連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

小銭とカードへのアクセス性がナイス! ミニマム革財布「Saku」がプロジェクト終了間近

machi-ya

author 山田洋路
  • カテゴリー:
  • TOOL
小銭とカードへのアクセス性がナイス! ミニマム革財布「Saku」がプロジェクト終了間近
Image: Atelier_moku

普段から、肌身離さず持ち歩く財布。もはや自分の一部といってもいいほどに、馴染んでいるんじゃないでしょうか。

だからこそ、新たなものを選ぶときにはこだわりを大事にしたいもの。いいものを持てば、じわっと毎日のテンションが上がり、自己肯定感まで高まりそうです。

“こだわりの財布に出会いたい”と考えている方には、ちょうどいいタイミング。D2Cレザーブランドのmokuが手掛ける、新たな傑作「Saku」が、machi-yaにてクラウドファンディングを実施しているんです。

このミニマム財布のプロジェクト、まもなく終了を迎えます。最後のおさらいとして、機能面などをご紹介しましょう。

使いやすさ、ついに極みにまで到達

saku(2)
Image: Atelier_moku

前作「ICHI」を経て、さらなる使い勝手を追求した「Saku」は、これまでの財布の常識を覆したといっていいほど、設計がユニークです。

まずなんといっても、小銭の取り出しやすさがピカイチ。財布の側面からダイレクトにアクセスできますし、浅底なので小銭をジャラジャラ探るアクションが省かれます。

IMB_WXIP13
Image: Atelier_moku

人によっては、小銭や紙幣よりも利用頻度の高いカード類。まとめて入れるタイプの広口ケース構造により、従来のように引っ掛かってまごつく…という失態は、今後経験しなくて済みそうです。

曲線美をまとったイケメン財布

saku-1(4)
Image: Atelier_moku

mokuのファンの方、曲線デザインに愛を感じているんでしょう? その気持ち、すごくよくわかります。

今作「Saku」に関しても、けっして奇をてらってるわけでないが、ありそうでなかったデザイン。たんまり中身を入れても12mmという薄さからも、デザインの妙を感じられます。

saku-1(3)
Image: Atelier_moku

カフェやバーなんかで、積極的にテーブルの上に置きたい。イケメン財布への他人の目線を楽しむ意味もありますし、「なるべく長く眺めていたい…」と感じさせるルックスが「Saku」にはあります。

革の質感がたまらん

saku-1(1)
Image: Atelier_moku

バケッタ製法で作られ、毛羽立って素朴な印象のプエブロをメイン素材として採用。ここまで個性的なものにはなかなかお目にかかれません。和紙のようなマットなテクスチャは、視覚的触覚的に悦びが味わえますし、使って光沢を出していくのも愉しみの1つ。

saku-1(2)
Image: Atelier_moku

収納部に採用されたコシのある素材ブッテーロに関しても、シワの個体差や経年変化が堪能できそうです。

カラー展開は5色

saku-1(1)
Image: Atelier_moku

「Saku」にただ1つ、困った点があるとすれば、5色のカラーから1つに絞るのに、断腸の思いを強いられること。ブルー/キャメル/グレー/ワイン/ブラックのいずれも、見れば見るほど魅力的なので、どれを選んだとしても、何かを取りこぼしてる気になります。まあ、どれを選んでも満足度の高さが約束されているとも言えますが…。


machi-yaでプロジェクトを実施してきたミニマム財布「Saku」は大変な支持を集めていて、執筆時点で選択可能なコースは販売予定価格19,800円の10%OFF、17,820円(消費税・送料込み)のみとなっています。

いよいよプロジェクト終了間近! ここまで悩まれてきた方、いまこそ決断力を発揮するときです。以下のリンクから詳細を確認して、選択肢を考慮していただければと思います。

Image: Atelier_moku

Source: machi-ya

swiper-button-prev
swiper-button-next