連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneのWiFi速度を改善する8つの解決法

author 訳:的野裕子
  • カテゴリー:
  • TOOL
iPhoneのWiFi速度を改善する8つの解決法
Image: MakeUseOf

WiFi接続は、iPhoneに欠かせない機能です。

しかし、接続状況が悪いと、Webサイト閲覧やアプリの使用、ストリーミング再生などの妨げになることがあります。そのような時は、iPhoneのWiFi速度を改善する方法を試した方がいいでしょう。

今回は、iPhoneのWiFi接続がうまくいっていない時に試したい解決方法をご紹介します。

1. ルーターの再起動

ルーター

これは見落とされがちなことですが、ルーターを再起動するだけで、iPhoneのWiFi接続の問題が解決することもあります。

他のデバイスに問題がある場合は特にそうです。ルーターの再起動によって、まっさらな状態になり、一時的な問題が解消されます。

ルーターの再起動は、単に電源ボタンを押して電源を切り、また電源を入れるだけです。もしくは、電源プラグを抜いてもいいです。1分ほど経ってから、電源を入れ直しましょう。

2. ルーターの位置を変えてみる

平均的なWiFi電波の範囲は屋内の約45mです。iPhoneとルーターの距離がそれよりも遠い場合は、信号が弱くなるので、iPhoneを使う場所にもっとルーターを近づけたほうがいいでしょう。

WiFiの電波は、壁や床などの障害物によって妨げられることもあります。ルーターを、障害物の無い見えるところに移動してみましょう。ルーターを高いところに置くと、家具が邪魔にならなくなります。

iPhoneでWiFiの電波の強さをチェックするには、WiFiの強さを示す、画面の左上にある線状の扇型アイコンを見ます。この線が電波の強さを表しており、2本は中程度、1本だと弱いです。

また、人が周りにたくさんいる場合は、ネットワークの過密が問題になっていることもあります。「ルーターのチャネルを変更するガイド」にしたがって、混んでいないチャネルを選びましょう。

3. iPhoneケースを外す、変える

iPhoneとAirPods

iPhoneケースに使われている素材のほとんどは、WiFiの電波を妨害しません。しかし、金属のケースの場合、時々そういうことがあります。金属が、iPhone上部にある(機種によりますが)アンテナの伝送を妨害するのです。

iPhoneケースが金属メッキの場合は、シリコンやプラスチック、レザーなどのものと交換しましょう。また、iPhoneの背面に付ける金属のリングも使わないでください。

4. ネットに負荷がかかることをしない

ダウンロードやストリーミング、また特定のアプリが、使用できる回線容量を占領することがあります。

犯人を特定するために、何が回線を使用しているかをチェックしてください。

何が原因かわからない場合は、各アプリや機能を一度にひとつずつ動かして、どれがWiFi接続に影響を与えているのか確認しなければなりません。

ありがたいことに、iPhoneが使用している回線容量を減らす方法はいくつかあります。まず、iPhoneのデータ使用量を見て、一番回線容量を多く占めているアプリをチェックすることができます。ただし、その数値を最後にリセットした時期によっては、あまり正確でないこともあります。

以下の手順にしたがって、iPhoneのデータ使用量のチェックしましょう。

  1. 設定 > モバイル通信」に行く。
  2. 現在までのアプリの一覧をスクロールして、名前の下にあるデータ使用量を見る。
モバイル通信の設定

次に、バクグラウンドで使用する回線容量を減らすのに、アプリの自動アップデートを無効にするのもいいです。

  1. 設定 > App Store」に行く。
  2. アップデートを無効にする。
App Storeの設定

これを無効にすると、代わりにアプリを手動でアップデートする必要があります。

  1. App Store」アプリを開く。
  2. 下の「App」を選ぶ。
  3. 右上にある人型のアイコンをタップする。
  4. アップデート入手可能の下にある各アプリの横の「アップデート」を選ぶ。

VPNはさらに回線容量が必要なので、使っている人は自宅ではオフにしておいてもいいかもしれません。

ストリーミングはネットワークにかなり負荷をかけるので、特に音楽のような繰り返し聴くメディアは、できればストリーミングよりもダウンロードメディアを選んだ方がいいでしょう。

ストレージの容量が少し必要になりますが、長い目で見ればネットワークの使用量が減ります。

5. iOSをアップデートする

デバイスのソフトウェアが古いと、WiFi接続に問題が出ることがあります。

iOSのアップデートは、iPhoneのバグを修正し、ネットワークのパフォーマンスも含む全体的な操作性を向上します。

iOSは以下の手順でアップデートしてください。

  1. 設定 > 一般」に行く。
  2. ソフトウェア・アップデート」を選ぶ。
  3. アップデートするものがあれば、ダウンロードしてインストールする。
ソフトウェア・アップデート

重要なデータを消失しないように、アップデートする前にiPhoneのバックアップをするのをお忘れなく。

6. WiFiネットワークを削除して、再度追加する

WiFiネットワークを削除すると、パスワードやその他のネットワーク情報がiPhoneから消えます。

これで、特定のネットワークに対する接続の問題がクリアされることも。ただし、ネットワークを削除した後で再接続する時に、パスワードが必要になることは忘れないでください。

以下の手順でiOSでネットワークを削除します。

  1. 設定 > Wi-Fi」に行く。
  2. 削除したいネットワークの横にあるアイコンをタップする。
  3. このネットワーク設定を削除」をタップする。
WiFiの設定

この方法を最大限に活かすには、ネットワークに再接続する前にiPhoneを再起動しましょう。

7. DNSのオプションを変更する

ドメインネームサーバもしくはDNSとは、WebサイトのIPアドレスを人間がわかりやすいように判読できる名前に変換したプロトコルです。

iPhoneがインターネットに接続している時、バックグラウンドでDNS構成が実行されています。初期設定のオプションはサービスプロバイダーによりますが、GoogleやCloudflareのような他のものに変えることができます。

DNSの変更によって、Webサイトの読み込み時間が改善したり、IPSからのトラッキングを回避したり、オンラインでの安全性が向上するのです。

以下の手順で、iPhoneでDNSサーバを変更してください。

  1. 設定 > Wi-Fi」を開く。
  2. ネットワーク名の横にある「i」のアイコンをタップする。
  3. スクロールダウンして「DNSを構成」をタップする。
  4. 手動」に変更し、「サーバを追加」をタップする。
  5. 使いたいDNSサーバーのアドレスを入力する。使いたいものがない場合は、「ベストな無料DNSプロバイダー」をチェックする。
  6. 保存」をタップする。
DNSの構成

デフォルトのDNS設定に戻したい場合は、上記の手順に従って「DNSの構成」に戻り、「手動」ではなく「自動」を選んで保存しましょう。

8. すべてのネットワーク設定をリセットする

上記の方法がすべてうまくいかなかった場合、iPhoneのネットワーク設定をリセットしてみましょう。保存されているすべてのWiFiネットワークがクリアされます。VPNや通信オプションも、もう一度設定しなければならないかもしれません。

以下の手順にしたがってiOSのネットワーク設定をリセットします。

  1. 設定 > 一般」を開く。
  2. スクロールダウンして「リセット」をタップする。
  3. ネットワーク設定をリセット」を選ぶ。
ネットワーク設定をリセット

これを確定するにはiPhoneのパスコードを求められ、それからiPhoneを再起動します。

あわせて読みたい

良い習慣が築ける8つのスマホアプリ|iPhone & Android

スマホを壊さないようにする10の方法



Original Article: 8 Fixes to Improve Wi-Fi Performance on Your iPhone by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next