連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Windows 10の動作速度を改善するベストな方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
Windows 10の動作速度を改善するベストな方法
Image: Getty Images

PCをクリーンアップしないでいると、いずれディスクの容量が不足しているという警告が表示され、PCの速度が低下していることに気づくことになります。

ここでは、Windows10のパソコンを正常に戻す方法をご紹介します。すぐできるのが、クリーンアップです。

ステップ1:一時ファイルを消去する

Windows 10には、ディスクから古い一時ファイルを消去するツールが2つ搭載されています。

この2つのツールを使うことが、Windows10のクリーンアップの第一歩です。

ディスクのクリーンアップ

昔ながらのインターフェースが気にならないなら、従来のディスククリーンアップツールでクリーニング作業を済ませることができます。

スタート」メニューに「ディスククリーンアップ」と入力し、クリーンアップしたいディスクを選択すると、そのツールにアクセスできます。

しばらくすると、Windowsがクリーンアップできる不要なファイルのリストが表示されます。

ユーザーが管理者であることが前提ですが、「システムファイルのクリーンアップ」ボタンをクリックして、さらに多くの種類のデータを再度スキャンしましょう。

clean2
Image: MakeUseOf

いくつかの例外を除いて、ここにあるほとんどすべてのカテゴリーのデータを安心して削除しましょう。

クリーニングするときの注意点

ただし、古いバージョンのWindows10では、「ダウンロード」に注意してください。これをクリーニングすると、そのフォルダー内のすべてが削除されます。

また、ごみ箱から何も復元する必要がないことがはっきりするまで、「ごみ箱」のクリーニングは避けたほうがいいかもしれません。

最近Windows10の新しい主流バージョンに更新した場合は、「以前のWindowsインストール」のエントリーが表示されます。

Windowsは、古いファイルを10日間保持して、ユーザーが必要なら古いバージョンにすぐに戻れるようになっていますが、「以前のWindowsインストール」を削除すると、その古いバージョンのファイルが削除されてしまいます。

また、「Windows ESDインストールファイル」オプションは、「設定」からPCをリセットするために使用されるので、削除しないでください。

ディスククリーンアップで削除できる具体的なアイテムの詳細については、こちらの記事をチェックしてみてください。

ストレージセンサーを使う

ストレージセンサー(Storage Sense)」を使用すると、ディスク容量が少なくなったときはもちろん、今すぐにでも自動的にクリーンアップが可能。

Windows 10には、これと同じ機能の多くが含まれていて、より優れたインターフェイスを備えており、「設定」→「システム」→「ストレージ」でアクセスできます。

これらのオプションは、「ストレージセンサーの設定」か「今すぐ実行」をクリックして変更可能。

clean3
Image: MakeUseOf

PCのスペースを使用しているもののリストの中にある「一時ファイル」をクリックすると、ディスククリーンアップと同じ種類のデータを削除できます。

より多くのカテゴリーを表示する」を選択すると、スペースをあまり使用していないデータの種類に関する詳細情報が提供されます。

ステップ2:容量の大きいファイルを削除する

ここまでで、不要なファイルを削除しました。

Windows 10をクリーンアップする次のステップは、PCの多くのスペースを占める古いデータを見つけることです。

この作業を楽にするために、TreeSize Freeをダウンロードしましょう。これで、ストレージがスキャンされ、容量が最も大きいファイルがどこにあるかがわかります。

インストールしたら、スタートメニューでTreeSizeを検索し、(「管理者」)リンクを使用してTreeSizeを起動すると、あらゆるところをスキャンできます。

左上の「ディレクトリの選択」を選択し、メインストレージディスクを選択すると、スキャンを開始できます。

clean4
Image: MakeUseOf

しばらくすると、PCのストレージの内訳が視覚的に表示され、容量が大きいファイルが上の方に表示されます。任意のフォルダーのドロップダウン矢印をクリックして、1レベル下に移動しましょう。

容量が大きいフォルダーは、おそらく「ユーザー」、「Windows」、「プログラムファイル」(または「プログラムファイル(x86)」)でしょう。

Windows」ディレクトリでは問題を起こさずにできることはあまりないので、他のディレクトリを見てください。

容量の大きいプログラムをアンインストールする

Program Files」(および/または64ビットWindowsの「Program Files(x86)」)の下に、インストールしたほとんどのアプリのファイルがあります。

その中で使用しなくなったものがあれば、「設定」→「アプリ」→「アプリと機能」にと進み、アンインストールしてください。

clean5
Image: MakeUseOf

ユーザーフォルダーから容量の大きいファイルを排除する

スペースを大量に消費するファイルの大部分は、「ユーザー」の下のアカウントフォルダーにある可能性があります。

これは、ドキュメント、写真、ビデオなどです。

多くのアプリが情報や設定を保存する「AppData」フォルダーでは、多くのスペースを占めているかもしれません。たとえば、ChromeとSpotifyのキャッシュが、ここで数ギガバイトを占める可能性があります。

これらのファイルを見て、簡単に対処できそうなものを見つけてください。もう使わなくなったファイルを削除したり、一部のデータを外付けハードドライブに移動したりすることができます。

Dropboxやその他のクラウドストレージにたくさんのファイルがある場合は、それらの設定パネルを使用して、不要なファイルの同期を解除しましょう

Webインターフェイスからいつでもアクセスできます。

TreeSizeにWinSxSなどの巨大なファイルが表示される場合があります。この問題が発生した場合は、こちらの記事を参考にしてください。

ステップ3:Windows 10のブロートウェアをクリーンアップする

ほとんどの市販のPCには、製造元のブロートウェアが搭載されています。

このブロートウェアは、PCのスペースを浪費し、すでにWindowsにある機能と重複する機能を搭載しているので意味がありません。

さらに、Windows 10自体に、多分使用することがないジャンクアプリがいくつも含まれています。

これまで、時間を取ってシステムからブロートウェアを削除していないなら、是非やってください。

これは、Windows10のクリーンアップには重要です。やり方については、こちらの記事を参考にしてください。

clean6
Image: MakeUseOf

ステップ4:デスクトップを整理整頓する

PCをクリーンアップしても、デスクトップがごちゃごちゃしていると混乱を招き、作業効率が低くなる可能性があります。

デスクトップをクリーンな状態に「リセット」して、きれいにする必要があります。そのためには、まず、デスクトップから別の場所にすべてのファイルを移動しましょう。

次に、デスクトップ上で常に必要なファイルにアクセスするショートカットを作成してみましょう。

【3分でわかる動画】溜まるデジタルデータを「こんまり®メソッド」で片づける方法

必要ならWindows10をリフレッシュする

自分のPCは、Windows 10をクリーンアップする労力を費やしたくないほどごちゃごちゃだと感じる人もいるでしょう。

その場合、ビルトインのオプションを使用して、Windowsの新しいコピーを再インストールできます。

リカバリー」設定にある「このPCをリセット」オプションのことはご存知かもしれません。

ただし、これを特定のオプションと一緒に使用すると、プレインストールされたメーカーのブロートウェアを含め、PCを買ったばかりの状態に復元してしまいます。

そのため、別の方法を使って、これを回避しましょう。

clean7
Image: MakeUseOf

これを使用するには、「リカバリー」メニューにある同じ「開始」ボタンを押します。

ファイルを保持する」を選択し、ローカルでダウンロードするか再インストールするか選択し、設定を選択してから、「プレインストールされたアプリを復元する」で「いいえ」が選択されていることを確認しましょう。

これは、もっと古いWindows10バージョンのWindowsセキュリティアプリの「デバイスのパフォーマンスと状態」セクションにある「フレッシュスタート」オプションと同等です。

Windows 10を再インストールして最新バージョンに更新し、インストールされているすべてのアプリを削除します。個人ファイルと「一部のWindows設定」だけが保持されます。

Windowsはそれらを安全に保つことを約束しているものの、何か問題が発生した場合に備えて、これを行う前に必ずファイルをバックアップしてください。

また、更新後にソフトウェアを再アクティブ化するために必要なライセンスキーをメモしておきましょう。

すべてのプログラムを手動で再インストールする必要があると、結構時間がかかります。

しかし、PCがごちゃごちゃしているなら、クリーンなシステムを手に入れるために、それだけの時間を費やす価値はありそうです。

偽物のクリーニングアプリに要注意

Windows 10のクリーンアップするときは、ダウンロードするソフトウェアに注意してください。

この記事でご紹介したツールはどれもPCをクリーンアップする合法的な方法ですが、ネットではまったく価値のない詐欺的な「PCクリーナー」が散見されます(上記のビデオを参照してください)。

こうしたツールは、山ほど「問題」を見つける「無料スキャン」を提供しますが、これはPC上のすべてのCookieを「プライバシーリスク」として数えているので、馬鹿げています。

そして、実際に何でも「クリーンアップ」するために、かなりの金額を払うことを要求します。

このような無意味なものに煩わせられないでください。

この記事でご紹介したツールは、不要なファイルをクリーンアップするのに十分なはずです。

さらに多くのことをする必要があると感じるときは、Windowsのクリーニングに関する究極のチェックリストを確認してください。

PCの定期的なクリーンアップを心がける

これで、Windows 10で容量が大きくて不要なファイルをクリーンアップする主要な手順がわかったと思います。

ここでご紹介した方法は、PCのかなりのスペースをクリーンアップして、フレッシュな感じにしてくれるはずです。ときどきこのようにクリーンアップすると、ディスクの容量不足の警告が出る心配はなくなります。

PCのメンテナンスはやり過ぎると害が出ることがあるので、注意しましょう。

あわせて読みたい

OneNoteで仕事を効率化する8つの便利機能

Windows PCのメンテの間違い5つ


Source: TreeSize Free

Original Article: The Best Way to Clean Windows 10: A Step-by-Step Guide by MakeUseOf

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next