連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

伝説の投資家ウォーレン・バフェットでさえ、52年かかった学びとは?

author 訳:ぬえよしこ
伝説の投資家ウォーレン・バフェットでさえ、52年かかった学びとは?
image via Shutterstock

伝説の投資家として知られるウォーレン・バフェット。彼の重要な教訓が含まれた珍しい話を、私が発表した無料の電子書籍『Warren Buffett Predicts the Future』から紹介します。

コカ・コーラを愛飲するも投資しなかったバフェット

それは、コカ・コーラを大量に飲むというバフェットの習慣と、それに関して、彼が気づくのに52年もかかったというある洞察についての話です。

もっと早く気づいていたら、とてつもない大金を稼いでいただろうと彼は述べています。

まず、バフェットはコカ・コーラを愛飲しています。2015年に『フォーチュン』誌に「毎日、少なくとも1.7リットルのコーラを飲んでいます。朝食時には350ml飲みますね」と語っています。

多少誇張はあるかもしれませんが、彼は1991年にバークシャー・ハサウェイの株主に宛てた手紙の中でも、「毎日、チェリーコークを5缶おいしく飲んでいます」と話しています。

90歳のバフェットの食生活を批判するつもりはありません。では、彼が気づくのに52年かかったこととは何だったのでしょうか?

1989年に、彼が株主に宛てた手紙からの引用です。

初めてコカコーラを飲んだのは、1935年か1936年だったと思います。家族が経営していたバフェット&サンの食料品店で、1936年に6本25セントで買っていたのは確かです。それを、1本5セントで近所に売ってました。

この利益率の高い行商で、消費者を引きつけるコカ・コーラの並外れた魅力と、製品の商業的な可能性をまさに目の当たりにしたのです。

これ以後、52年間コーラが世界に進出しつつある間、コーラのそのような特性に注目し続けました。しかし、コカ・コーラの株は1株も買わないように注意して避けていました。(中略)1988年の夏になって、ようやく目に映っているものとの関連性を脳が理解したのです。

この半世紀の間、コカ・コーラの業績は良い年も悪い年もありました。

しかし、バフェットはコカ・コーラの株は長期的な投資にはふさわしかっただろうと述べ、「ひらめいていたなら、1936年に、食料品店を売って、収益のすべてをコカ・コーラの株につぎ込むようにと祖父を説得していただろうに」

代わりに、バフェットは何十年にもわたって「路面鉄道会社、風車メーカー、無煙炭生産者、繊維事業、トレーディングスタンプ発行者のような企業」に投資してきました。

現在では、バークシャー・ハサウェイはコカ・コーラの4億株を所有しており、これは同社の9.3%に相当します。株主に当てた直近の手紙によると、その時点で約219億ドルの価値があるそうです。

自分の見ているものの本質を捉える力

この話を単なる逸話として捉えることもできます。しかし、バフェットが指摘したように、もっと広く適用できる教訓があります。彼は、19世紀の超絶主義者であり哲学者であるヘンリー・デイヴィッド・ソローの引用を使って、これを印象深く説明しています。

そのソローの言葉は、「大切なのは、何に目を向けるかということではなく、そこに何を見るかということです

バフェットのように投資に関わっていなくても、自分の仕事や人生においてこれがどんな意味を持つかは、皆さんおわかりでしょう。認識する訓練ができているなら、大きな課題のシンプルな答えが自分の目の前にあるのに気づくことはしばしばあります。たとえば、

•プロフェッショナルとして成功するために、活用方法を考えずに開発したスキルがあるが、それによって自分が差別化されている。

•副業だと思っていた事業が、主なビジネスになっている。

•社員をある職務のために雇ったが、その人には当初予想していたよりもずっと価値のある仕事をすることが証明された。

ちなみに、このストーリーには後日談があります。コカ・コーラを子どもの頃に売り、コカ・コーラ社を賞賛し、最終的には大消費者になったにもかかわらず、バフェットはずっとペプシ派だったのです。

彼の息子の子ども時代の友人は、バフェットのニックネームが「ペプシウォーレン」だったことを覚えています。

ブランドを鞍替えしたのは、オマハでの子ども時代の隣人、ドン・キーオの影響でした。キーオは、コカ・コーラの社長兼CEOになった人です。そして、彼は、公に発売される前にチェリーコークを1ケース、バフェットに送ったのです。

これは効果てきめんでした。

バフェットは、1986年3月4日にこう書いています。

「別のソフトドリンクへの48年間の忠誠の後、会長はこれまでにない行動の柔軟性を持って、新発売のチェリーコークへ心変わりしました。今後は、コカ・コーラがバークシャー・ハサウェイ年次総会の公式ドリンクになります」

これは、コカ・コーラへの大投資を始める2年前のことでした。

あわせて読みたい

しゃべるのが苦手な人が人前でスラスラ話せるようになるコツ

Googleカレンダーを最強のタスク管理ツールにする方法

Source: WarrenBuffetCarrd, Fortune

Originally published by Inc. [原文

Copyright © 2021 Mansueto Ventures LLC.

swiper-button-prev
swiper-button-next