連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

検索バーへの入力をショートカットできるChrome拡張機能【今日のライフハックツール】

author 山田洋路
  • カテゴリー:
  • TOOL
検索バーへの入力をショートカットできるChrome拡張機能【今日のライフハックツール】
Screenshot: 山田洋路 via jumprope.ai

よく訪問するWebページには、できるだけ直感的にアクセスできる仕組みが欲しい。

ブックマックバーも表示が収まりきらなければ、あまり意味がありません。

Chrome拡張機能の『jumprope.ai』を追加すれば、爆速で目的のページにたどり着けるようになります。

どんなことができるのか見ていきましょう。

コマンドを入力して、クリック数を削減

jumprope.ai-1
Screenshot: 山田洋路 via jumprope.ai

『jumprope.ai』は、検索バーに英数字のコマンドを入力することで機能します。

たとえば、「tr」と入力してエンターで、Google翻訳のページを開く…といった具合です。

デフォルトでさまざまな便利コマンドが用意されているので、いくつか紹介します。

m1:Gmailのメールボックスを開く。

c1:Googleカレンダーを開く。

m1 new:Gmailを新規作成。

c2:サブアカウントのGoogleカレンダーを開く。

twt キーワード:ツイートを検索。

yt キーワード:YouTubeを検索。

j キーワード:検索結果最上位のWebページをダイレクトに開く。

ご覧の通り、普通なら結果にたどり着くまでに数クリックを要するものも、一発解決です。

複数のGoogleアカウントアプリを制御できる点も、ビジネスとプライベートで使い分けている人にとって便利でしょう。

カスタムコマンドも登録できる

jumprope.ai-2
Screenshot: 山田洋路 via jumprope.ai

『jumprope.ai』ではさらに、カスタムコマンドを登録することもできます。

コマンドの新規登録は、拡張機能アイコンクリックから行うか、専用のコマンド「jr」も用意されています。

オリジナルで以下のようなコマンドを登録してみました。

ct:都内の最新感染動向サイトを開く。

co:大阪府の最新感染動向サイトを開く。

lf キーワード:ライフハッカーのサイト内を検索。

mrc キーワード:メルカリを検索。

amzt:アマゾンのタイムセール製品を表示。

覚えやすいアルファベットを登録しておけば、毎日の検索手数が削減できそうです。

『jumprope.ai』は、Chrome ウェブストアから追加可能となっています。

あわせて読みたい

Googleカレンダーの「仕事効率化に役立つ」 便利な機能5選

よく使う定型文を登録して簡単入力。業務を効率化するChrome拡張機能【今日のライフハックツール】

Source: jumprope.ai, Chrome ウェブストア

swiper-button-prev
swiper-button-next