連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

無駄なZoom会議から退出したいとき使ってみたい? 効果音アプリ

author 訳:春野ユリ
  • カテゴリー:
  • TOOL
無駄なZoom会議から退出したいとき使ってみたい?  効果音アプリ
Image: Song_about_summer / Shutterstock.com

1年間リモートワークをした結果、数え切れないほどのZoom会議に参加して、何時間も費やすことが当たり前の生活になりました。

わざわざZoom会議にしなくてもメールで伝えれば十分な内容も多いというのにです。

そんなときは、会議で流れる自分のマイク音声を“自ら台無しにする”プラグインZoom Escaperの出番です。時間の無駄だと感じるウェブ会議からさりげなく退出できます。

Zoom Escaperの製作者は、このツールを使うと「他の人は、会議にあなたがいると耐えられないと思うようになる」と言います。

実際、Zoom Escaperのさまざまな効果音を聞いてみると、そうかもしれないと思うのです。では使い方を確認していきましょう。

Zoom Escaperをインストールする方法

まず、Zoom Escaperのページに行き、「マイクを有効にする」ボタンをクリックします。次に、オペレーティングシステム用のVB-CABLEをダウンロードしてインストールします。そこまでできたら、Zoom Escaperサイトをリフレッシュします。

マイクと出力を切り替えるオプションがあるので、「出力」のドロップダウンから「VBケーブル(仮想)」を選択し、「開始」をクリックして、Zoom会議を開始する間、そのページを開いたままにしておきます。

Zoom Escaperの使い方

このツールを実際にZoomで使うには、いくつかの設定を調整する必要があります。Zoomの「設定」→「オーディオ」と進み、マイクとして「VBケーブル」を選択します。

背景雑音を抑制」の項目を「低(かすかな背景音)」に選択、さらにその下の「音楽とプロフェッショナルオーディ」項目の「インミーティングオプションをマイクから“オリジナルサウンドを有効にする”に表示」をオンにします。

ここにネストされている他のすべてのオプションはオフにします。こちらのYouTube動画でも、手順を確認できます。

Zoom Escaper Tutorial / Sam Lavigne
YouTube

会議に参加したら、Zoom Escaperのページから効果音を追加できます。選択した効果音(一度に複数の効果音を選択可能)をオンにして、音量を調整します。ただし、自分ではその効果は聴こえないのでご注意を。

zoom2
Screenshot: Emily Long

「Bad Connection(接続不良)」や「Echo(エコー)」など、一部、実際の会議で起こりそうな効果音もありますが、同僚にあなたがゲームをしていると思われる可能性があります。

「Man Weeping(男性のすすり泣き)」や「Urination(排尿)」の音は、聞き手に不快感を与えるので、自分の尊厳を損なわずに、信頼を保ちつつ会議を終えたいのなら、あまり役に立ちません。

また、自分だけの効果音をアップロードすることもできます。Zoom Escaperの実行中に、ページの下部にオプションが表示されます。

Zoom Escaperをオフにするには、「停止」ボタンを押し、ズームのマイクを普段使っているものに戻しましょう。

あわせて読みたい

無料ユーザーも! Zoomの会話を自動で文字起こしできる新機能登場

「Zoom疲れ」4つの原因と対処法|スタンフォード大が究明

Source: Zoom Escaper, VB-Audio
Emily Long – Lifehacker US[原文

swiper-button-prev
swiper-button-next