連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

大人っぽく洗練された方法で本を並べる方法

author Aisha Jordan – Lifehacker US[原文](訳:春野ユリ)
  • カテゴリー:
  • TOOL
大人っぽく洗練された方法で本を並べる方法
Image: Shutterstock

ZoomでWeb会議をするとき、本棚を背景に使う人がいます。

見栄えの良い本棚はプロフェッショナルな印象を与えますし、エレガントでさえあるので、これは理にかなっています。

誰にでもわかりやすい洗練された印象を与えますよね。

たとえば、TwitterでBookcase Credibilityさんのアカウントを見ると、本箱をアレンジするときの参考になります。これは、科学でなくアートです。

ですから、見栄えが良くなければいけません。

Zoom会議で、他の参加者に強力な印象を与えるクリエイティブな本の整理方法をいくつかご紹介しましょう。

本を色分けして並べる

家事サイトLemonadeのCarrieさんは、本のカバーを外して本のもともとの外観と色を表に出すことが好みです。カバーを外した本は、色でソートします。

青い本は青い本だけでまとめ、赤い本、黄色い本もそれぞれ同じように同色でまとめます。

Carrieさんは、本を色でグループ化するのが好きですが、必ずしも虹の色の順番にする必要はなく、何冊か積み重ねて置くとフォーカルポイントになり、部屋がポップになると説明しています。

The Home EditのClea ShearerさんとJoanna Teplinさんのような片付けのプロは、ROYGBIV方式と呼ばれる虹色の順番に並べることを忠実に守る主義です。

「人間の脳は生まれつきこのパターンを認識しており、そのパターンに応じて物を置く場所を決めるようにできています」とこの2人は説明しています。

本を大きさで整理するのもこれと同じ流れになります。

ウォールボックスで本をディスプレイする

より洗練度の高い方法で本をディスプレイするには、装飾的なウォールボックスを使用します。

まず、さまざまなサイズのボックスを用意して、壁に好きなように配置しましょう。

小さなボックスを組み合わせて大きいボックスを作ったり、壁に沿って階段のように並べてみたり、インスピレーションに任せて好きなように組み合わせましょう。

どの箱にも本を2、3冊入れてください。びっしり詰め込んだように見えるほどたくさん入れるのも、物足りなく見えるぐらい少なく入れるのもダメです。

本をこのようにディスプレイする場合、本のタイトルも他人に注目してもらいたいものを選びましょう。こちらの好みをアピールするチャンスです。

本を吊るしてディスプレイする

本のユニークなディスプレイ方法の1つは、サスペンションブックラックです。

このカスタマイズされた本のディスプレイは、Zoomで話題になるはずです。

このディスプレイは、壁に掛かった木製のレールに立派な洗濯バサミが付いており、表紙の内側にひもを巻きつけて本を吊り下げる仕組みです(この吊り下げ方式で本が傷むことはありませんのでご心配無く)。

このサスペンションブックラックはEtsyで購入できますが、ここまでユニークな方法となると結構お金がかかり、私が見たものは、少なくとも160ドルかかります。

本を重ねてサイドテーブルやナイトスタンドにする

本が多すぎると本棚が乱雑になる可能性があるので、書斎やホームオフィスを掃除しているときに要らない本を集めて、ナイトスタンドやコーヒーテーブルを作りましょう。

家事サイトのThe Spruceは、ハードカバーの本だけ使ってしっかりした作りにすることをすすめています。

背表紙を上にして本を重ねたたら、木製の天板かガラスの天板を上に置きましょう。

このスタイルは、明るい本を使用して鮮やかなフォーカルポイントを作ったり、深い色の本を使用してダークな色合いの天板に合わせることができるので、前述の色分け方式を取り入れる良い機会にもなります。

あわせて読みたい

一体感高まる! Zoom新機能「Immersive View」の使い方

無駄なZoom会議から退出したいとき使ってみたい? 効果音アプリ


Source: Twitter, Making Lemonade Blog, The Home Edit, Google, Pinterest, Etsy, The Spruce

swiper-button-prev
swiper-button-next