連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

五感を刺激する仕掛けで生産性アップ。一流ホテルでワーケーションしてみた

author 橋本沙織
五感を刺激する仕掛けで生産性アップ。一流ホテルでワーケーションしてみた
Photo: 橋本沙織

すっかり定着したリモートワーク文化。働く場所やスタイルが以前より自由に選べるようになった昨今、新たな選択肢として、働きながら休暇を取る「ワーケーション」が注目を集めています。

しかし、メリットも多く語られる一方で、「仕事と休暇を両立できるの?」「車がないと移動が面倒」などの意見も聞かれます。

そんなワーケーションのイメージを払拭すべく今回ご紹介するのは、東京都港区・竹芝という都心に位置するホテル「mesm Tokyo, Autograph Collection(メズム東京、オートグラフ コレクション)」(以下、「メズム東京」)。

実際にメズム東京でワーケーションを実践したレポートをお届けします。

image6
メズム東京のエントランス
Image: メズム東京

気軽にワーケーションを実践できる

JR東日本グループとマリオット・インターナショナルの提携により2020年4月に竹芝に開業したメズム東京は、JR「浜松町」駅より徒歩6分、新交通ゆりかもめ「竹芝」駅からは徒歩3分という好立地。

lobby
東京の絶景を楽しめる16階のロビー
Image: メズム東京

都心の一等地に位置しながらも、ひとたび入館すると、洗練されたインテリアとタレントと呼ばれるホテルクルーによる丁寧なおもてなしが出迎えてくれ、思わずここが東京であるということを忘れてしまいます。

mesm
宿泊した客室(チャプター3 スイート)からのビュー。スイートルームでなくとも、十分なスペースのバルコニーが付いた客室もあります。
Photo: 橋本沙織

浜離宮恩賜庭園を臨みながら仕事ができる

メズム東京の魅力の1つは、なんと言っても東京のウォーターフロントと浜離宮恩賜庭園の眺望を一度に楽しめる点。ガーデンビュー(浜離宮恩賜庭園側)の客室にはゆったりとしたバルコニーがあり、圧巻のビューを満喫しながら仕事ができます。

都内に高層階のホテルは他にもありますが、ベイエリアと日本庭園の緑、そして東京スカイツリーをはじめとした、東京の絶景を眺められるホテルは、なかなかないはず。アーバンリゾートさながらの雰囲気を堪能しつつ、作業に集中することができます。

客室の冷蔵庫には、無料のミネラルウォーター4本やオレンジジュース、ハートランドの瓶ビールが2本ずつ常備されています。日没後、仕事終わりにバルコニーから夜景を見ながら飲むビールは、なんともラグジュアリーで、格別な時間でした。

image2
客室の様子
Photo: 橋本沙織

気分転換を促すさまざまな仕掛け

作業に行き詰まった時にうれしいのが、気分をリフレッシュし、モチベーションアップにつながるさまざまな仕掛け。メズム東京では、あらゆる方法で宿泊客に「未知との出会い」を提供してくれています。

筆者がもっとも心動かされたのは、各室に置かれたCASIOの高機能デジタルピアノ「プリヴィア」です。

10数年以上ぶりにピアノに触れた筆者でしたが、客室の防音機能もバッチリである上に、誰かが聞いているわけでもないので、楽しんでピアノを弾くことができました。これが仕事で煮詰まってしまった時の良い気分転換に。

またこのピアノ、使わない時は内蔵されているBluetoothと手持ちのスマホを連携させて、スピーカーとして使うことも可能。自分のお気に入りの音楽をBGMとして流すことで、より仕事がはかどりました。

さらに、自分で抹茶を点てる体験ができる点もユニークです。知識がなくとも心配はご無用。客室に置かれたタブレットのチュートリアル動画を見ながら、誰でも簡単においしい抹茶を点てることができます。

image4
Photo: 橋本沙織

さらに、恵比寿発祥のスペシャルティ・コーヒー専門店、猿田彦珈琲によるメズム東京オリジナルブレンドの用意も。ただ、多くのホテルに置かれているような効率性を重視したエスプレッソメーカーでなく、一から自分で入れるドリップコーヒーのセット一式が用意されています。ここでも五感とクリエイティビティを刺激する仕掛けが施されていました。

image5
メインダイニングのコンセプトは「劇場」。前菜からデザートまでがそれぞれのチャプター(章)として、ストーリーやメッセージが込められています。2021年春のディナープログラムは「Flower Language -花言葉-」がテーマ。旬の春野菜をふんだんに使用した料理がサーブされ、オプションでワインのペアリングも楽しめます。
Photo: 橋本沙織

ビストロノミー・レストランでのインスピレーショナルな食事

16階のメインダイニング「Chef’s Theatre(シェフズ・シアター)」でのディナーも格別です。同レストランが提供するのは、ビストロ(大衆料理)と、ガストロノミー(美食)を掛け合わせた造語である「ビストロノミー」。

キュリナリーマイスター(総料理長)は、日本人で初めてミシュランの星を獲得した中村勝宏シェフの下で修業し、フランス料理界の権威あるコンクールにおいて、2回優勝した実績を持つ、隈元香己シェフ。ライブ感あふれるオープンキッチンが見えるカジュアルな空間の中、リラックスしつつ本格的なフレンチを楽しむことができます。

Showcase・P6180825small
ライブイベント「ショーケース」の様子
Photo: メズム東京

同じく16階ではアーティストたちによる日替わりのライブイベント「ショーケース」も開催され、この日はシンガーによる生歌が披露されました。音楽や芸術との出会いを通じて、新しい発見や閃きを創出したいという想いを持つメズム東京ならではの、贅沢な時間です。

さらにフレキシブルに楽しめるソロ活プランも

image1
Photo: 橋本沙織

メズム東京は、2021年4月27日(火)〜2021年7月31日(土)(※チェックイン日)で、チェックイン時間を選べる新プラン「ソロ活応援!おこもり24時間確約ステイ」を実施します。

通常はチェックイン時間である15時に合わせて宿泊のスケジュールを組む必要がありましたが、このプランを利用すると6:00~24:00の間の好きな時間にチェックインでき、そこから24時間滞在可能なため、ライフスタイルや仕事の量に合わせて自由に滞在スケジュールを設計できます。

さらに、インルームダイニングで利用可能な5,000円分のホテルクレジットや、バー&ラウンジ「ウィスク」にて絵画をテーマにしたオリジナルのミクソロジーカクテルを1杯楽しめる特典が付いているほか、希望者にはホテルクルーによる美味しいハンドドリップコーヒー講座への参加も用意されています。

こちらのプラン、宿泊料金は1泊3万9900円と決して安くはありませんが、「都会でサクッとワーケーションしてみたい」という人や、ホテルステイを24時間満喫したい人、ユニークな体験をしてみたい人にとっては選択肢の1つとなるのではないでしょうか。

Source: メズム東京

swiper-button-prev
swiper-button-next