連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

背筋が伸びるスマホリング「SYANTO Vリング」の使いやすさを検証!

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
背筋が伸びるスマホリング「SYANTO Vリング」の使いやすさを検証!
Photo: 島津健吾

現代病のひとつに「ストレートネック」通称“スマホ首”があります。PCやスマホの影響で首が正常な位置より前に出てしまっているのが原因で、首・肩のコリ、眼精疲労、腰痛を引き起こすというもの。

普段から姿勢を直していきたいという人は、machi-yaでクラウドファンディングを実施中のスマホリング「SYANTO Vリング」を検討してみるのはどうでしょうか? 従来のスマホリングとは全く異なる考えで作られており、「姿勢がシャントする」がキャッチフレーズです。

どんなスマホリングなのか? 実際にレンタルして使ってみました。

底面支持で姿勢が悪くならない

DSC00889
Photo: 島津健吾

「SYANTO Vリング」は、ケースの間に挟んで装着するシートタイプのスマホリング。

スマホリングといえば、スマホの中央に取り付ける金属タイプが主流ですが、「SYANTO Vリング」は違います。スマホの下部に、シートタイプのリングが付くのです。

柔軟性、操作性があり、指を長時間入れておいても、金属のように痛くなりません。これだけでも、十分メリットがあるのですが、姿勢も正してくれるとのこと。

DSC00885
Photo: 島津健吾

私が使っているiPhone 12 Proに取り付けてみました。スマホケースの下部に隙間がないと、リングを出すことができないため注意してください。対象のスマホケースの詳細については、プロジェクトページをご確認ください。

DSC00893
Photo: 島津健吾

リングを取り付けたら小指を通します。写真のようにリングがスマホの背面に来るようなデザインになっています。これも不思議な感覚で、力を入れていないのに、うまくスマホを支えることができています。ですので、スマホの重さをずっしりと感じることはなく、手のひらに添えている感覚でした。

スマホの位置が上がり、目線も上がる

DSC00911
Photo: 島津健吾

スマホを使っているといつの間にか、首が前に出ていますよね。猫背も相まって、体が歪んでいることに自覚があります…。そんな私が「SYANTO Vリング」を使った感想は、まず持ちやすいということ。そして、もう一つはスマホの位置が高くなったこと。スマホの底面を持つことで、自然とスマホの位置も上がりました。それで腕が疲れることもないから不思議です。結果的に、背筋はしゃんとした気がしますね。

DSC00919
Photo: 島津健吾

そもそも今までは、大きなスマホを支えるために、小指をスマホの下に置いていました。小指の関節に負担がかかるのであまり良くないとは自覚しつつも、持ちやすさを優先していました。

DSC00893
Photo: 島津健吾

そんな悪い習慣をなくし、背筋まで伸ばしてくれる。「SYANTO Vリング」は、スマホ時代には欠かせないツールなのかもしれません。YouTubeやSNSを長時間みている人は、効果を実感しやすいと思いますよ。

Video: Do2w「SYANTO」/YouTUbe

「SYANTO Vリング」を使った人の反応は、こちらの動画にもまとまっています。あわせてチェックしてみてください。

「SYANTO Vリング」は、一般販売価格から15%OFFの1,913円で支援が可能。

価格もリーズナブルですので、おひとつ試してみては?

>>【スマホ首・腱鞘炎に】姿勢がシャントするスマホリング「SYANTO Vリング」

Photo: 島津健吾

Video: YouTube

Source: machi-ya

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next