連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

自転車の夜道の安全性をアップ! 広角で光る「FLECTR」を試してみた

machi-ya

author 山田洋路
  • カテゴリー:
  • TOOL
自転車の夜道の安全性をアップ! 広角で光る「FLECTR」を試してみた
Image: atrade2019

夜間の自転車走行で、車やバイクの急接近にヒヤッとしたことがあるんじゃないでしょうか。また車を運転する方なら、暗がりでの自転車が、思ったより視認しづらいことをご存じかと思います。

姉妹サイトmachi-yaにてキャンペーン実施中の「FLECTR(フレクター)」は、自転車ホイールのスポークやリムにペタッと貼って使うリフレクターです。前照灯とテールライトだけでは心もとないと感じている自転車利用者にとって、手軽でパワフルな解決策になりそう。さっそくお借りして、効果のほどを確認してみました。

技術も手間もなしにあっけなく設置完了

FLECTR(12)
Photo: 山田洋路

「FLECTR」は、簡単に設置できるのと、どの角度からも明るく照らし出してくれるのが特長です。

後輪に、スポークに設置するタイプの「FLECTR ZERO」を貼り付けてみました。

FLECTR(7)
Photo: 山田洋路

シールをはがしてスポークに巻き付けるだけなので、なんの苦労もなく設置完了です。

FLECTR(13)
Photo: 山田洋路

前輪には、リムに設置するタイプの「FLECTR 360 OMNI」を貼り付けてみました。こちらもリムに貼り付けるだけなので簡単。筆者の自転車はリムブレーキなので、メインでブレーキを利用する後輪への設置は避けました。

FLECTR(11)
Photo: 山田洋路

リフレクターを貼り付けてもブレーキは効きますが、頻繁にブレーキをかけると破れる心配も。ディスクブレーキの自転車であれば、この点気兼ねなく設置できますよ。雨風にも強いようです。

マイクロプリズム技術による反射が驚くほど明るい!

FLECTR(9)
Photo: 山田洋路

夜間にマイクロプリズム技術による反射を確かめてみたところ、なるほどかなり明るくリフレクターが光るのがわかります。

1617778741758
Image: atrade2019

何千もの金属化されたキューブコーナープリズムが高い反射率を実現”しているとのことです。これが、自転車レースのさかんなヨーロッパで、数々の賞を受賞したリフレクターの実力かと感心。

メンテナンスが不要なのがうれしい

reflector-2
Photo: 山田洋路

前照灯とテールライトは、電池が切れた際に交換するのが面倒で期間が空いてしまうことがあります。その点「FLECTR」は、電池なしでOK。いつなんどきも自転車の安全性を支援してくれます。

FLECTR(8)
Photo: 山田洋路

離れた位置からも自転車の存在が一目瞭然。サイクリングなんかでは、街灯の少ない夜道を走ることがありますが、その際もハッキリクッキリ自転車を目立たせてくれそう。テールランプの点灯は、遠くからは視認しずらいのに対し、これだけ明るくなれば心強いです。


最先端の反射技術を備えたドイツ生まれのリフレクター「FLECTR」は、現在machi-yaにてキャンペーン実施中です。執筆時点では、「FLECTR ZERO」と「FLECTR 360 OMNI」(各4枚入り)がそれぞれ、machi-ya限定10%OFFの2400円(消費税・送料込み)からとお得にオーダーできます。この機会に手ごろな価格で、夜間の自転車の安全性を高めてみてはいかがでしょうか。

本記事では紹介しきれなかったメリットがまだまだあります。詳細は以下のキャンペーンページをご確認ください。

>>ドイツ発!!貼るだけで暗闇で光る自転車リフレクター ~ FLECTR

Image: atrade2019

Photo: 山田洋路

Source: machi-ya

swiper-button-prev
swiper-button-next