連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる8つの裏技

author 訳:春野ユリ
  • カテゴリー:
  • TOOL
iPhoneのバッテリーを長持ちさせる8つの裏技
Image: GettyImages

iOS 14がリリースされてから、多くの苦情が寄せられています。

なかでも、「突然iPhoneのバッテリーが急激に消耗する」というトラブルに対して、SNSなどでは批判の声であふれました。

バッテリーのトラブル自体はよくあることで、特にiOSのアップデートに伴ってよく起こりがちです。しかし、今回の事例がこれまでと異なるのは、この問題が非常に広い範囲で発生したため、Appleがその存在を認めざるを得なかったことです。

iOS 14でバッテリー寿命が大幅に短くなっているユーザーのために、効果的な対処方法をご紹介します。

1.画面の明るさを下げる

画面の明るさのレベルを上げると、スマホのバッテリーはかなり消耗します。画面の明るさを下げると、最初は使いにくいと感じるかもしれませんが、長い目で見ると間違いなくスマホを長持ちさせるので、iPhoneのバッテリーを節約する一般的な方法の1つです。

画面の明るさは、必要なときだけ上げるようにしましょう。iPhoneの明るさを調整する方法は次のとおりです。

  1. 設定」を開き、「画面表示と明るさ」を選択します。
  2. 明るさアイコンを左にドラッグすると明るさのレベルが下がり、右にドラッグすると上がります。
battery2
Image: MakeUseOf

別の方法としては、コントロールセンターを使用することもできます。

右上の隅から下にドラッグするか(Face IDのあるiPhoneの場合)、画面の下から上にスワイプして(ホームボタンのあるiPhoneモデルの場合)表示させることができます。

次に、明るさアイコンを垂直方向にドラッグすると明るさを調整できます。

battery3
Image: MakeUseOf

2.低電力モードを使用する

低電力モード」をオンにすると、デバイスで実行される多くの重要でないアクションが停止します。この機能を使用すると、個々のオプションを切り替えなくても、必要に応じてiPhoneのバッテリーを簡単に節約できます。

低電力モード」に切り替える方法は、次の通りです。

  1. 設定」を開きます。
  2. 下にスクロールして、「バッテリー」をタップします。
  3. 次に、「低電力モード」のトグルをオンに切り替えます。
battery4
Image: MakeUseOf

3.iPhoneの画面を下にして置く

iPhoneには、デバイスの向きを検出できる機能があります。

iPhoneの画面を下向きに置くと、通知が届いても画面が明るくなりません。定期的に通知を受け取るようなら、この方法でバッテリーの寿命を大幅に節約できます。

バッテリーを最大限に活用するために、iPhoneを使用しないときは常に画面を下向きにして置くことを習慣にしてください。

ただし、iPhoneで「フィットネストラッキング」をオフにすると、この方法は使えないことを覚えておきましょう。

フィットネストラッキング」は、iPhoneがこのように動きを検出できるようにするオプションです。「フィットネストラッキング」が有効になっていることを確認する方法は次の通りです。

  1. 設定」で「プライバシー」を選択します。
  2. 下にスクロールして、「モーションとフィットネス」をタップします。
  3. フィットネストラッキング」の横のトグルがオンになっているかどうかを確認します。 オフになっていたら、オンにしてこの機能を有効にします。
battery5
Image: MakeUseOf

4.「アプリのバックグラウンド更新」を無効にする

iPhoneの「アプリのバックグラウンド更新は、アプリを使用していないときでも、アプリがバックグラウンドで実行できるようにする機能です。

この機能がオンになっていると、アプリは新しいデータを取り込みます。たとえば、ユーザーがTwitterを開かなくてもTwitterは新しいツイートを読み込みます。

これは便利なときもありますが、バッテリーを余分に消耗する可能性もあります。

実行中のアプリが多いほど、iPhoneの充電が早く消耗するのはこのためです。iPhoneの一部またはすべてのアプリに関して、「Appのバックグラウンド更新」をオフにすることができます。

この機能を無効にする方法は次の通りです。

  1. 設定」を開きます。
  2. 一般」をタップします。
  3. Appのバックグラウンド更新」を選択します。
  4. すべてのアプリのバックグラウンド更新をオフにするには、リストの上部にある「Appのバックグラウンド更新」を選択します。次のメニューで、「オフ」をタップします。
  5. 特定のアプリの機能をオフにするには、バックグラウンドで更新したくないアプリの横にあるトグルをタップするだけでOKです。
battery6
Image: MakeUseOf

バッテリーを最大限に節約するために、どのアプリのバックグラウンド更新を無効にするべきかわからないときは、iPhoneに便利なツールがあります。

次の手順で、最もバッテリーを消費しているアプリを見つけましょう。

  1. 設定」で、「バッテリー」に行きます。
  2. 下にスクロールして、アプリのリストと、その横にある「App毎のバッテリー使用状況」を表示します。バッテリーを最も多く使用するアプリの「バックグラウンド更新」を無効にします。
battery7
Image: MakeUseOf

5.「手前に傾けてスリープ解除」機能をオフにする

テーブルなどからiPhoneを持ち上げるとすぐに画面が起動し、ロック画面が表示されます。しかし、iPhoneを使うつもりが無くても、意図せずに画面が起動することもよくあります。

画面が起動してはスリープ状態に入ることを常に繰り返すと、iPhoneのバッテリーの消耗が早くなります。これを回避する方法は次の通りです。

  1. 設定」を開き、「画面表示と明るさ」に行きます。
  2. 手前に傾けてスリープ解除」をオフに切り替えます。
battery8
Image: MakeUseOf

6.バイブレーションと着信音をオフにする

スマホでの入力に長時間を費やし、多くの通知を受け取ると、バイブレーションによってiPhoneのバッテリーがかなり消費されます。

iPhoneのバイブレーションをオフにする方法は以下の通りです。

  1. 設定」を開きます。
  2. サウンドと触覚」に行きます。
  3. 着信スイッチ選択時」と「サイレントスイッチ選択時」をオフに切り替えます。
  4. バッテリーをさらに最適化するには、「キーボードのクリック」と「ロック時の音」をオフにします。
battery9
Image: MakeUseOf

7.「バッテリー充電の最適化」をオンにする

iOS13で導入された「バッテリー充電の最適化」の主な目的は、バッテリーが長期間高充電レベルにとどまらないようにして、バッテリーを劣化させないようにすることです。

時間の経過とともに、iPhoneは毎日の充電ルーティンを学習します。これを使って、iPhoneは、デバイスが長時間充電器に接続されていると「最適化された充電」をアクティブにして、100%未満に保ちます。

この機能を有効にする方法は次の通りです。

  1. 設定」に行き、「バッテリー」を選択します。
  2. バッテリーの状態」をタップします。
  3. バッテリー充電の最適化」をオンに切り替えます。
battery10
Image: MakeUseOf

8.iPhoneをリセットする

上記の方法を実行しても深刻なバッテリー消耗の問題が続く場合は、iPhoneをリセットして考えられるすべてのエラーを排除する必要があります。

リセットする方法は次の通りです。

  1. 設定」に行き、「一般」を選択します。
  2. 下にスクロールして、「リセット」をタップします。
  3. すべてのコンテンツと設定を消去」を選択し、パスコードを確認してデバイスをリセットします。工場出荷時の状態にリセットするとスマホ上にあるものはすべて消去されるので、復元するために現在のiPhoneのバックアップを必ず取っておきましょう。
battery11
Image: MakeUseOf

バッテリーの寿命を長くしよう

iPhoneには、バッテリーの大部分を蓄積して消耗する機能がたくさんあります。画面の明るさのレベルを上げる、バイブレーション、アプリのバックグラウンド更新はその一部です。

こうしたマイナーな機能を無効にすると、バッテリーの状態が大幅に改善され、iPhoneの寿命も長くなります。特にiOS14で発生したバッテリーの問題を解消するには効果的です。

Original Article: Experiencing Battery Drain in iOS 14? 8 Fixes by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next