連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

自律神経をセルフケア。「幸せホルモン」を増やすための「肝活」とは

MYLOHAS

author 木川誠子
自律神経をセルフケア。「幸せホルモン」を増やすための「肝活」とは
Image: Shutterstock

コロナ禍に季節の変わり目も重なって、不調を感じやすくなっている人も多いのではないでしょうか。その原因は自律神経が乱れているからかもしれません。

自律神経は基本的に、アクティブに動きたい日中は交感神経が優位に、しっかり休みたい夜は副交感神経が優位になっていると、整っているといえる状態。

ストレスフルな状態だと、その切り替えがスムーズに行われず、日々の不調につながっていきます。

「幸せホルモン」は肝臓の働きで作られる

自律神経を整えるための対策は、日光に当たる、適度に運動するなどがありますが、そのすべては体内にセロトニンを作り出すため。

セロトニンは安心感、幸福感をもたらすことから幸せホルモンと呼ばれる脳内物質であり、睡眠ホルモンであるメラトニンの原料にもなります。夜にしっかり休むためにも日中にセロトニンが作られることが重要なのです。

このセロトニン、実は、肝臓の働きによって作られています

脳内物質なので脳で作られていると思いきや、セロトニンの基となる成分であるトリプトファンは、肝臓の代謝機能によってタンパク質から作られます。

アルコール分解のイメージがある肝臓は、実は、自律神経を整えるのに欠かせない存在だったのです。

隠れ肝臓疲労にご注意を!

shutterstock_1796230930_640
Image: Shutterstock

肝機能を高めるサプリメントを展開する「ヌーディモア」が、日本人間ドック学会の報告書を基に調べた結果、日本人の3人に1人の割合で肝機能異常が見つかっています(※)。まさに、現代人の多くが肝臓疲労の状態にあると言えます。

※出展:日本人間ドック学会「2015人間ドックの現状」(2016年)

肝臓疲労は、その名の通り、肝臓が酷使されて疲れてしまっていること。そのため、本来の働きが行われていない状態です。

しかも、女性の肝臓サイズは男性よりも小さく、ダメージに弱いこともわかっています。睡眠や運動不足、過労、ダイエットなどの生活環境による肝臓負担も見逃せません。

アルコールを飲む習慣の有無に関わらず、肝臓疲労の可能性があるため、肝機能を高める対策=肝活は必要なのです。

毎日の食事で肝活を意識

shutterstock_1901367961_640
Image: Shutterstock

1.食品添加物を避ける

抽出物、合成物、添加物は、肝臓が毒だと思い、解毒しようと働きかけるため疲労につながります

加工品を選ぶときはパッケージをチェックして、無添加、化学調味料フリーと書かれたものを選んでみて。

2.肝機能をサポートする食品を摂取する

傷ついた肝臓を修復するために、抗酸化成分を多く含むブロッコリーや柑橘類、アボカドなどを定期的に摂取してください。手軽なものなら、ポリフェノール豊富なハイカカオのチョコレートもおすすめです。

今はさまざまな変化のとき。元気に毎日を過ごすためには意識して自律神経をケアすることが大切だと言えそうです。

肝活で、幸せホルモン、セロトニンを増やしていきましょう。

あわせて読みたい

自律神経の乱れ、寝つきの悪さを1分で整える

慢性疲労から復活! 人気漫画家が実践した、五月病&ストレス解消法

Source: NUDYMORE

マイロハスより転載(2021.2.27公開記事)

swiper-button-prev
swiper-button-next