連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

転職のタイミングを見極めるチェックリスト

転職のタイミングを見極めるチェックリスト
Image: Westend61/Getty Images

1年以上パンデミックを生き抜いてきた今、キャリアを含むすべてのことを大局的な視点で見られるようになりました。

別の仕事がしたくて転職を考えている人もいる一方で、新型コロナウイルスや都市封鎖の結果として2020年には世界中で失業した人が推定1億1400万人もいて、そうした人々は必要性に迫られて転職しようとしているのかもしれません。

いずれにせよ、MicrosoftのWork Labが行なった調査によると、社員のほぼ半数(46%)が何らかのキャリアの方向性の転換や転職を計画しています。

しかし、転職しようかと何となく考えることと、積極的に行動してそれを実現することは違います。

そのプロセスをよりスムーズにするために、FlexJobsは転職チェックリストを作成して、次に取るべき行動をわかりやすくしています。このチェックリストの要点は次の通りです。

転職したいのか? 今の仕事が嫌いなのか?

ひどい仕事やとんでもない上司に遭遇したことがある人なら誰でも、それが仕事以外の生活のさまざまな側面にどれほど大きな影響を与えることがあるかわかっています。

しかし、特定の役割や会社に適していないからといって、必ずしもまったく新しいキャリアで幸せになるとは限りません。

一方で、若い頃に一時的なつもりで就職したのに、あっという間に15年もたってしまい、いつの間にか自分が選んだわけではないキャリアになってしまった人もいるでしょう。

新たに職探しを始めたい気持ちになるかもしれませんが、一歩下がって客観的な視点から、転職が最善の選択かどうか考えることが大切です。

転職を見極めるチェックリスト

FlexJobsの転職チェックリストは3つのセクションに分かれていて、今回紹介するのはその最初のセッションです。

転職が実際に自分のためになるかどうか、もしためになるなら、どの分野が最適か判断できるようにできています。

チェックリストの次の2つのセクションでは、実際の就職活動に焦点を当てています。次のステップに進む準備ができたら、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい

転職面接で合格に直結する「逆質問」 3つの秘訣

転職の成功に欠かせない、面接前にすべき3つのこと

Source: International Labour Organization, Microsoft, FlexJobs(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13)

Elizabeth Yuko – Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next