連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

WORK FAST, LIVE SLOW. 「好き」だけ残して、シンプルに生きる

魔裟斗の信念「何かを得るためには、何かを捨てる必要がある」

author 取材・文: ライフハッカー[日本版]編集部 田中裕康 Photo: 前手秀紀 ヘア&メイク: 晋一朗
魔裟斗の信念「何かを得るためには、何かを捨てる必要がある」

新しく始まった特集『「好き」だけ残して、シンプルに生きる』は、ライフハッカー[日本版]の新コンセプト「WORK FAST, LIVE SLOW.」を体現するようなキーパーソンのインタビュー集です。

第3回は、元格闘家で日本人初のK-1世界王者になった魔裟斗さんのインタビュー。ライフハッカーとの異色のコラボが実現しました。今回は前編です(後編はこちら)。


魔裟斗

1979年生まれ。22歳でK-1に参戦し、2003年、日本人初のK-1世界王者となる。2008年にも世界王者に返り咲き、2009年に現役を引退。その後は解説者やタレントとして活躍。一男二女の父でもあり、妻は女優の矢沢心。妻との共著に『夫婦で歩んだ不妊治療』(日経BP)がある。

人生で何かを得ようと思うのなら、何かを捨てなくちゃいけない。

それが、僕が格闘家人生の中で学んだ教訓であり、どんな人にも共通する法則だと思っています。

何を得て、何を捨てるのか? それは自分がもっとも欲しているものは何かということでしょう。求めるものが大きければ大きいほど、捨てるものも大きくなります。

僕は20歳のとき、「俺は絶対にチャンピオンになる」と決めました。それは覚悟でもあったし、自信でもあったと思います。

夢とか、そういうあやふやなものじゃなく、「この道で成功する」と自分で決めたんです

トレーニングも最初は大嫌いだったし、痛い思いも苦しい思いも、本当はしたくない。だけど、自分で決めたことだから歯をくいしばって頑張れたし、すべてをそこにかけました。血のにじむような努力を重ね続けたんです。

キックボクシングの団体からK-1に移籍するとき、さまざまなしがらみがあって2年間も試合に出られない時期がありました。トレーニングをするジムすらなく、何もすることがなかった。

苦しかった。正直、もうあきらめて地元に帰ろうかとも思いました。

けれど、自分で「チャンピオンになる」と決めたのだから、それだけはあきらめてはいけない。だから、そのときやれることだけに集中したんです。それがランニングとシャドーボクシングでした。それしかできることがなかったから。

でも、それをひたすら積み重ねた結果、チャンピオンになることができた。だからこそ、今の自分がある。

努力をしたからといって必ず報われるとは限らないけれど、努力せずに成功することは絶対にない。特に30歳くらいまでの若いうちは、キツイことも苦しいこともあるだろうけど、仕事に全身全霊で取り組んだほうがいいと思います。

それが、その後の人生を大きく左右しますから。

コロナだからこそできた挑戦もある

01-1

昨年から新型コロナウイルスが世界的に流行して、外出もできない時期が続きました。でも、これも同じことです。コロナとか自分ではどうしようもできない環境の変化を嘆く暇があったら、今できることに集中すればいい

非常事態宣言中はなかなかジムにもいけませんでしたが、ランニングはできたし、公園の鉄棒でけん垂したりはできました。

コロナで格闘技解説の仕事や講演活動などはことごとくキャンセルされましたが、「何か違うことはできないかな?」と思って、YouTubeチャンネルを開設することにしました。

ほかにも、自分たちでトレーニングウェアをデザインして作ってみたり、子どもたちとたくさん遊んだり。コロナ禍でもやれることはたくさんある。

むしろ、アフターコロナの時代になったからこそできたともいえます。コロナが起きなければ、YouTubeを始めようなんて考えもしなかったでしょうね。

物事は、捉え方次第でいくらでも前向きになれる。僕はそう信じて、今を一生懸命生きています。だから、人生楽しいですよ

格闘家を引退して、抜け殻になった自分を支えたのは「家族」

格闘家を引退してからは、抜け殻のようになった時期がありました。格闘技に自分のすべてを打ち込んでいたので、それがなくなった途端、心にぽっかりと大きな穴が開いたんです。

あれ? 俺はなんでまだ生きているんだっけ? そう思ったほどです。

でも、妻との間に子どもが生まれ、幸いなことに3人の子宝に恵まれました。若いときは子どもなんて全然好きではなかったんですが、生まれてみると、可愛くてね。

丸くなったなんて言われますが、今は家族と過ごす時間が一番幸せを感じるときです。コロナでなかなか行きにくくなってしまいましたが、家族で旅行に行くのが楽しくて、楽しくて。子どもと公園に行ったりもするし、幼稚園の送り迎えもしますよ。

子どもが成長する中で、子ども同士の付き合いがあると親同士も話すようになりますよね。長女が公園で、独りぼっちで友達の輪に入っていけなかったとき、「俺が子どもの親と仲良くなれば子ども同士も話しやすくなるんじゃないか?」と思って、パパたちに話しかけてみたりもしました。

そういうのは全然得意なほうじゃないんですが、子どものため、と思ったらできてしまう。現役時代と変わったといえば変わったのでしょう。

でも、コロナに限らず、自分を取り巻く環境というのは変化し続けるものです。それに対して、「俺は俺だから」と変わらずにいることは簡単だけど、果たしてそれでいいのか?

変なプライドなんて持たずに、自分から飛び込んでみたり、やってみたりしたら、案外できるようになるものです。

要は慣れです。苦しいトレーニングも、ずっと続けていたら習慣になって、やるのが当たり前になっていって、逆にやらないと気持ち悪く感じるようになりました。

僕は今でも週5回のトレーニングを欠かさないし、身体は現役時代より引き締まっているほどです。

それは、「常にカッコよくありたい」という自分の願望をかなえるためだけど、もうやめろと言われてもやめられないほど生活の一部になっている。僕にとって、トレーニングはごはんを食べることと同じ。するのが当たり前の「日常」になっているんです。

習慣作りのコツは「ゴールを決めて、あとは何が何でも続ける」こと

02-5

新しい習慣を始めてみたけれど続かない、挫折してしまうという話はよく聞きます。この問題に対する僕の解決策は一つです。「何が何でも続ける」こと(笑)。

もう少し補足すると、ゴールを明確に描いて、常に意識することでしょうか。チャンピオンになるとか、体脂肪率10%の引き締まった体を手に入れる、とか。

目標を定めて、それを絶対に達成すると自分に誓う。意志を貫き通す

精神論に聞こえるかもしれませんが、それくらいの思いで目標達成を目指してほしいと思います。


▼後編はこちら

「好きなことを仕事にする」が成功への最短ルート

あわせて読みたい

楽しいばかりじゃない。それでも「やりたいことだけやる」

自分を幸せにするには「真剣に『好き』と向き合うこと」

swiper-button-prev
swiper-button-next