連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

macOS 11.3がリリース!HomePodユーザーこそ要チェック

author 訳:春野ユリ
  • カテゴリー:
  • TOOL
macOS 11.3がリリース!HomePodユーザーこそ要チェック
Image: Getty Images

macOS 11.3 Big Surがリリースされ、多くの新機能が登場しました。

その中には、オーディオ出力をデフォルトでHomePodのスマートスピーカーにステレオ設定する機能もあります。

iPhone、iPad、iPod touch、およびApple TVはどれも、HomePodのステレオペアにデフォルトで対応してきましたが、Macもついにそれに仲間入りしたわけです。

2台のHomePodでのオーディオ再生に対応

以前は、macOSのユーザーはAirPlayを介して2台のHomePodのスピーカーにオーディオを送信できました。

ただし、デフォルトではオーディオは1台のスピーカーでのみ再生されるようになっていたので、2台のHomePodのスピーカーでオーディオを再生したいときは、毎回手動で設定する必要がありました。

2台のHomePodのスピーカーでオーディオを再生すると、より豊かでより没入感のあるサウンド体験ができます。

これは、「システム環境設定」→「サウンド」と進み、Macのサウンド出力リストの出力オプションとして選択できます。

Appleは今年初めに大型のHomePodスマートスピーカーの販売を停止し、代わりに小型のHomePod miniに特化することを表明しました。

HomePod miniも素晴らしいスピーカーです。

そのため、Appleは第1世代のHomePodから一見遠ざかったように見えますが、引き続きその機能をサポートし改善していることがわかり、嬉しい限りです。

「HomePod mini」1カ月レビュー|買ってよかったと心から言える存在

macOS 11.3のその他の新機能

macOS 11.3のその他の新機能について、主だったものを以下にリストアップしてみました。

  • 「探す」アプリで現在位置を追跡するAppleのAirTagに対応
  • 「Hello」スクリーンセーバー
  • 「キスしているカップル」と「ハートのついたカップル」の絵文字の両方で別々のスキントーンに対応
  • Siriの音声オプションの多様化
  • ゲーム用のXbox Series X|SのワイヤレスコントローラまたはSony PS5のDualSenseワイヤレスコントローラに対応
  • M1Macのハイバネーションに対応

他にもいろいろありますよ。

サイバー攻撃者が悪意のあるドキュメントを使用してオペレーティングシステムのセキュリティメカニズムを回避してしまう可能性のあるバグの修正など、セキュリティアップデートもあります。

さらに、macOS Big Surのユーザーエクスペリエンスをよりスムーズにするバグ修正もいくつかあります。

全体として、macOS 11.3は新機能満載の更新なので、ダウンロードしてインストールする価値があります。

特にHomePodスマートスピーカーを2台持っている場合、紛失防止タグAirTagを注文した場合、あるいは、M1 Apple SiliconMacを所有している場合は、なおさらです。

macOS 11.3をダウンロードする方法

この更新をダウンロードしてインストールするには、「Appleメニュー」→「システム環境設定」と進み、「ソフトウェアアップデート」をクリックします。

または、macOS Big Surユーザーではなく、互換性のあるMacをお持ちの場合は、AppStoreにアクセスして無料のコピーをダウンロードしてください。

今や世界中のユーザーがこの更新を利用できるようになっているはずです。

そうでない場合は、数時間待ってからもう一度試してみてください。

あわせて読みたい

MacBookのマイクを調整して、Web会議で活用する方法

Touch IDなしのMacでApple Payを設定する方法


Original Article: MacOS 11.3 Lets You Set Mac Audio Output to Stereo HomePods as Default by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next