連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

YouTubeやVlogの撮影に。電動回転スタンド「Pivo」キャンペーン間もなく終了

machi-ya

YouTubeやVlogの撮影に。電動回転スタンド「Pivo」キャンペーン間もなく終了
Image: getpivo
Image: getpivo

インスタやTikTokで目を引くインパクトある写真や動画。難しい編集が分からない…という初心者の方でも手軽にプロ並みのコンテンツが作れる撮影ガジェット 「Pivo(ピボ)」が現在クラウドファンディングに挑戦中です。

手持ちのスマホを設置するだけでハンズフリー撮影が可能で、専用アプリで特殊効果を足したり、自動編集もできる優れもの。

キャンペーン終了間近なので改めて特長をおさらいしておきましょう!

スマホカメラの可能性を引き出す多機能ポッド

65D0E947-D949-4103-A4C1-58FCFA54BD3C
Image: getpivo

「Pivo」は超小型軽量のスマホ用回転台。ハンズフリーで人の顔やモノを自動的に追いかけて撮影できるため、1人でもハイクオリティな動画撮影が可能です。

Video: getpivo / YouTube

ダンス、料理、フィットネスやゴルフなどさまざまなシーンに対応可能。誰にも気を使うことなく一人で自由に撮影を楽しめます

コロナ禍によりジムに通いづらい日々が続いていますが、自宅トレーニングの際のフォームチェックなんかにも使えそうですね!

360°のトラッキング機能

801BF755-16BA-4075-9E91-BDD8DB0A052B
Image: getpivo

「Pivo」は360度回転しながら人の顔を認識して、動きを自動でトラッキングしてくれます。

顔を中心にしたいとき、または激しい動きをトラッキングしたいときなど、配信したい内容やシチュエーションによってトラッキング対象や速度なども細かく設定することができますよ。

ピントがずれたり、フレームアウトしてしまう失敗もありません。

ビデオ通話がよりスムーズに

13A0B198-B99F-4F47-8122-C1CB5641D715
Image: getpivo

コロナ禍ではビデオ通話する機会が増えましたが、カメラの画角にうまく収まらなかったり、子どもが動き回って、なかなか顔が映せない、など色々苦戦している方も多いのでは?

「Pivo」なら臨場感あふれる映像で、遠隔でもよりスムーズなコミュニケーションが可能に。LINE、Instagramなどの他社製アプリでもトラッキング機能を利用できるので、いつものビデオ電話で普段の投稿で試してみるのも面白そうです。

ライブ同時配信にも対応

29318ECA-2177-44E7-8B04-ADF38BBB464C
Image: getpivo

「Pivo」はFacebook、Twitter、YouTubeなどでのライブ配信にも対応しており、複数のプラットフォームで同時配信することが可能です

これ一台あれば誰でもすぐにライバーデビューができますね! 特別な機材や技術は不要なので、配信初心者にとっても心強い相棒になってくれそうです。

12の画像編集モード

また12の画像編集モードが搭載されているので、アプリを使って画像+動画、動画+動画が簡単に合成できます。特殊効果も自動で編集が可能。

266A00B6-1125-45D8-B277-1C5E34C172AD
Image: getpivo

画面の左右で人物が入れ替わるこの不思議な加工や、

5E9DF3A4-D07D-412E-8169-E4A277D4E6F9
Image: getpivo

大パノラマの風景をくるっと360°回転で撮影したこんな写真まで!

アイデア次第で自由自在な作品づくりが捗りそうです。

0B8832C5-4278-4A64-A20C-ECE1A8C02CCB
Image: getpivo

ハンズフリー撮影で手軽にプロ並みの写真・動画が撮れる「Pivo」は今回2種類をご用意。クラウドファンディングサイトmachi-yaにて、「Pivo Red」は9,900円(送料・税込)から、「Pivo Silver」が13,300円(送料・税込)からオーダー可能となっています。

キャンペーン終了間近! 詳細は以下のリンクからどうぞ。

>>Pivo:スマホの写真・動画撮影をハンズフリーに。360°写真やトラッキングも

Image: getpivo

Source: machi-ya

saori

swiper-button-prev
swiper-button-next