連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

コロナ太りの対策に! 糖質制限とも相性が良いと噂の中鎖脂肪酸オイルを試してみた

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
コロナ太りの対策に! 糖質制限とも相性が良いと噂の中鎖脂肪酸オイルを試してみた
Photo: junior

在宅ワークなどで運動量が減り、いわゆるコロナ太りした方も多いですよね。

対策としてエクササイズやランニングなどに取り組むのも重要ですが、摂取カロリーを上手くコントロールするのもダイエット成功には欠かせません。そんな中、体内に溜まりにくく消化されやすい性質でダイエットをサポートしてくれるMCT(Medium Chain Triglyceride / 中鎖脂肪酸)オイルを皆さんご存知でしょうか?

姉妹サイトmachi-yaにも、満腹感持続力を高くできる中鎖脂肪酸ラウリンの含有量が高い「Laurin」という製品が登場しました。

今回、サンプルをいただけたのでMCTオイル初体験の筆者の感想を皆さんにお届けします。

無味無臭のサラサラオイル

DSCF6260
Photo: junior

「Laulin」の成分はココナッツ(ヤシの実)が100%となっており、見た目は無色透明のオイル。

滑
Photo: junior

粘度は低め。感覚的には皆さんもお馴染みのオリーブオイルやごま油などよりもサラッとしていると思います。

試しにそのまま舐めてみましたが、油っぽさは見た目程度にあるもののほぼ無味無臭なため、食材やドリンクに入れても邪魔しにくそうな印象でした。

なぜMCTオイルがいいのか?

DSCF6236
Photo: junior

改めて中鎖脂肪酸がダイエットをサポートしてくれる理由を整理しておきます。

普段使うことが多いサラダ油などは長鎖脂肪酸が多く、小腸で吸収されたあとに脂肪組織や筋肉に運ばれた後に肝臓で貯蔵されるそう。

一方の中鎖脂肪酸は水になじみやすく、小腸で吸収された後は直接肝臓でエネルギーとして分解される性質を持っているようです。

cfcc2766cd0ae99f430a2cd57905ce5d
Image: wassion345

また中鎖脂肪酸にもいくつか幅があり、炭素(C)の多さによって持続力が異なるんだとか。

今回の「Laurin」には特許技術によって炭素数の多いラウリン酸の含有量が30%もあるので、腹持ち感がより長続きする特長があるんだそうです。

いろんな食材にかける、入れる

DSCF6240
Photo: junior

まずは手軽にランチのサラダに一回し。

油分が加わるので気持ちまろやかな口当たりにはなりますが、味には影響を与えないので美味しく完食することができましたよ。

DSCF6252
Photo: junior

合わせてスムージーにも投入。

水分と油なのでしっかり撹拌しないと表面に浮いてしまいますが、こちらもドリンクそのものの味には変化がないので飲みやすかったです。

バターコーヒーはおすすめかも

DSCF6263
Photo: junior

今回試したなかで、筆者的にも気に入ったのが「バターコーヒー」でした。

DSCF6264
Photo: junior

無塩グラスフェッドバターと「Laurin」を投入し、

混
Photo: junior

しっかりと撹拌するのがポイントです。

DSCF6267
Photo: junior

バターとオイルを入れた油まみれのコーヒーなんて美味しくなさそう、と飲む前は思っていましたがしっかり混ぜてあげることで、カフェラテに近いクリーミーなコーヒーになっていました!

6259
Photo: junior

その日の過ごし方で変化すると思いますが、撮影した日はお腹の減りが緩やかに感じたので、朝食時や間食したくなったときには腹持ちを持続させるいい方法かもしれません。


ラウリン酸の含有量が高く、腹持ちが持続するMCTオイル「Laurin」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにて先行キャンペーンを実施中です。

執筆時点では2本セットが3,830円(税・送料込)からオーダー可能でしたので、気になった方は下のリンクからチェックしてみてください!

>> ダイエットの助けになるMCTオイル「Laurin」のオーダーはこちら

Photo: junior

Image: wassion345

Source: machi-ya

junior

swiper-button-prev
swiper-button-next