連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Microsoft Edgeに搭載間近!? リソース消費を最適化する新「パフォーマンスモード」

author 訳:的野裕子
  • カテゴリー:
  • TOOL
Microsoft Edgeに搭載間近!? リソース消費を最適化する新「パフォーマンスモード」
Image: Wachiwit / Shutterstock.com

Microsoftは、できるだけブラウザを軽量なものにするため、新しいChromium Edgeを設計していますが、別の計画も進行中のようです。

パソコンのリソースをさらに節約する「パフォーマンスモード」という新機能が、間もなくブラウザに搭載されます。

Microsoft Edgeの新しい「パフォーマンスモード」

Windows Latest」によると、Microsoft Edge Canary 91で「パフォーマンスモード」を発見したとのこと。

Canaryは、新機能ローンチのためのたたき台のようなもので、予告なしで、新しくてワクワクする機能がブラウザ上に現れます。

新しいパフォーマンスモードもそのひとつで、最新版に登場したようです。

パフォーマンスモードを有効にすると、ブラウザのCPUやメモリ、バッテリーの使用量を最適化し、パソコンへの影響が少なくなります。

しかしMicrosoftは、これが全ユーザーに有効な特効薬というわけではないと言います。

機能の効果は、ユーザーのブラウザの使い方や、見ているWebサイトによって大きく異なるそうです。

この新機能はCanaryに搭載されているもので、まだメインブラウザには反映されていません

ただし、Canaryの機能は、そのうちメインブラウザに搭載されることが多いので、もうしばらく経てば実装されるでしょう。

より軽量なブラウザを目指すMicrosoft

Microsoft Edgeを使い続けている人は、Microsoftがブラウザにパフォーマンス機能を追加するのは、これが初めてではないことを知っているかもしれません。

最近では、一般公開前のテストを経て、メインブラウザにスリーピングタブが搭載されました。

このように、MicrosoftはChromeに対抗するために、できるだけブラウザを軽量化しようと計画しています。

Chromeはリソースを大量に消費することで知られています。

Microsoft Edgeが、Chromeよりも少ない消費リソースで、すべてを実現する強力なブラウザを提供することができれば、主流になれるチャンスかもしれません。

Microsoft Edgeの優れたパフォーマンス

RAMやCPUを大量消費しない、軽量なブラウザが好きな人は、今後のMicrosoft Edgeの動向に注目してみてください。

Edgeのリソース使用量が少なくなるパフォーマンスモードが、近いうちに搭載されるはずです。

しばらくEdgeを使っていなかった人も、今では競合よりも優れた便利機能が搭載されているので、この機会にぜひ触れてみてください。

例えば、Webサイトをアプリとして、ブラウザにインストールすることもできますよ。

あわせて読みたい

Microsoft Edgeが大幅アップデート。魅力的な新機能は?

Microsoft Edgeの新機能「垂直タブ」の便利な使い方

Source: Windows Latest
Original Article: Microsoft Edge Is Getting a Performance Optimization Mode by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next