスプロバイダでバッテリーを無償で交換して、最大限のパフォーマンスと容量を復元することができます。

サービスオプションについての詳しい情報...

もしかしたら新品に交換してもらうことも?

Appleが説明しているように、iPhoneが爆発したり、何か起こったりするという意味ではありません。

それどころか、iPhoneがまだ通常の保証やAppleCare+、または消費者法の保証対象の範囲内であれば、無料でバッテリー交換を受けられるかもしれません。Appleのサポートに連絡し、どのような選択肢があるのかを確認してみましょう。

さらに、Appleは次のようにも言っています。

バッテリーが劣化しているというメッセージが表示された後や、バッテリーに不審な症状が起きた後で、iPhone 11、iPhone 11 Pro、または iPhone 11 Pro Max の保証対象外のバッテリー修理をすでに有償で済ませている場合も、Apple サポートにお問い合わせください。

バッテリーが劣化したiPhoneを持っているのは、まったく良いことではありませんが、運が良ければ素敵な新品に交換してもらえるかもしれません(もしくは、すでに支払った交換の払い戻しが受けられるかもしれません)。

あわせて読みたい

Googleアシスタントを使ってiPhoneを探す方法

iOS 14.5が公式リリース。iPhoneの新機能を早速チェックしよう


Source: Apple

swiper-button-prev
swiper-button-next