連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Google検索がスピードアップするショートカットキーが登場

author David Murphy[原文]/訳:伊藤貴之
  • カテゴリー:
  • TOOL
Google検索がスピードアップするショートカットキーが登場
Image: Shutterstock

Googleが、検索クエリの絞り込みに使える素晴らしいショートカットキーを公開しました。

大量の時間を節約できるわけではありませんが、いちいち検索ボックスまでスクロールバックして検索クエリをタイプし直すよりもずっと早く検索できます。

このショートカットはシンプルで覚えるのも簡単です。

Google検索の結果ページで、キーボードの「/」キーを押すだけで、カーソルが検索ボックスに戻り、検索クエリの末尾に置かれます。

あとは、検索語や演算子を追加したり、CTRL+A と Deleteを使って検索クエリをクリアし、新たな検索を開始することができます。

もっとも、このトリックはgoogle.comを最初に開いたときには使えません。

ページを開いた時点ですでにカーソルが検索ボックスの中に入っていて、好きな検索語を入力できる状態になっているからです。

目的の情報にたどり着くために何度も検索をやり直したり、検索語を追加して絞り込んでいくときに、このショートカットが役に立ちます。

ほかにも、検索を高速化できるショートカットがいくつかあります。Google検索では、Googleのウェブサイトにアクセスしなくても、ブラウザのアドレスバーで検索を実行することができます。

ウェブで何かを探したくなったら、シンプルにCtrl + EまたはCtrl + Kを押してみてください。

これらのショートカットキーを別の目的で使用しているウェブサイト(例えば、ブログ記事のテキストにハイパーリンクを追加するなど)でないかぎり、カーソルが空のアドレスバーにジャンプし、ただちに検索を開始することができます。

Chrome、Edge Chromium、Firefoxでテストしてみましたが、問題なく動作しました。ただし、Safariでは、Command + Lを押す必要があります。それがmacOSの仕様です。

Chrome、Edge Chromium、FirefoxでCTRL+L(またはALT+D)を押すと、カーソルがアドレスバーにジャンプし、そこにある文字列が全選択されます。つまり、空のアドレスバーにジャンプするのとは少しだけ動作が異なります。

あわせて読みたい

Googleの背景をChromeでカスタマイズする方法

iPadやiPhoneでも使える! タッチパッド機能付きキーボード「mokibo」

Source:Google

swiper-button-prev
swiper-button-next