連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ベートーベンが発見。骨伝導ヘッドフォンのメリット・デメリット

author 訳:春野ユリ
  • カテゴリー:
  • TOOL
ベートーベンが発見。骨伝導ヘッドフォンのメリット・デメリット
Image: MakeUseOf

骨伝導ヘッドフォンは、「異なるものが大衆の興味をそそる」という言葉を体現しています。

ですから、このユニークなデザインのヘッドフォンについて知らないことがあっても、あまり取り残された気持ちにならないでください。

この記事では、骨伝導ヘッドフォンに関連してよく聞かれる質問をご紹介します。

骨伝導ヘッドフォンのさまざまなメカニズムの説明から始めて、ネットで効果的に購入するためのヒントを提供することで締めくくりたいと思います。

1.骨伝導ヘッドフォンとは?

簡単に言えば、こめかみに装着する無線あるいは有線のヘッドフォンであり、振動によって音を知覚することができます。

この技術は、18世紀にあの有名なクラシック音楽の作曲家、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンによって発見されました。

彼は、ロッドをピアノに固定することで、食いしばった歯を通して音を「聞く」ことができることに気づきました。

彼は耳が聞こえなかったので、当時これは画期的な出来事です。

この技術は、ヒューゴー・ガーンズバックというアメリカの発明家が最初の骨伝導補聴器であるOsophoneを発明した1900年代初頭に再び証明されました。

2.骨伝導ヘッドフォンが機能する仕組み

Video: AfterShokz/YouTube

従来のヘッドフォンやイヤフォンとは異なり、骨伝導ヘッドフォンは中耳を通して音波を送信しません。

その代わり、鼓膜と中耳をバイパスして、音波を頭蓋骨から蝸牛(内耳にあり聴覚を司る感覚器官)に振動として伝達します。

すると、蝸牛は皮質内の振動を伝達し、一連の化学反応を引き起こして聴覚神経を刺激します。その瞬間、聴覚神経が脳にメッセージを送り、脳はそれを音として解釈します。

これにより、骨伝導ヘッドフォンのユーザーは再生している音楽や電話の相手の音声を聞くことができます。

3.骨伝導ヘッドフォンは安全なの?

間違いなく安全です。聴覚学者は何十年もこれと同じ技術を使用して補聴器を開発してきたので、骨伝導ヘッドフォンは日常的に使用しても安全だと思ってください。

現に、音波を振動として伝達する独自のメカニズムを考慮すると、外耳道との接触を回避するため、従来のヘッドフォンやイヤフォンより安全であることが研究により実証されています。

さらに、骨伝導ヘッドフォンは、ヘッドフォンの長期使用に関連する聴覚に関する問題からユーザーを保護してくれる可能性が高くなります。また、ユーザーは自分の周囲の環境を意識できるので、ランニングやその他のスポーツをする際も安全です。

しかしもちろん、他の聴覚機器と同様に、骨伝導ヘッドフォンは完璧ではありません。 デバイスを最大音量に近い音量や最大音量で使用すると、安全でない場合があります。

4.聴覚障害がある人も骨伝導ヘッドフォンを使用できる?

ほとんどの場合、答えは「Yes」です。それは、耳以外のものを通して音を知覚する方法があるからで、骨と頭蓋骨もそれに含まれます。

一部の骨伝導ヘッドフォンメーカーは、難聴のタイプによっては、補聴器を装着せずに骨伝導ヘッドフォンを使用できると主張しています。

ただし、急いで購入する前に、医師に相談することをお勧めします。難聴のタイプと程度が、音声や音質に影響を与えることがあるからです。

5.骨伝導ヘッドフォンを使用する利点は?

前述した通り、骨伝導ヘッドフォンを使用することの最大の利点の1つは、状況認識を促進することです。人間は、走り回ったり、電話をかけたり、音楽を聴いたりしているときでも、自分の環境から切り離されることはありません。

2つ目の利点は、骨伝導ヘッドフォンを使用すると難聴のある人もさまざまなことに参加できることです。また、視覚障害がある人は、音に大いに依存して動き回るので、聴覚デバイスを使用するとずいぶん助かるでしょう。

他にも、骨伝導ヘッドフォンが予防策になるという利点があります。音を長時間聞くことに起因する聴覚障害の発症リスクを下げることができますよ。

6.骨伝導ヘッドフォンは防水性?

かなりの数の市販されているモデルが、耐水性と耐湿性を備えています。また、湿気、小雨、汗からヘッドフォンを保護するコーティングが施されています。中にはすっかり水に浸せるものもありますが、そうでないものもあります。

骨伝導ヘッドフォンの防水性と防湿性のレベルを確認したい場合は、購入前に必ずウェブサイトの商品説明を読みましょう。

7. 購入する際に注意すべき点は?

ヘッドフォンのデザイン、使用するときの快適性と頻度を考慮しましょう。どれも同じに見えるわけではありませんが、平均的な骨伝導ヘッドフォンには、従来のヘッドフォンとの類似点がいくつかあります。

唯一の違いは、そのメカニズムと側頭骨の上に配置するユニークなデザインのイヤピースです。自分のライフスタイルに合っていて、長時間快適に着用できるデザインを選択することが不可欠です。

活動的なライフスタイルの人なら、ベストなワイヤレスのスポーツヘッドフォンを調べましょう。

もう一つ気をつけなければならないのは、急速充電システムを備えた耐水性モデルです。デバイスの電池寿命が長持ちすると、何時間も音楽を再生したり通話できます。

デバイスの寿命は音質と同じくらい重要なので、高評価で耐久性のある素材を使用しているデバイスを選びましょう。

さらに、最新のBluetoothバージョンを備えたモデルを選択すると、ペアリングをすばやく簡単に行うことができます。

選べるオプションに応じて、ワイヤレスのデバイスと有線のデバイスのどちらかを選択しなければならないことがあります。

もちろん、ワイヤレスの方が有線よりも便利ですし、ケーブルが絡まることもありません。予算の範囲に収まり、ユーザーフレンドリーなモデルを選ぶことも大切です。

骨伝導ヘッドフォンを使った方がいいの?

あえてそう聞かれると、骨伝導ヘッドフォンは、ヘッドフォンの長期使用に起因する耳の感染症や聴覚関連の問題からユーザーを保護できるという可能性に基づいて投資する価値があると思います。

また、音質と状況認識の点からも購入する価値はあります。

あわせて読みたい

「HUAWEI FreeBuds Pro」をレビュー! ノイズを40dB低減するノイキャンで静寂を体感

ヘッドフォンを空きスペースに収納できるフック&クリップ【今日のライフハックツール】


Original Article: What Are Bone Conduction Headphones? Here Are 7 Things You Should Know by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next