連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

macOSの通知センターにあるウィジェットの使い方

author 訳:的野裕子
  • カテゴリー:
  • TOOL
macOSの通知センターにあるウィジェットの使い方
Image: mama_mia / Shutterstock.com

AppleのmacOSは、2005年のOS X 10.4(Tiger)からOSの機能としてウィジェットに対応してきました。当時はDashboardという名前のアプリで、小さなアプリは別々にデスクトップに表示されていました。ビルトインのウィジェットには、スティッキーズ、天気、計算機などがありました。

しかし、2019年のmacOS Catalinaから、Dashboardの機能は無くなり、ウィジェットは通知センターに移動しました。

ウィジェットとは何か?

ウィジェットとは、ちょっとした情報や最小限の機能を提供する、小さな完結型のアプリです。

macOS Big Surでは、Appleは通知の下にある通知センター(英文)の中に、2列のグリッドでウィジェットを表示しています。各ウィジェットの表示サイズは、小・中・大の3つのサイズから選べます。

macOSのウィジェット
Image: MakeUseOf

通知センターを開けば、いつでもウィジェットを見ることができます。ウィジェットを頻繁に使う人は、キーボードのショートカットに割り当てると便利です。

ウィジェットの追加、削除、移動方法

通知センターを開くと、一番下に「ウィジェットを編集」というボタンが表示されます。ここをクリックすると編集画面が開き、表示モードから編集モードに切り替わります。右側に現在表示されているウィジェットの一覧があり、左側に使うことができるウィジェットの一覧があります。

ウィジェットの編集モード
Image: MakeUseOf

ウィジェットを追加する際に、複数のサイズがある場合はサイズを選ぶことができます。macOSのデフォルトでは「小」が選ばれています。

別のサイズにしたい場合は、追加する前にウィジェットの下にある「」「」「」と書いた丸いアイコンをクリックしましょう。

編集モードで、ウィジェットの左上の「−(マイナス)」アイコンをクリックすると削除できます。

また、「Control」キーを押しながらウィジェットをクリックしても、「このウィジェットを削除」を選んで削除することができます。

通常の表示モードでも編集モードでも、ウィジェットを移動することはできます。ウィジェットをドラッグ&ドロップするだけです。

各ウィジェットの編集方法

カスタマイズできるオプションがあるウィジェットもあります。編集モードでウィジェットにマウスオーバーすると、ウィジェットのサイズが少し大きくなり、下に「このウィジェットを編集」と表示されます。これをクリックすると、ウィジェットを編集することができます。

ウィジェットの編集画面
Image: MakeUseOf

カスタマイズの例としては、時計の都市を変更したり、ニュースで別のトピックを選ぶなどです。

Macで使えるウィジェットには何があるか?

ビルトインのウィジェット

macOSには、ビルトインのアプリでいくつかのウィジェットがあります。

以下のアプリのうち1つか2つは、ウィジェットとして表示されています。

  • カレンダー
  • 時計
  • ニュース
  • メモ
  • 写真
  • Podcast
  • リマインダー
  • スクリーンタイム
  • 株価
  • 天気

サードパーティーアプリのウィジェット

アプリの開発者は、独自の通知センターのウィジェットを同梱することができ、多くのアプリにウィジェットが入っています。macOSの新しいウィジェットがもっと定着すれば、それだけ多くのアプリが対応するようになるでしょう。

カレンダーアプリの「Fantastical」は、予定の表示方法が違うウィジェットがたくさんあります。その日の日付のシンプルな表示から、予定の一覧やミニカレンダー、現在の天気を表示するウィジェットまで幅広いです。

▶︎ダウンロード:Fantastical(定額制、無料トライアルあり)

メモアプリの「Bear」には、ひとつのメモを表示するウィジェットや、最近の検索ワードをメモとして表示するものなどがあります。

▶︎ダウンロード:Bear(無料、アプリ内課金あり)

AirBuddy 2」は、バッテリーの状態を教えてくれるアプリです。ウィジェットを利用して、様々なBluetoothデバイスの充電レベルを表示します。

▶︎ダウンロード:AirBuddy 2 (1,099円)

ウィジェットから重要な情報に素早くアクセス

通知センターの一部として、Appleは以前よりもウィジェットを利用しやすくしており、日々のワークフローの一部にすることができます。ウィジェットから、Macの一番重要な情報に素早くアクセスすることもできます。

ウィジェットは小さくても効果的です。情報過多に悩まされている人は、集中力を保つ方法の記事(英文)もチェックしてみてください。

あわせて読みたい

仕事に集中したい時に、Macの通知をミュートする方法

Source:Fantastical,Bear,AirBuddy 2

Original Article: How to Use macOS Widgets in the Notification Center by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next