連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneのパスワードを安全に保存する方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
iPhoneのパスワードを安全に保存する方法
Image: GettyImages

毎日多くのWebサイトやオンラインサービスを扱っていると、たくさんのパスワードを記憶する必要が出てきます。しかし、すべてのアカウントに同じパスワードを使用するのは得策ではありません。実はiPhoneにパスワードを保存するほうがはるかに安全です。

この記事では、iPhoneにパスワードを安全かつ素早く保存する方法について説明します。

iCloud キーチェーンを使ってiPhoneにパスワードを保存する

iCloudキーチェーンは、すべてのApple端末間でパスワード、クレジットカード情報、その他の安全な情報を保持するために使用されるツールです。そのため、Webサイトにログインしたり、Wi-Fiパスワードを入力したりする必要があるときは毎回、iCloudキーチェーンが自動入力します。

これは元々iPhoneに搭載されているネイティブ機能なので、これを使用して保存された情報は安全と考えて間違いないでしょう。データが暗号化されるので、ユーザー本人しかデータにアクセスすることもデータを読み取ることもできません。

このパスワードマネージャーのもう1つの便利な機能は、パスワードの1つが漏洩した可能性があると判断すると、通知してくれることです。

漏洩したパスワードをiPhone上で見つけるには、「設定」→「パスワード」→「セキュリティに関する推奨事項」と進みます。ここから、漏洩してしまったパスワードを簡単に変更できます。 「Webサイトでパスワードの変更」をタップするだけです。

pw2
Image: MakeUseOf

デバイスを直近にリリースされたソフトウェアに更新すると、iCloudキーチェーンを設定したいかデバイスが聞いてきます。もし、その時点で設定しなくても、以下の方法で設定できます。

  1. iPhoneで「設定」アプリを起動します。
  2. 画面上部で自分の名前をタップします。
  3. iCloud」に移動します。
  4. リストを下にスクロールして、「キーチェーン」をタップします。
  5. iCloudキーチェーン」を有効にします。
pw3
Image: MakeUseOf

iPhoneに保存したパスワードを表示する方法

iPhoneに直接保存したパスワードは、簡単な手順をいくつか踏めば表示できます。

やり方は次の通りです。

  1. デバイスで「設定」アプリを開きます。
  2. 少し下にスクロールして、リストから「パスワード」を選択します。
  3. デバイスが、Face IDかTouch IDを使用してパスワードにアクセスするように要求してくるので、それに従うと、iPhoneに保存されているすべてのパスワードが表示されます。
pw4
Image: MakeUseOf

iPhoneに保存したパスワードを削除する方法

不要になったパスワードは、いつでもiPhoneからを削除できます。

やり方は次の通りです。

  1. iPhoneの「設定」に行きます。
  2. パスワード」をタップします。
  3. Face IDかTouch IDのどちらかを使ってパスワードにアクセスします。
  4. パスワードを変更するには、画面の右上にある「編集」をタップして、削除するパスワードを選択します。
  5. 左上隅の「削除」をタップして、デバイスから削除します。
pw5
Image: MakeUseOf

iPhoneのiCloudキーチェーンを無効にする方法

この機能を無効にしたいときは、「設定」に行き、画面上部の名前をタップしましょう。次に、「iCloud」→「キーチェーン」と進み、「iCloudキーチェーン」をオフに切り替えます。

パスワードを保存する、あるいは、デバイスから削除する、という2つのオプションがあります。

2番目のオプションを選択すると、同期されたすべてのデバイスとiCloudからパスワードが消え、その後は復元できなくなります。

サードパーティのパスワードマネージャーを手に入れる

iCloudキーチェーンは安全性が高く使いやすいパスワードマネージャーですが、Appleデバイスでしか使用できません。

それで何の問題もない人もいますが、iPhoneと並行してWindowsラップトップやAndroidタブレットを使用していて、そうしたデバイス間でパスワードを同期したい場合、サードパーティのパスワードマネージャーをダウンロードすることがもっとも便利なオプションでしょう。

1Passwordは、そうしたアプリケーションの好例です。パスワードのカテゴリー、セキュリティを守るための質問を保存するカスタムフィールド、整理に便利なタグ、Face IDなど、便利な機能が多数あるからです。

1Passwordのダウンロードは無料ですが、使用するには定額制で登録する必要があります。ただし、30日間の無料試用版もあります。

ダウンロード:1Password (要定額制の登録・無料トライアル利用可能)

メモアプリにパスワードを保存しても安全?

パスワードや財務情報などの重要な個人情報を保存しがちな場所の1つは、メモアプリです。しかし、一般的に、メモアプリはそうした機密情報を保存しておくには安全なアプリではありません。

それでもメモアプリを使ってパスワードを保存したいなら、そのメモ自体をパスワード、Face IDまたはTouch IDで保護するのがベストです。

ただし、これは、デバイスにローカルに保存されているか、iCloudに同期されているメモに対してのみ実行できることを忘れないでください。メモアプリがYahoo、Gmail、あるいはその他のサードパーティのサービスとも同期されている場合は、メモをロックすることはできません。

ロックされたメモを使用するには、まず、次の方法でメモアプリのパスワードを作成する必要があります。

  1. 設定」アプリに移動します。
  2. 少し下にスクロールして、「メモ」→「パスワード」をタップします。
  3. 使用するパスワード、パスワードを忘れた場合のヒントを入力し、「Face IDを使用」または「Touch IDを使用」を有効にして、生体認証を使用します。パスワードを忘れると、メモは永久にロックされ、リセットできなくなるので注意してください。
  4. 完了」をタップします。
pw6
Image: MakeUseOf

メモをロックする前に、タイトルが付いていることを確認しましょう。メモがロックされていてもいなくても、タイトルは表示できます。ここでメモをロックするには、iPhoneでメモアプリを開き、次の手順に従います。

  1. ロックしたいメモを開きます。
  2. 画面の右上にある3つのドットのアイコンをタップします。
  3. ロック」をタップして、以前に作成したパスワードを入力します。
  4. OK」をタップして確認しましょう。
pw7
Image: MakeUseOf

iPhoneに保存したパスワードを保護し続ける

パスワードやその他の機密情報を保存するために、iCloudキーチェーンを選んでも、それ以外のサードパーティのパスワードマネージャーを選んでも、安全と考えていいでしょう。

メモアプリの場合は、少し複雑になるので、本当にこのアプリを使い続けたいなら、メモにロックをかけてから、パスワードを保存するようにしましょう。

生産性が上がる? 今日やるべきことに集中できるトラッキングアプリ【今日のライフハックツール】

知らぬ間に課金。iPhone向け詐欺アプリを見分ける方法

Source: App Store

Original Article: How to Save Passwords on Your iPhone by MakeUseOf

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next