連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

良い習慣が築ける8つのスマホアプリ|iPhone & Android

author 訳:的野裕子
  • カテゴリー:
  • TOOL
良い習慣が築ける8つのスマホアプリ|iPhone & Android
Image: Getty Images

ルーティンというのは、1日のリズムをつくることもあれば、壊すこともあります。

しかし、テクノロジーをもってすれば、良い習慣を築き、あらゆる面で人生の質(QOL)を上げることがもっと簡単に。

より良い睡眠をとるにも、毎朝の目標を達成するための準備で早起きするにも、ぴったりのアプリがあります。

今回は、日々のルーティンを向上させる8つのアプリをご紹介します。

1. Nike Run Club

毎週のルーティンにランニングを加えると、もっと良い体調を維持できます。エネルギッシュで自信に満ち、頭も明晰になります。

健康的な習慣を続ける時にモチベーションを保つには、「Nike Run Club」をスマホに入れるのがおすすめです。ランニングの記録をしたり、アプリのお気に入りの曲をランニングのBGMにすることができます。

Nike Run Club

また、「Nike Run Club」アプリには様々なチャレンジがあり、参加することもできます。実績を解除したり、友だちを追加したり、様々なランニングレベルを進むことも。

「Nike Run Club」は無料でダウンロードできます。

ダウンロード: iOS I Android

2. Headspace

「Headspace」は、今という瞬間を感じる練習をするための時間が取れる瞑想アプリです。

アプリには、様々な瞑想セッションに加え、ポッドキャストやプレイリストもあります。静かな部屋で瞑想したり、寝るための準備をしたり、エクササイズにも使えます。

また、「Headspace」には、モチベーションを保ち、思考の材料を提供する、「マインドフルな瞬間」も毎日あります。

Headspace

「Headspace Plus」は、最初の7日間の無料トライアルの後は、月額12.99ドル。1年で69.99ドルの料金プランも選べます。

学生や、家族で「Headspace」を買う場合には、別の割引プランもあります。

ダウンロード: iOS I Android

3. Duolingo

新しい言語を学習すると、記憶力が向上したり、仕事やプライベートで新しいチャンスが開けたりします。外国語学習で一番人気のアプリのひとつが「Duolingo」です。

「Duolingo」を使えば、英語話者であれば30以上の外国語(日本語話者は英語、韓国語、中国語)を学ぶことができます。フランス語、ドイツ語、スペイン語のなどから、ポーランド語、フィンランド語、ハンガリー語のような少しマイナーな言語まであります。

「Duolingo」はゲームのように学習していくインターフェイスで、ユーザーが続けやすくなっています。また、友だちを追加したり、オンラインのフォーラムを活用することもできます。

Duolingo

「Duolingo」は無料でも使えますが、「Duolingo Plus」にアップグレードすると、広告がなくなったり、ライフが無制限になります。

「Duolingo Plus」は月額12.99ドルで、年間だと79.99ドルです。

ダウンロード: iOS | Android

4. ヘルスケア

「ヘルスケア」は、iPhoneのデフォルトの無料アプリで、幅広い機能があります。

毎晩の睡眠時間や1日の歩数の目標を設定するのに、「ヘルスケア」アプリを使うこともできます。

「ヘルスケア」で月経周期を記録したり、様々な病気の症状を計測することもできます。

ヘルスケア

また、「ヘルスケア」と、「Nike Run Club」や「Calm」、「Sleep」など、サードパーティーのアプリを統合することもできます。

「ヘルスケア」を削除していた場合は、App Storeから再ダウンロードできます。「ヘルスケア」アプリ自体は無料ですが、統合したプラットフォームによっては課金があるかもしれません。

5. Spotify

「Spotify」は、気分を上げるだけでなく、仕事や新しいスキルの学習に集中させてくれます。仕事に集中させてくれる数え切れないほどのプレイリストだけでなく、インスピレーションを与えてくれるポッドキャストもあります。

Spotify

また、「Spotify」は新しい音楽を発見するのにもピッタリです。ユーザーの視聴履歴に似た、プレイリストやポッドキャストをおすすめしてくれます。

無料で使えますが、その場合は広告が流れます。「Spotify Premium」は月額9.99ドル、学生や家族には割引があります。

ダウンロード: iOS I Android

6. スクリーンタイム/デジタルウェルビーイング

現代のテクノロジーの問題のひとつが、自分が気をつけていないと、生活をコントロールされてしまう可能性があることです。

スマートフォンの中毒性、特にソーシャルメディアに関しては十分に証明されています。

スマホに時間を取られ過ぎていると感じている人は、アプリ毎の使用時間を記録することで、自分の時間管理を取り戻すことができます。

iPhoneの「スクリーンタイム」や、Androidの「デジタルウェルビーイング」は、それにピッタリのアプリです。

スクリーンタイム

「スクリーンタイム」は無料です。iPhoneの「設定 > スクリーンタイム > スクリーンタイムをオンにする」をタップすれば、アプリを使えます。

1日のスクリーンを見ている時間がわかるだけでなく、各アプリの1日の使用時間の上限を設定することもできます。

上限に達したら、翌日までそのアプリを開くことができません。

デジタルウェルビーイング

最近のAndroidデバイスには、「デジタルウェルビーイング」アプリがビルトインされています。「設定 > デジタルウェルビーイングとペアレンタルパネル」に行けば、この機能にアクセスできます。

7. MyFitnessPal

健康的なルーティンを守り、自分の食べた物を記録していると、食生活を変える必要があるかどうかが分かるようになります。

「MyFitnessPal」は、それにピッタリの人気アプリです。

MyFitnessPal

「MyFitnessPal」では、自分がその日に食べた物をすべて追加したり、食事の回数を保存したりすることができます。

また、運動の記録をしたり、毎日リマインダーの通知を送ったりするのにも使えます。

また、「MyFitnessPal」で、体重を管理したり、摂取した主要栄養素の分析をしたり、目標を設定したりすることもできます。

「MyFitnessPal」のベーシック版は無料です。プレミアム版は、月額9.99ドル、もしくは年間49.99ドルで購入できます。

ダウンロード: iOS I Android

8. Todoist

1日の計画を建てるのは、生産性向上やより短期間での目標達成には欠かせません。それにはToDoリストを作成するのが簡単です。

「Todoist」は、タスクのリスト作成や、タスク完了時にチェックをすることができる、生産性向上アプリです。

Todoist

「Todoist」を使えば、先の日時にタスクや締切を追加して、事前に計画を建てることもできます。

基本機能が使いたい場合は、「Todoist」は無料。月額4ドル、もしくは年間36ドルを支払えば、「Todoist Premium」にアップグレードすることもできます。

また、ビジネス料金プランもあり、1ユーザーあたり月額6ドル、もしくは年間72ドルです。

ダウンロード: iOS I Android

スマホを使って毎日をもっと充実させる

使い方次第では、スマホでエネルギーや生産性を消耗してしまうこともあります。しかし、自分のルーティンを向上させ、スクリーンタイムを管理するのに利用できるアプリもあります。

今回ご紹介したアプリは、手始めに便利なものでしたが、市場にはもっとたくさんアプリがあります。色々と試してみて、どの方法が自分に最適かを探りましょう。

あわせて読みたい

習慣化のプロ直伝、「続かない」を変えるコツ13選

王道だけどシンプルな習慣化7つの極意


Source: Apple(1, 2, 3, 4, 5, 6), Google(1, 2, 3, 4, 5, 6

Original Article: 8 Mobile Apps to Improve Your Daily Routine by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next