連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

小さく畳める水切りラックがあれば、キッチンスペースを有効活用できる

roomie

author Qurumu
  • カテゴリー:
  • TOOL
小さく畳める水切りラックがあれば、キッチンスペースを有効活用できる
Image: Amazon.co.jp

ROOMIEからの転載

水切りラックはキッチンで食器などを洗った際、シンク周りをスッキリさせるのに欠かせないアイテムですよね。

しかし、材質タイプはさまざまで、どれを買えばいいか迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、小さく畳めてキッチンスペースを有効活用できる水切りラックをご紹介します。

使わないときは丸めて収納できる

Image: Amazon.co.jp

Philicore Leghの「水切りラック」は、箸やフォークなどのキッチン用具を立てられる仕切りカゴがセットになっています。

使わないときは丸めて収納できますし、ご自宅のシンクの大きさに合わせてカットできるので、スペースを有効活用できそう。

清潔感と使いやすさにこだわったという水切りトレーには細かいものを置くことが可能。水切り穴があり、カビが生えにくい構造になっているのも魅力的ですね。

まな板置きや食材の水切りとしても

Image: Amazon.co.jp

Philicore Leghの「水切りラック」は、まな板置き食材の水切りなど、さまざまな使い方に対応しています。

丈夫なステンレスが用いられており、耐荷重は18kg。お皿や茶碗などはもちろん、重い鍋を置いても大丈夫なのだとか。

また、耐熱温度は280℃までなので、焼きたてのお菓子やパンなどを冷やす台耐熱マットとしても使えそうですね。

返品保証や長期メーカー保証が付きで安心

Image: Amazon.co.jp

水切りラック」のサイズは縦44×横27.5cmで、重量は約450g30日間返品保証長期メーカー保証が付いているところも安心です。

Amazonのレビューでは、「必要な時だけ広げられて便利」「狭いシンクに相性抜群です!」といった高評価が並んでいました。

幅広く使える「水切りラック」を使って、キッチンスペースを有効活用してみてはいかがでししょうか。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Image/Source: Amazon.co.jp

swiper-button-prev
swiper-button-next