連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneで画面録画する方法と3つの便利なアプリ

author 訳:的野裕子
  • カテゴリー:
  • TOOL
iPhoneで画面録画する方法と3つの便利なアプリ
Image: MakeUseOf

iPhoneの画面を録画を活用していますか?

友だちや家族に、iPhoneで何かを操作する方法を見せたり、チュートリアルを作ったり、SNSにアップしたり、理由はどうあれ、iOSで画面を録画するのはかつてないほどに簡単です。

ビルトインのツールだけでなく、iPhoneの画面録画アプリも含め、iPhoneの画面を録画する方法をお教えしましょう。

iPhoneで画面を録画する方法

iOS 11以降のiPhoneは、画面収録ツールを使うことができます。

このユーティリティはiOSにビルトインされているので、お金は一切かかりませんし、iPhoneで一番便利なウィジェットのひとつです。

ステップ 1. 画面収録ツールを有効にする

iOSで画面収録ツールを使うには、最初にコントロールセンターで有効にする必要があります。やり方は以下の通りです。

  1. 設定を開き、コントロールセンターを選ぶ。
  2. コントロールを追加」のところまでスクロールダウンして「画面収録」を見つける。
  3. 画面収録の「+(プラス)」アイコンをタップし、「含まれているコントロール」のところまでドラッグする。
iPhoneのコントロールセンター

ステップ 2. 画面録画を開始する

  1. iPhone X以降では画面右上からスワイプダウンし、それ以前のモデルでは画面下からスワイプアップして、コントロールセンターを開く。
  2. 画面収録のボタンをタップすると、録画開始までの3秒カウントダウンが表示される。この時間に画面を準備する。画面録画中にポップアップの通知に邪魔されたくない場合は、おやすみモードを有効にする。
  3. 画面録画中に音声も録音したい場合は、ボタンを長押ししてから、「マイク」のアイコンをオフにする。「マイク」をオンにすると、次に画面を録画する時は、この画面に戻ってオフにしない限り音声が録音される。
  4. 画面録画中は画面上部の時計やバーがになる。
コントロールセンター

ステップ 3. 画面録画を終了する

  1. 画面録画を終了するには、上部の赤いバーか時計をタップし、「停止」をタップして録画の終了を確定します。もしくは、コントロールセンターの画面収録ボタンをもう一度タップしても終了できる。
  2. 録画を終了したら、録画された画面が「写真」アプリに保存されたという通知が表示される。これで画面の録画の完了。
録画の終了画面

iPhoneの画面録画アプリの使い方

iOSの画面収録ツールでも十分使えますが、追加機能があるサードパーティのアプリを使ってみたい人もいるかもしれません。

選択肢はたくさんありますが、今回は使いやすく無料ダウンロードできる3つのアプリを紹介します。

1. TechSmith Capture

TechSmith Capture

パソコンの画面キャプチャアプリ「Snagit」のファンであれば、iPhoneとiPad版の「TechSmith Capture」が気に入ると思います。

録画を開始するには、アプリ上部の赤いボタンをタップし、次の画面で「Start Broadcast」を選びます。音声も録りたい場合は、マイクをオンにすることも可能。

iOSのビルトインツールと同じように、録画中は画面上部のバーや時計が赤くなります。

録画を終了したい場合は、そのバーや時計をタップして、「Stop」を選びましょう。録画した画面が保存されると通知が表示されます。

アプリを開いて録画を表示すると、共有することもできます。「Camtasia」「Snagit」「TechSmith Relay」やデバイスの共有オプションの中から選んでください。

パソコンに「Snagit」をインストールしている人は、「Snagit」で共有するのが理想的です。

ダウンロード:TechSmith Capture(無料)

2. Record It! Screen Recorder

Record It! Screen Recorder

「Record it! Screen Recorder」は、App Storeで手に入る、別のアプリです。このアプリは、「TechSmith Capture」とほぼまったく同じ操作方法です。

録画を開始するには、赤いボタンをタップして、次の画面で「Start Broadcast」を選びます。音声も録りたい場合は、マイクをオンにすることもできます。

録画中は、画面上部の時計やバーが赤くなります。録画を終了するには、その時計かバーをタップして、「Stop」を選びます。録画した画面が保存されると通知が表示されます。

アプリを開いて録画したものを表示し、そこからカメラロールやYouTube、デバイスの他のアプリに共有することができます。

また、「Record it!」には、録画したものをトリミングしたり、画面サイズを変更したり、背景色を追加したりする、ビデオ編集機能もあります。

ダウンロード:Record it! Screen Recorder(無料、プレミアム版あり)

3. DU Recorder

DU Recorder

もうひとつのiPhone画面録画アプリは「DU Recorder」をチェックしてみてください。このアプリは、上の2つの画面録画アプリとほぼ同じように動作します。

ただ、「DU Recorder」では、録画したものを「写真」アプリに保存したい場合は、「Record to Local Device」をタップして録画を開始します。

それから「Start Recording」をタップして、「DU Recorder」を選び、「Start Broadcast」を選びます。

録画中は、他のアプリ同様、画面上部の時計やバーが赤くなります。録画を終了したい時は、時計やバーをタップして、それから「Stop」をタップして確定します。録画したものが「写真」に保存されたら、通知が表示されます。

「DU Recorder」にも、YouTubeやFaceBook、Twitchでのライブストリーミングなどを含む、追加機能があります。

また、トリミング、文字や音楽の追加、録画したもののサイズ変更など、アプリ内で動画を編集することもできます。

ダウンロード:DU Recorder (サブスクリプションが必要、無料トライアルあり)

iPhoneの画面録画をやってみよう

これで、iOSの便利な画面収録ツールとApp Storeで入手できる画面録画アプリの使い方がわかったと思います。

今度は、あなたがこの素晴らしいiPhone画面録画アプリで何か作成する番です。

録画中に画面を回転させようかと考えている人は、こちらのiPhoneのランドスケープモードを強制的に回転させる方法を見てみてください。

あわせて読みたい

iOS 14.5の強力なプライバシー機能を有効にする方法

iOS14.5の新機能! 移動中に到着予定時間をサクッと共有する方法


Source: App Store(1, 2, 3

Original Article: How to Screen Record on Your iPhone (With Sound) by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next