連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Adobeに代わる優秀な無料/安価アプリ13選

author David Murphy[原文](訳:春野ユリ)
  • カテゴリー:
  • TOOL
Adobeに代わる優秀な無料/安価アプリ13選
Image: Tattoboo/Shutterstock.com

AdobeのCreative Cloudアプリのコンプリートプランをサブスクすると、かなりお金がかかります。

さまざまなフォーマットで大量のメディアを制作しない限り、(この記事の執筆時点で)月額53ドル(日本では6248 円)も支払うのはニーズの割に高過ぎるかもしれません。

もちろん、単体プランをサブスクすることもできますが、それでも、写真/ビデオ/オーディオ/印刷ページなどを編集するために、一般的な音楽ストリーミングのサブスクよりかなり高い金額を支払うことになります。

さらに、年間プランを途中でキャンセルするとキャンセル料が発生して、思わぬ打撃を受けることになるかもしれません。

「Adobeが嫌い」というわけではなくても、コストが安い/無料、またはAdobeの一部のアプリほどかさばらない代替品を探しているなら、私におまかせください。

たとえば、Photoshopに勝るものはありませんが、このアプリでできることの多くができてしまう安価なツールがたくさんあります。

たまにトリミングや色補正をちょっとするだけなら、グラフィック編集アプリをいろいろそろえる必要はないので、あえて言うと、ここでご紹介する「マイナー」なアプリの方が適しているかもしれません。

このガイドでは、Adobeの代替となるさまざまなアプリを紹介します。

目次

Affinity Photo [Adobe Photoshop]

adobe2
Photo: David Murphy

Affinity Photoは無料ではありませんが、Windows、Mac、iPadOS向けのサブスク不要のグラフィックデザインプログラムで、快適なデザインのインターフェイスと、ほとんどの人のグラフィックニーズに対応する十分な機能を提供してくれます。

デスクトップ版の価格は50ドル(日本では6100円)なのでかなり高い気がしますが、一般的なPhotoshopのサブスクが月額21ドル(日本では2480円)からなので、それほど高くはありません。

ただし、割引があります。この記事の執筆時点で、Serifがアプリの全バージョンに50%割引を適用する特売を実施していています。

ベーシック、中級、または高度なテクニックを要する写真編集やグラフィックデザインをしようとしている人には、かなり魅力的な価格になるでしょう。

無料トライアル:

価格:6100円

プラットフォーム:Windows、Mac、iPadOS

Photopea / SumoPaint [Adobe Photoshop]

Photopea

adobe3
Screenshot: David Murphy

私はPhotopeaが大好きで、ブラウザのブックマークが山ほどある中で高い位置にあります。

Photoshopの完全無料の代替手段として、デスクトップ専用アプリに欠けているものをWebベースのアプリが補い、可能な限り最高のUIと機能を複製します。 すごく良いと言えます。Adobeがまだこの存在を許していることに驚きます。

私は、新しいノートパソコンやデスクトップを使用したり、友人のPCを借りたりする時、真っ先にこのWebサイトにアクセスしますし、グラフィック編集専用アプリを設定しようと思ったことがありません。

私は、毎日Photopeaを使用するわけではありませんが、画像を編集する必要があるときは必ず使用するWebアプリです。

無料トライアル:

価格:無料(月額9ドルのプレミアムサブスクリプション有り)

プラットフォーム:Windows、Mac

Sumopaint

Sumopaint
Screenshot: David Murphy

Webベースの写真エディターであるSumoPaint無料で使用でき、そのUIはPhotoshopの簡略版のような感じです。

不必要なボタン、設定、オプション、その他の頭痛の種となるものをクリックする必要がなく、本当に基本的なことだけが欲しい人には多分ぴったりだと思います。現に、それで困ることは何もありません。

ドライバーだけあればいいときに、スイス製のアーミーナイフを持参する必要はないでしょう。

無料トライアル:

価格:無料(月額9ドルのプレミアムサブスクリプション有り)

プラットフォーム:Windows、Mac

GIMP / Glimpse Image Editor [Adobe Photoshop]

adobe4
Screenshot: David Murphy

私はGIMPという名前は好きではありませんが、記憶する限りでは、「GNU Image Manipulation Program」は何十年もPhotoshopのオープンソースの代替品であり続けています。

Photoshopほど機能が充実しているとは思いませんでしたが、Photopeaが登場する前は、グラフィック編集アプリがインストールされていないシステムで編集を行なう必要がある際、毎回使用するソフトウェアでした。

GIMPはかなり使いやすいですが、アプリの感触をつかむのに少し時間がかかる人もいるかもしれません。しかし、まったくお金を払わずにこのアプリを使用できると思えば許容できますよね。

さらに、GIMPから枝分かれして適度に進化したGlimpseがあります(ただし、この記事の執筆時点ではGIMPアプリの最新版には基づいてはいません)。

GIMPという名前が嫌な人には、Glimpseがぴったりの代替品になります。

無料トライアル:

価格:無料

プラットフォーム:Windows、Mac

Krita [Adobe Illustrator / Photoshop]

adobe5
Screenshot: Krita

私は豆すら描くことができないので、これは私にとってはアプリに分類されません。

でも、私は以前Kritaの使いやすさと、Doodle、アーティスト、プロの絵を描く人向けの包括的な機能セットを高く評価していました他にもそういう人たちがいました)。

Kritaは本物のアーティストによって開発されているので、すべての最新のアップデートと機能は実用的で、完全にオープンソースで無料で使用できます

このアプリの唯一の大きな欠点は、本物のカスタマーサポートがないことです。そのため、問題が発生したり、どうしたらいいかわからないときは、コミュニティフォーラムにアクセスして解決策を見つけなければなりません。

このアプリは、WindowsとMacのデスクトップでのみ利用できます。残念ながら、オープンソースアプリのタブレット版やモバイル版はありません。

無料トライアル:

価格:無料

プラットフォーム:Windows、Mac

Inkscape [Adobe Illustrator]

adobe6
Screenshot: Inkscape

このオープンソースの無料アプリは20年近く前からあり、より高価なAdobe Illustratorの魅力的な代替品として頻繁に言及されています。

InkscapeはそのUIに慣れるために多少努力を要するかもしれませんが、特にIllustratorのようなツールを使い慣れている人には、通常のあらゆるニーズにかなり適しているはずです。

(プロのデザイナーは、Affinity DesignerCorel Drawなどのもう少し堅牢なアプリを使いたいと思うかもしれません。Macを使用している場合、Inkscapeでうまくいかないときは別のアプリを試してみましょう)。

無料トライアル:

価格:無料

プラットフォーム:Windows、Mac

Scribus [Adobe InDesign]

adobe7
Screenshot: David Murphy

これも20年近く前からあるオープンソースの無料アプリです。これは特定のアプリに永続性があることを示すかなり良い兆候です。

このアプリの使い方を習得するために1年も無駄にすることはありません。このアプリを独占的に使用することに決めた途端に、このアプリの開発が止まっていることに気づくはずです。

Scribusは基本的に、InDesignの唯一の無料でオープンソースの代替品です。少なくとも、時間を使う価値はあります。

Affinity Publisherなどの有料アプリも他にありますが、私だったら基本的なレイアウトを決める作業(ページネーション)を始めたばかりの時は、有料アプリに飛びつくことは躊躇します。

同様に、基本的なレイアウトのプロジェクトを仕上げようとしているだけなら、おそらくScribusさえあれば十分です。

Scribusの欠点はAdobe InDesignやQuark Xpressの生ファイルを読み取ることができないところです。.XTGか.IDMLのインポートを使用するとこれを回避できますが、まったく同じにはなりません。

無料トライアル:

価格:無料

プラットフォーム:Windows、Mac

RawTherapee / Darktable [Adobe Lightroom]

adobe8
Screenshot: Darktable

レビューを見ると、Adobe Lightroomのこれら2つの無料(オープンソース)の代替え品のうちどちらが優れているか決めるのは困難です。それなら、両方とも試してみてはどうでしょう?

それぞれのアプリのUIを確認して、膨大な写真ライブラリーを整理し、.RAWファイルの(包括的な)ノンディストラクティブ編集をした後で、これだと思う方を選んでください。

負担が大きすぎると感じ始めたら、ARTを試してみることもできます。これは、RawTherapeeをさらに使いやすくしたバージョンです。

fqmydsuvmhn9quzkh4fr
Screenshot: RawTherapee

私は、デスクトップPCにはDarktableを使用しますが、それは以前使ったことがあるからというだけのことです。

RawTherapeeはほとんど使ったことがないのですが、Darktableの真のライバルとしてネットで大変賞賛されているので、最終的な決定を下す前にぜひ試してみたいと思います。

無料トライアル:

価格:無料

プラットフォーム:Windows、Mac

PDF-XChange Editor [Adobe Acrobat]

adobe9-1
Screenshot: PDF-XChange Editor

ソフトウェア地獄へようこそ。私は、PDFファイルを開いて、編集、記入、署名できる無料ソフトかオープンソースの代替品を見つけなくちゃと思うことが年に1回ぐらいあります。

Adobe Acrobatを使用するとプロセスが非常に簡単になりますが、その便利さには最低でも月額13ドル(日本では1738円)もかかります(ため息)。

Webブラウザ(Macユーザーの場合は便利なプレビューアプリ)でPDFを表示して入力できた方が良いですよね。

もっと機能が欲しいなら、無料版のPDF-XChange Editorを使うのも手です。どの機能を使ってもドキュメントに透かしが入らない限りはですが。

そしてMacでは、私は長い間PDF Expertのファンでした。安価で素晴らしいです。これを使って、Mac、iPhone、iPadでファイルを同期して編集しています。

WebベースのSejdaはまだチェックしていませんが、簡単なドキュメントの編集をしようとしているなら(週に3つしか無料で編集できるドキュメントは週に3つに限られます)、試してみる価値はあります。

Xodoについても同じことが言えます。Xodoは、実際のPDFを編集する以外は何でもできます。また、Windowsアプリもあるので、試してみたい方はどうぞ。

DaVinci Resolve [Adobe Premiere]

adobe10
Screenshot: Blackmagic Design

これは簡単です。Adobe Premiere(「無料」版では有料版にある機能のいくつかをかなり制限しています)と同じくらい強力なビデオ編集ツールが必要なら、DaVinci Resolveをチェックしてみましょう。

もちろん、OliveKdenliveなど、他の無料/オープンソースの代替手段もありますが、DaVinci Resolveは別格です。

機能、UI、安定性などなどまだまだいろいろあります。Adobe Premiereを使いこなせるようになるために人生の貴重な時間を使いたくない人は、DaVinci Resolveを使いこなすスキルをレベルアップするようにしましょう。

正直なところ、ここで取り上げた3つのアプリを比較しているこのRedditスレッドが、一番DaVinci Resolveを賞賛しています。あるユーザーは次のように書いています。

従って、オープンソースでなくてもいいならResolveは常に正しい選択です。

このアプリが無料で提供するパワー、機能、洗練性は一言で言うと驚くべきものです。

「どうしても必要だから」ではなく、「無料のユーザーをここまで厚遇する会社に報いたい」という理由で、(比較的手頃な)スタジオバージョンを購入したくなるほどです。

異議を唱える余地はほとんどありません。

無料トライアル:

価格:無料(299ドルでDaVinci Resolve Studioの永久ライセンス取得可能)

プラットフォーム:Windows、Mac

Audacity [Adobe Audition]

adobe11
Screenshot: Audacity

Audacityは、私が思い出せる限りお気に入りのオーディオ編集アプリです。

私は、次のdeadmau5のトラックを作成したり、映画に音楽をつけるつもりはありません。他にも使えるツールがたくさんあるので、使いたい人はどうぞ。

着信音の作成、YouTube動画につけるナレーションの調整、ポッドキャストの編集などの基本的な編集には、無料のオープンソースのAudacityを使えば間違いありません。

私はAdobe Auditionを気に入ってはいますが、わざわざお金を払ってそのパワーと素敵なUIを手に入れる必要がない時は、Audacityを選びます。

無料トライアル:

価格:無料

プラットフォーム:Windows、Mac

Source: Adobe(1, 2), Laptop, Twitter, Affinity Photo, Photopea, SumoPaint, GIMP, Glimpse Image Editor, Krita, TechRadar, Inkscape, Affinity(1, 2, ) Corel Draw, PCMag, Boxy SVG Editor, Vectr, Scribus, Scribus Wiki, RawTherapee, Darktable, ART, PDF-XChange Editor, PDF Expert, Sejda, Xodo, Microsoft, Blackmagic Design(1, 2), Olive, Kdenlive, Audacity, ardour

swiper-button-prev
swiper-button-next