連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

AppleはiOSを通じてどんなデータを収集・保有しているのか?

author 訳:梅田智世/ガリレオ
  • カテゴリー:
  • TOOL
AppleはiOSを通じてどんなデータを収集・保有しているのか?
Image: Shutterstock

スマートフォンがユーザーデータを集めているのは、公然の事実です。そしてAppleは、ユーザーのデータを扱う際にプライバシーに最大限の注意を払っていると自称しています。

とはいえ、AppleがiOSを通じてどのようなデータを収集・保有しているのかは気になりますよね。

では、その点についてさっそく見ていきましょう。

iOSはどんなデータを集めているのか

AppleはiOSを通じてユーザーデータを集めているわけですが、具体的にどんなデータが集められているのかを知りたいと思う人もいるでしょう。

Appleが収集しているデータについては、「データとプライバシー」ページ(これについては、のちほどくわしく解説します)のデータ申請フォームで詳しく確認することができます。そのページを見ると、Appleが次のようなデータ集めていることがわかります。

  • App Storeアクティビティ
  • iTunes Storeアクティビティ
  • Apple Booksアクティビティ
  • Apple Musicアクティビティ
  • Apple Podcastsアクティビティ
  • Apple Arcadeアクティビティ
  • Apple IDアカウント
  • デバイス情報
  • Apple Online StoreやApple Store直営店アクティビティ
  • Walletアクティビティ
  • AppleCareとサポートアクティビティ
  • Game Centerアクティビティ
  • ブックマークとリーディングリスト
  • カレンダーとリマインダー
  • 連絡先とメモ、マップ
  • マーケティングに関する登録情報
  • ダウンロード
  • その他のデータ
  • iCloud Driveファイル
  • iCloudメール
  • iCloud写真
Appleデータリスト
Image: MakeUseOf

なかなか長いリストですよね。

ここに「Wallet」や「写真」「メール」などが含まれているのが、少し気になる人もいるかもしれません。ですが、Appleが収集・保有しているのは、これらの項目のメタデータだけです。つまり写真がいつ撮られたのかといった「データのデータ」であって、Appleがあなたのクレジットカード番号や写真、メールをデータベースに保存しているわけではありません。

Apple Cardを使ったアクティビティに関する全データに加えて、デバイスの使用頻度や、利用しているアプリについても、Appleはデータを収集しています。

また、Siriに関するデータも、設定からオプトアウトしていない場合には収集データリストに加えられます。

データのコピーを取得したり、削除したりはできるのか

データ保護法のもとでは、ユーザーには、あらゆる企業から個人データのコピーを取得できる権利が与えられています。Appleも例外ではありません。

Appleが自分に関して保有している全データのコピーを申請する際は、まず「データとプライバシー」ページにアクセスし、自分のApple IDでサインインします。それから、「データのコピーを取得」の下にある「開始する」をクリックしてください。

Appleデータプライバシーホーム画面
Image: MakeUseOf

リストが表示されたら、確認したいデータを選び、「次に進む」をクリックします。各データファイルをどのサイズに分割したいか聞かれるので、サイズを指定して「リクエスト完了」をクリックします。

Appleデータプライバシー選択画面
Image: MakeUseOf

Appleもはっきり説明していますが、このレポートでは、暗号化されたデータは受け取れません。Appleにも、そのデータは解読できないからです。これはもっともな話です。というのも、そのような行為はデータ暗号化とセキュリティーの本質に反するからです。さらにこのレポートには、削除されたデータも含まれていません。

データのコピーを取得するよりは、いっそのこと、Appleのデータベースから自分に関するデータをすべて削除したいという場合、選択肢はひとつしかありません。

「データとプライバシー」ページの「アカウントを削除」の下にある「アカウントの削除をリクエスト」を選んでください。リクエストを行う理由を選んだら、あとは「次に進む」をクリックします。

Appleデータプライバシー削除画面
Image: MakeUseOf

この操作を行うと、Apple IDアカウントも、関連するデータも、何もかもが削除されるので注意が必要です。

iCloudに保存されているすべてのデータも、購入したものも、すべて消えてしまいます。FaceTimeやApple Musicなどのサービスも利用できなくなります。

iOSがデータを集める理由

AppleにはAppleなりの理由があってデータを収集しているわけですが、AppleがなぜiOSを通じてデータを集めているのかという点については、はっきりとした理由があります。iPhoneをメインデバイスにしている人については、iOSがデータ収集に最適だからです。

Appleは、あなたがどの製品・サービスを使っているのかを把握するためにデータを集めています。そうすれば、あなたに宣伝すべき製品・サービスがわかるからです。

「新しいiPhoneについてのお知らせメールは届くのに、新しいApple Watchについてのメールが届かないのはなぜ?」と不思議に思ったことはありませんか? それはおそらく、あなたがiPhoneユーザーではあっても、Apple Watchは持っていないからでしょう。

Appleターゲット広告スクリーンショット
Image: MakeUseOf

Appleも企業である以上は、あなたに自社製品を売り込みたいと思っています。そのためには、そういったターゲティング広告を打つのがいちばんいいやり方なのです。

Appleがデータを収集するもうひとつの理由は、Appleの製品やサービスをもっと快適に使ってもらうためです。Appleがデータをいっさい集めなかったら、Apple Musicのおすすめや、マップの通知など、ユーザーにとって役立つ情報が提供できません。

そういった機能は、プライバシーを重視する人にとってはいっさい不要です。でもその一方で、それらの機能がiOSの全般的な使い心地を向上させているのも事実なのです。

自分のデータをどうするかを選ぶのは自由

Appleはプライバシーをとくに重視している企業です。けれども同社が、データ収集をやめることはないでしょう。たしかに一部の企業と比べれば、Appleには悪質なところがありません。とはいえ、データに関して潔白であるかと言えば、そうでもないのです。なにしろ、Apple製品の使用感を高めるために、一部のデータを使っているわけですから。

いずれにせよ、Appleによるデータ収集に不快感を覚えているか否かは別として、少なくともユーザーには、好きなように対処できる自由があるのです。

あわせて読みたい

iOS 14.5で「アプリのトラッキングの透明性」が無効になっている場合の対処法

AirTagでストーキングされているか確認する方法

Original Article: What Data Does iOS Share With Apple? by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next