連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ストレス緩和・記憶力向上に役立つ「おもちゃ」10選

  • カテゴリー:
  • TOOL
ストレス緩和・記憶力向上に役立つ「おもちゃ」10選
Image: Shutterstock

心や体のストレスを経験すると、身体にも負担がかかり、突然の動悸や息切れが生じることがあります。その後ストレスが過ぎ去ると、弛緩の時間が訪れます(と期待されます)。

束の間であれば、緊張や解放は健全なものです。闘争・逃走反応は、状況によっては、文字どおりあなたの命を救ってくれることもあります。

けれども、慢性的なストレスは健全ではありません。対処せずに放っておくと、鬱や高血圧、心臓疾患などの深刻な問題につながるおそれがあります。

もっとも簡単なストレス発散法

わたしたちは、セラピー瞑想といった方法をおすすめしていますが、ストレスを感じているときに頼ることができる、もっと簡単な手段もあります。それは何かといえば――おもちゃです。

「The Atlantic」が伝えているように、ニューヨーク大学工科学校(Polytechnic Institute of New York University)が実施した研究では、小さなおもちゃをもてあそぶと、実際にストレス緩和、生産性向上、さらには記憶力向上の効果が得られることが示されています。

以下では、ゆったりした呼吸を取り戻すのに役立つ、いくつかの方法をご紹介しましょう。

1. ストレスボール

ストレスボールは、昔から職場などに置かれていたストレス解消のための道具で、実際に健康向上の効果があることを示す証拠もあります。

ストレスは体の緊張を生みますが、その緊張を体から解放する必要があるのです。

ストレスの専門家であるDavid Posen博士は、「Huffington Post」に対して次のように説明しています。

(ストレスボールを)握る利点は、ある種のエネルギーを解放できることです。また、リラックスを誘発する効果もあります。

ストレスボールを握ると、関節炎の緩和や、手首と手の筋肉の強化といった効果も得られます。

造形おもちゃ

2. 粘土やパテ

プレイ・ドー(Play-Doh)」などの粘土は、ストレスボールと同じ仕組みでストレスを和らげてくれます。

粘土をこねるときの筋肉の緊張と弛緩が、体に対するストレスの影響を和らげ、集中力を高めてくれるというわけです。

ストレスを緩和する道具としての粘土の効果に気づいた複数の企業が、それ専用のパテを製造するようになっています。

セラピー用粘土「Pinch Me」は、パテにエッセンシャルオイルを染みこませることで、おもちゃによるストレスセラピーに、嗅覚の力も採り入れています。

3. マグネットボール

ボールとボールをつなぎあわせて、さまざまな形や構造をつくることができる小さなマグネットボールのセットは、意外かもしれませんが、集中力が必要になるおかげで、ストレス緩和効果を発揮します。

組み立てるという行為が、ストレスの原因からあなたの意識をそらし、手を使った活動に集中させてくれるというわけです。

ただし、子どもやペットがいるときに、散らかしっぱなしにはしないでください。飲みこんでしまったら危険です

そもそも、あなたは生活のストレスを減らそうとしているのですからね。

パズルおもちゃ

造形おもちゃと同じように、パズルも、ほかのことを頭から締め出すタイプのストレス緩和おもちゃです。

ストレスフルな思考からあなたを解放し、手元の作業に集中させてくれます。

4. ミニ・ルービックキューブ

ルービックキューブは、1980年におもちゃとして発売されましたが、優れたストレス緩和効果も備えています。

すべての面を同じ色でそろえようと、小さなキューブをさまざまな位置へ動かしたりスライドさせたりしていると、頭がそれでいっぱいになり、指が絶えず忙しく動くことになるのです。

キーホルダーサイズのルービックキューブなら、どこへでも持ち運んでストレスを和らげることができますね。

5. インフィニティ・キューブ

もうひとつのキューブ型のストレス緩和おもちゃが、インフィニティ・キューブです。

このキューブでは、いくつかのピースが連結して、ひとつのキューブを構成しています。

それぞれのピースをあれこれと動かして、さまざまな形や構造をつくるわけです。

このキューブには目標はありません。いろいろな形をつくり、気晴らしに集中する過程それ自体を楽しむためのものです。

手遊び用のおもちゃ

6. ハンドスピナー

ハンドスピナーは2017年に大流行し、注意欠陥多動性障害(ADHD)の子どもの集中を助ける効果が知られるようになりました。

おもりのついた三つ又のおもちゃを、指でぐるぐる回すというものです。

残念ながら、このおもちゃは教師や親のストレスを増やし、子どもの気を散らすようになってしまったので、多くの学校で禁止されました。

とはいえ、職場でのストレス緩和方法を探している大人にとっては、いまでも役に立ちます。

7. 手芸用カラーモール

手芸用カラーモールも多目的に使えるストレス緩和おもちゃです。

造形おもちゃと、手遊び用おもちゃの効果を兼ね備えています。

8. 指圧マッサージリング

指圧マッサージリングは、手のツボを刺激して、ストレス緩和や集中力向上、血行促進などの効果を得るためのものですが、いじりまわしているだけでも楽しめます。

噛むおもちゃ

爪やペン、鉛筆の先についた消しゴムを噛むのは、いずれも不安やストレスの影響から生じる習慣で、抑えるのは簡単ではありません。

さいわい、そうした習慣への依存を緩和してくれるおもちゃがあります。

少なくとも、爪や歯のキューティクルをダメージから守る効果はあるはずです。

9. ラバーネックレス

ネックレスをしゃぶったり、チェーンの先についたペンダント・トップを口に入れたりしたことのある人なら、噛めるネックレスをすれば、歯がかけたり有害な金属を摂取したりするのを防げるかもしれません。

この手のネックレスは、噛んでも問題のないゴムでできていて、口さみしさを和らげてくれます。

10. 噛める鉛筆カバー

鉛筆やペンの先につけられるこの手のゴム製アタッチメントには、さまざまな形やサイズがあります。

これを使えば、無意識のうちに噛んでしまっても、ペンを破裂させたり、消しゴムのかけらが口のなかに残ったりする心配はなくなります。

あわせて読みたい

瞑想から最大限の効果を得る方法(自宅でも)

長引く自粛生活で感じる、慢性的なストレスの対処法


Source: Ark, Crafts, USA Today, Wish, Rubiks, Washington Post, Speaks, Mandy, Davidposen, Discount Mag, The Atlantic, Web MD, Medline Plus, Pinch Me, Huffington Post

Aisha Jordan - Lifehacker US[原文

訳:梅田智世/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next