連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

スマホを触る時間が劇的に減った究極の方法

author 訳:的野裕子
  • カテゴリー:
  • TOOL
スマホを触る時間が劇的に減った究極の方法
Image: Getty Images

スマホを見て過ごす時間は年々増え、仕事だけでなく、家族や他の生活からも、私の気をそらします。

私は、スマホとの関係を変えたい、スマホを見る時間を減らし、もっと自分の人生を生きたいと思いました。

しかし、簡単ではありませんでした。何年もの間、あらゆることを試しました。

今回は、うまくいかなかったことと、最終的にうまくいったことをお教えします。

意思の力は当てにならない

私が最初に試したのは、昔ながらの意思の力に頼るやり方です。これは、まったくうまくいきませんでした。

私の場合、「ちょっとがんばってみよう」と思うものは、結局うまくいきません。

ここ何年も後悔していましたが、私のせいではありません。

地球上で一番賢い人たちが、朝から晩まで働いて、できるだけ習慣的に使えるようスマホのアプリやWebサイトを開発しているのです。

私の意思の力でそれに対抗しようとするのは、ブレイクダンスの大会にセリーヌ・ディオンのアルバムを持ってくるようなもの、要するにお門違いです。

スマホを使いにくくしてもダメ

数年前、私はレンガ位の大きさの木をスマホに貼り付けて、スマホを使いにくくしてみました。

これは、特に仕事中の使用頻度を減らすのには効果的でした。スマホを手に取るのは全身運動になるので、手に取る頻度が減ります。

本当に不便だったので効果があったのです。問題は、本当に不便だったことです。

仕事以外の時は、私は外に出かけるのが好きで、そういう時はスマホが使えると便利です。

つまり、必然的に木のブロックをスマホから外すことになり、家に帰ったら、またスマホを見るようになっていました。

効果はあっても問題を解決しなかったこと

ここ数年で試したことで、効果はあったけれど、問題の解決にはならなかったこともあります。次のようなことです。

スマホの画面表示をモノクロにする

これは、スマホをあまり見たくなくなるので、スマホを使う頻度が減りました。

アプリのデザイナーは、何かをタップさせるのに色が効果的だと分かっているので、モノクロではその効果がまったくなくなります。それでも、スマホを手に取らなくはなりませんでした。

夜間はWiFiをオフにする

ルーターをタイマーに接続して、毎日午後8時〜午前5時まで電源を落としていました。

夜間にゲームや動画を見ることは確実になくなりましたが、回避方法としてスマホのデータ通信が常にありました。

気が散るアプリを削除する

スマホでTwitterやFacebookを見る必要はないので、それらのアプリはスマホから削除しました。

問題は、そのようなSNSはブラウザからも開けたことです。

最終的に問題を解決したのはブラウザのブロック

このように、気が散るアプリの削除をしても、ブラウザでそのようなSNSにアクセスしてしまうだけでした。

ですから、スマホで一番何とかしなければならないアプリはブラウザでした。それで、私はブラウザをブロックしました。

そう、私はスマホでブラウザを使うことができないのです。この方法は素晴らしいです。

iPhoneのペアレンタルコントロールを使いました。ブラウザを完全にブロックし、解除するパスワードは妻だけが知っています。

この方法では、社会的な体面が鍵です。パスワードを妻に聞く恥ずかしさと面倒くささで、ブラウザを使わなくなるだけでなく、スマホも使わなくなります。

この方法は、誰もがやるべきだとは思いませんが、最終的に私には効果的で、今は集中力が格段に上がっています。仕事も家族との生活も、前より良くなりました。

みなさんにも、自分とテクノロジーの関係について考え、やるだけの価値があると判断したら、自分でコントロールすることをおすすめします。

あわせて読みたい

iOS 14.5が公式リリース。iPhoneの新機能を早速チェックしよう

限りなくスマホ依存から脱却する8つのステップ


Originally published by Fast Company [原文

Copyright © 2021 Mansueto Ventures LLC.

swiper-button-prev
swiper-button-next