連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

調理後そのまま食卓に出せるフライパンにスクエアタイプが登場

roomie

author 古谷 真知子
調理後そのまま食卓に出せるフライパンにスクエアタイプが登場
Photo: 古谷 真知子

以前ROOMIEでご紹介したお皿になるフライパン「ジュウ」スクエアタイプが登場したそうです。

スクエアタイプの魅力とは

20210429_221256381_iOS-1
フライパン「ジュウ」3,850円(税込)
Photo: 古谷 真知子

その名も「フライパンジュウS四角」。

20210429_224315843_iOS-1
フライパンを持ち運ぶ、無垢の木材でできた「ハンドル」は別売り
Photo: 古谷 真知子

どう見てもお皿にしか見えないこちら、実はガス火、IH共に対応するフライパンなのです。

さらに、オーブンにも対応! 調理後、そのまま食卓に並べても手抜き感ゼロの便利なキッチンツールです。

今回は、新たなに登場したスクエアタイプならではの魅力を、前回の丸型タイプと比較しながら探ります。

忙しい朝に大活躍

20210429_225641124_iOS
Photo: 古谷 真知子

四角くなった一番の魅力は、食パンが焼きやすくなったこと!

一般的なフライパンは、内側がカーブしていたりして、食パンが底面に全面触れないことが多いですよね。

20210429_225207493_iOS
Photo: 古谷 真知子

「ジュウS四角」は底面の135㎜角が平面なので、トーストを焼くと食パンの全面がフライパンに触れてカリッと香ばしく焼き上がるんです!

20210429_225428050_iOS
Photo: 古谷 真知子

溶けたバターが均一に染み込んだ夢のこんがりバタートーストもできちゃいます。

お皿感がさらにアップ!

20210429_221421805_iOS
Photo: 古谷 真知子

丸いタイプは、リム(縁)に向かって緩やかなカーブを描いてるので、見た目がプレートというよりもボウルのようなイメージでした。

しかし、スクエアタイプは底面からリムに向かうラインも直線なので、よりお皿っぽさがアップ!

食卓に並べた時に、どっからどう見たってお皿にしか見えないのです。

鉄のフライパンって、お手入れが大変なんでしょ?

20210429_223413764_iOS
Photo: 古谷 真知子

試用前に食器用洗剤で洗ってから加熱し、油を馴染ませれば大丈夫

20210429_224108055_iOS
Photo: 古谷 真知子

説明書には、使用後は洗剤を使わず、たわしやササラなどを使ってお湯で洗えばOKとのこと。

洗剤を使わないのでエコですし、アウトドアにも良いかも

サイズはやや小ぶりです

20210429_222642191_iOS
Photo: 古谷 真知子

大きさは、205㎜角で底面が135㎜。

見た目よりも、フライパンとして焼いたり炒めたりできる面積は狭めです。

少し遊びがあってガタつくので、持ち手を持って食材をあおったり、炒めたりするには向いていません。

目玉焼きやステーキ、ハンバーグなどのじっくり焼く調理が向いています。

20210429_230519236_iOS
Photo: 古谷 真知子

以上、今回は、調理と洗い物を手軽にしてくれるフライパン「ジュウ」のスクエアタイプを紹介しました。

丸型もスクエアタイプもどっちも魅力的ですが、朝はパン派! という方は、ぜひ「フライパンジュウS四角」を、ぜひチェックしてみては?

あわせて読みたい

このお皿、実は「鉄フライパン」。食卓に並べても適当感ゼロでありがたいのだ | ROOMIE(ルーミー)

忙しい朝の強い味方! 最大14個のゆで卵や肉まんなどを調理できるスチームクッカー

Source: フライパン「ジュウ」, フライパンジュウ S四角

ROOMIEより転載(2021.5.9公開記事)

swiper-button-prev
swiper-button-next