連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ストレスや加齢が原因になる? 仕事効率を下げてしまう症状とは

author 小暮ひさのり

Sponsored By 第一三共ヘルスケア株式会社

ストレスや加齢が原因になる? 仕事効率を下げてしまう症状とは
Image: Gettyimages

2021年、生活や仕事へ大きな変化が訪れたニューノーマルな時代。その変化はあまりにも急で、まるで濁流のよう。

日々の目まぐるしさにあてられて、ふと気づけば胸のあたりに違和感や胸がムカムカすると感じることはありませんか。実はこの胸の不快感は、「ストレス」によって引き起こされる症状でもあることをご存知でしょうか。

しかし、ひとことでストレスが原因かも? と聞いても、程度は人それぞれでイメージしにくいのも事実。「なんとなく胸がムカムカとする」「胃のあたりが痛む…」といった、漠然とした不調を感じている人も多いはずです。

そこで、ここではより具体的に課題と解決策を探るために、『たとえばこんな』シチュエーションを用意しました。とあるビジネスパーソン「Aさん」に登場してもらいましょう。

リモートワークする男性
Image: Gettyimages

Aさんは、年度末から忙しく働き、チームの体制が変わったり、業務が変わったりと、変化の多い季節を乗り越えてきた30代後半の中間管理職。昨年から続く、テレワークと出社を組み合わせた勤務スタイルで、生活リズムもなかなか定まらず、漠然としたストレスを抱えています。

働く以上、ある程度のストレスはやむなしとあきらめていた彼ですが、最近はストレス由来と思われる体の不調に悩んでいるようです。

Aさんがかかえる不調の正体、そして解決策を探ってみましょう。

コロナ禍で抱える「ストレス」、 今増えている不快な症状は?

横断歩道を渡る
Image: Gettyimages

30代後半といえば働き盛り。そんなAさんはどんな症状・ストレスを抱えているのでしょうか? まずは、彼の声を聞いてみましょう。

<Aさんが抱えるモヤモヤ>

『最近になって気になっているのは胃の症状です。暴飲暴食をしたわけじゃないのに、胸やけや胃酸が上がってくる感じがしたり…。何となく気持ち悪くてなかなか寝付けなかったりもします。

こういう日が続くと心身のコンディションが乱れて、モチベーションが下がり、仕事もはかどりません。結果、また胃のあたりがムカムカするという、悪循環を抱えてしまい、ストレスも溜まる一方で…』

仕事ができないほどの体調不良ではないにせよ、業務効率を削ぐ症状を抱えて困っているよう。もともとのストレスに加えて、痛みや体調不良はさらなるストレスを生みます。それにより、仕事へのモチベーションや効率が落ちてしまうのもうなずけます。

では、このじわじわストレスになっているAさんの症状の正体は、一体なんなのでしょうか?

ストレスや加齢が原因になる? 胸やけの正体とは

後ろ姿男性
Image: Gettyimages

この症状は何なのだろう? と、問題解決のために調べてみたAさん。そこで見つけたのがこちら。

胸やけで夜ぐっすり眠れない

胸がじりじり焼けるように熱い

朝起きると「ウッ」と酸っぱいものが込み上げてくる

食べ物がのどにつまった感じがする

ガスター10ウェブサイト」より引用

Aさんの悩みはまさに、これでした。

<Aさんが感じている体の不調>

『自分が抱える症状にピッタリと当てはまります。

どうやらこれは胃酸逆流による胸やけで、食道の粘膜が刺激されて炎症を起こしているようなのです。私と同世代の男性に多い症状で、主な原因は「加齢」や「ストレス」「飲酒」「喫煙」などと、身に覚えがあることばかり…。

目下の悩みは、日常的なストレスです。

・仕事や家族間でのストレス

・出勤/テレワーク、刻々と変化する環境で働くストレス

・将来のお金や住宅ローンへの漠然とした不安

などを抱えながら過ごしているし…。それらが組み合わさって、胸やけ症状が現れていたのかもしれません。

加齢によって胃酸の逆流を防ぐ胃の筋肉の力も弱くなるため症状も出やすくなるというのだから、日々の体調管理にもっと気を配らなくてはとあらためて感じました』

つまり、Aさんの場合は、仕事や家族や生活など複合的なストレスが蓄積し、胃酸逆流による胸やけという症状で現れたのでしょう。

昨今の働き方の変化。具体的にはテレワークなどによって、通勤時間が減って楽になったという声も聞こえてきますが、結果として食生活や生活リズムの乱れが生じたり、業務外でのコミュニケーションがとりにくくなったり…など、これまでになかった新たなストレスが発生。

飲み会やレジャーなどで発散する機会も減り、気づかぬうちに溜め込んでしまう傾向があるのも事実です。このように働きざかりのビジネスパーソンを取り巻く環境が、一層ストレスフルで複雑になっていることが背景にあるのかもしれません。

不快な胸やけに、すぐ対処できる手段を用意する

さらに胸やけくらいなら、次第に治っていくだろう? と見過ごしがち。

しかし、胃酸の逆流が慢性化すると食道が傷つく恐れもあります。健康な心身があってこそ、仕事も生活も楽しめるのだからきちんと向き合ってケアしたいもの。困ったときの対応手段は用意しておくといいでしょう。

<コンディションを整えたいAさん>

『最近は、出社と在宅勤務を組み合わせたハイブリッド勤務中です。相手に見えにくい環境では、仕事のやりくりも自分次第。ときには一人で業務を抱えこみすぎて長時間勤務になってしまうこともあります。

仕事も体調も自分でコントロールする必要があるからこそ、セルフケアは重要だと考えました。体調不良で仕事効率を下げてしまう悪循環はすぐに断ち切りたい!

ガスター10
Photo: 中山実華

こう思い立ったAさんが手にしたのが、H2ブロッカー胃腸薬ガスター10(第1類医薬品)新包装の9錠・9包入り。

水なしでも飲める速溶錠タイプと、スッと溶けて効く散剤タイプの2種類。出すぎる胃酸をコントロールするので、胃酸逆流による胸やけなどの胃酸由来の症状を抑えてくれます。

ポイントは、速溶錠タイプ・散剤タイプどちらもメントール(ハッカ)のような味で、飲んですぐに清涼感が得られること。

頓服なので食前・食後関係なく、空腹時や就寝前など胸やけ・胃痛などの症状が現れたときにすぐに対処できます。また、食事の消化に必要な胃酸は止めないため、服用後にいつもどおり食事が楽しめます。

両剤形とも飲みやすく、1回の服用で8時間効果が持続する(服用回数は1日2回まで)のもガスター10を選ぶポイント。

在宅中はもちろん、外出中でも携帯しやすい包装なので、ビジネスシーンなどで症状が出たときにも胃の不快な症状を改善してくれるはずです。

ガスター10
左 「ガスター10 S錠」9錠/右「ガスター10<散>」9包 (ともに第1類医薬品)
Photo: 中山実華

不調を順調に変えれば、時間と心にゆとりが生まれる

積み木をする親子
Image: Gettyimages

ストレスなどから胸やけを感じていたら。まずは「ガスター10」を備えるのもひとつの手段。

こうして、Aさんは胸やけへの対策を講じることにしました。それまで感じていた胸やけによる寝付きの悪さや睡眠不足も解消され、むかつきからの胸のヒリヒリ感やゲップも改善されるはずです。

このように日々の不調に対処することで余裕ができた時間は、趣味や勉強の自己投資に使ったり、家族とリラックスして過ごしたり。ゆとりのある生活をもっと楽しめるようになるでしょう。

…さて、ここでは「Aさん」に今どきのビジネスパーソンのペルソナとして登場してもらいました。しかし、この記事を読む皆さんの中にも「Aさんは私だ」と自分の姿を投影した方も多いと思います。

外を歩く
Image: Gettyimages

そう、現代社会には数多くのAさんが居るのです。

コロナ禍において、求められる働き方、ライフスタイルは刻々と変化し、わたしたちには柔軟な対応が求められています。

そんな中で、仕事にがむしゃらに打ち込むだけでなく、ストレスなどによる不調を上手くコントロールする方法を見つけることも大切です。

心身のコンディション維持は、なによりも仕事や生活を楽しむための第一歩。必要不可欠なタスクとして考えてみましょう。

もしAさんのように胃酸逆流による胸やけや胃の不調を感じているなら、「ガスター10」の出番。上手なセルフケアで仕事も生活もより順調に、前向きに過ごせるようになるのではないでしょうか。

Source: ガスター10(第一三共ヘルスケア)

swiper-button-prev
swiper-button-next