連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

「Chromecast with Google TV」のやるといい初期設定11選

author 訳:的野裕子
  • カテゴリー:
  • TOOL
「Chromecast with Google TV」のやるといい初期設定11選
Image: Lifehacker US

昨年Googleは、新しいソフトウェア「Google TV」を搭載した最初のChromecast with Google TVを7,600円で発売しました。

これは、知っておくべきたくさんの便利な機能が付いた、リビングルームの新たな必需品となりそうです。

「Chromecast with Google TV」は、従来と同じくテレビの後ろに挿すだけですが、違いはセットトップボックスがドングル型というところです。

見た目は既存のAndroid TVに似ていますが、個人に特化したコンテンツの提供により力を入れています。テレビやスマホを使って、ウォッチリストをカスタマイズすることもできます。

新しいChromecastを持っている人も、新たなソフトが出るのを待っている人も、Google TVの体験をカスタマイズしてみましょう。

約30のストリーミングサービスに対応

GoogleTV
Image: Lifehacker US

Googleのサポートページによると、約30のストリーミングサービスを選択できます。Google TV自体は、Play Storeの6,500以上のアプリと互換性があります。

「YouTube TV」や「Sling TV」にチャンネル登録していると、Google TVのメイン画面で「Live Tab」という部分に表示されます。再生中のものを確認するのにアプリに行く必要はありません。Google TV上で全て確認できるのです。

リモコンを調整する

GoogleTV
Image: Lifehacker US

「Chromecast with Google TV」はBluetoothと赤外線に対応しているので、同じリモコンでテレビやストリーミングデバイスに指示を送信できます。

設定中に、TVの電源ボタンのオンとオフを切り替える説明もあります。それから、Google TVの設定の「リモートとアクセサリー」の下で、音量、ミュート、入力ボタンの設定ができます。

別のユーザーアカウントを設定する

GoogleTV
Image: Lifehacker US

新しいアカウントを設定するには、リモコンで設定に行き、「アカウントとサインイン」を選びます。

サインインが必要なユーザープロフィールにアクセスする人は、設定を完了するのに必要な手順にしたがわなければなりません。

設定が完了したら、Google TVのホーム画面右上にあるプロフィール写真を選ぶと、ユーザーアカウントを切り替えることができます。

Googleアシスタントを呼び出す

GoogleTV
Image: Lifehacker US

Google TVには、Googleアシスタントも内蔵されており、スマートスピーカーやスマートディスプレイと同じように機能します。

特に「Chromecast with Google TV」の場合は、Googleアシスタントのボタンを押して、テレビ番組の開始、映画の再生、SpotifyやYouTube Musicなどのアプリで曲を再生することができます。

部屋がうるさすぎたり、別のリモコンを使っている場合は、ホーム画面の上部にあるGoogleアシスタントアイコンから、手動で指示を入力してください。

照明やコンセントのような他のスマートデバイスがある場合も、Google Homeアプリでリンクしてあれば、Googleアシスタントでコントロールすることができますよ。

もしくは、音楽やポッドキャスト再生中のサラウンドサウンド効果のために、Googleアシスタント対応スピーカーとホームグループを設定することもできます。

Google TVのウォッチリストをカスタマイズ

GoogleTV
Image: Lifehacker US

新しいGoogle TVの人気機能のひとつが、自分のGoogleアカウントと紐付いたウォッチリストです。

このコンセプトは、Android版の「Google Play Movies & TV」アプリにもありましたが、その後Googleのプラットフォーム全体や、ストリーミングサービスにまたがって機能するよう拡張されました。

Googleで検索したり、Google TVアプリで見たいテレビ番組や映画を見ている場合、それがウォッチリストに追加されるので、Googleが追跡することができます。

その後、何か見たいものを探している時にリストに移動して、見たい作品をレンタル、購入、ストリーミングすることができます。

ウォッチリストが見たい時は、Google TVのホーム画面の最後のタブに。Google検索で「my watchlist」と入力しても、ウォッチリストにアクセスすることができます。

見たくないおすすめは削除する

GoogleTV
Image: Lifehacker US

Google TVには「アプリ専用モード」というものがあり、ホーム画面のトップにある個人用のおすすめカルーセル(インターフェイスをスクロールすると出てくるジャンル別のおすすめも含む)を削除することができます。

ハイライトの列や、Googleが特にプッシュしているコンテンツを削除することはできませんが、雑然としたホーム画面をスッキリさせます。

このモードを使うには、アカウントの設定に行き、「アプリ専用モード」をタップします。有効になると、Google TVのホーム画面の下に表示されます。

スクリーンセーバーを設定する

GoogleTV
Image: Lifehacker US

何も見ていない時、Google TVは「アンビエントモード」で最新の写真や興味のあるパブリック・アートを見せることができます。もしくは、最新の天気予報や時刻などのデータを画面に表示することもできます。

アンビエントモードでカスタマイズするには、設定画面のアカウントのメニューから、もしくはAndroidiOSのGoogle Homeアプリで設定できます。

Bluetoothのリモコンとペアリングする

GoogleTV
Image: Lifehacker US

Xbox Oneのコントローラーなど、Google TVで使いたいリモコンが別にある場合、設定メニューからBluetoothでペアリングすることができます。

このオプションは「リモートとアクセサリー」の下にあり、「アクセサリをペアリングする」のオプションを選び、指示に従いましょう。

Chromecastに別のドングルを追加する

GoogleTV
Image: Lifehacker US

Android TVは常に拡張できるストレージがあり、ソフトウェアを実行する多くのセットトップボックスにはUSBポートがあります。

Google TVはこの流れを受け継いでいます。

「Chromecast with Google TV」を最初に入手した数人が、USB-Cハブをデバイスに接続して、USB接続のフラッシュドライブや、常時インターネット接続のためのイーサーネットポートを追加できることを発見しました。

Chromecastにすべてまとめるのは馬鹿みたいに思うかもしれませんが、うまくいきます。

Google TVにストレージを追加したい場合も同じことができますが、電源ケーブルのためにUSB-Cの開口部を使用しているか確認してください。

不要な購入を避けるために認証をさらに追加する

GoogleTV
Image: Lifehacker US

デジタル課金にあなたのクレジットカードを使いそうな子どもやルームメイトなどと同居している場合、勝手に使われないように、設定画面で購入認証を設定することができ、暗証番号やパスコードが要求されられます。

また、共用のテレビの設定をいじるのが好きな人と同居している場合は、特定の設定にロックをかけることができます。

Androidを使えることもお忘れなく

これがはじめてのGoogle TVでも、Androidのベテランでも、ソフトウェアで楽しめることも思い出してください。

Play Storeのお気に入りのVPNを使って、自分の母国から接続して、地元のニュースや番組にアクセスできます。

あわせて読みたい

「Amazon Fire TV」がさらに便利になる設定10

「Apple TV」や「Amazon Fire TV」でスクショする方法


Image: Lifehacker US

Source: Chromecast with Google TV

Florence Ion - Lifehacker US[原文

swiper-button-prev
swiper-button-next