連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Googleのパスワード漏洩をチェックする機能がAndroidデバイスにも対応

author 訳:的野裕子
  • カテゴリー:
  • TOOL
Googleのパスワード漏洩をチェックする機能がAndroidデバイスにも対応
Image: MakeUseOf

Googleのパスワードチェックアップ機能を使うと、アプリやWebサイトのパスワードが漏洩した可能性があったり、オンライン上に晒されたりした場合にすぐ見つけられます。

この機能が、Androidデバイスでも使えるようになり、外出先でもパスワードの漏洩をチェックできるようになりました。

Androidでパスワードチェックアップ機能を使うと

パスワードチェックアップは、これまでChromeで利用できましたが、「The Keyword」の投稿によると、現在はこの機能がAndroid端末のシステム全体に展開しているそう。

つまり、Androidのパスワードが漏洩したら、システム全体のアラートがすぐに届くというのです。

この機能は、Googleアカウントに保存されたログイン情報を使用して、あらゆるパスワード侵害にアラートを出します。

1つ以上のパスワード侵害があった場合、Googleはパスワードが漏洩したことを通知するので、気づいたときにすぐにパスワードを変更できます。

自分のAndroidデバイスでこの機能が使えるか?

パスワードチェックアップ機能は、Android 9以降が動作している、すべてのAndroidに対応します。

対応端末を持っている場合、自分の住んでいる地域でこの機能が使えるようになったら、デバイスでパスワード漏洩のアラートを受け取れるようになるはずです。

自分のAndroidのバージョンがわからない場合は、「設定 > 端末情報」で、自分のデバイスのAndroidのバージョンを確認できます。

Googleの自動入力機能が有効になっているか確認する方法

パスワードチェックアップ機能を使うには、Googleの自動入力機能をオンにすること。

自動入力サービスがデフォルトで設定されているかわからない場合は、以下のように設定で現在の自動入力のプロバイダーを確認できます。

スマホで「設定」を開き、「システム > 言語と入力 > 自動入力サービス」をタップし、歯車アイコンの隣にある「Googleの自動入力サービス」をタップして、「Googleの自動入力を使う」のトグルが有効になっているか確認してください。

この機能が自分の地域で使えるようになったらすぐに、パスワード漏洩のアラートが流れてくるはずです。

アカウントのセキュリティを向上させる方法

Googleの自動入力は、ログイン情報を保存するだけではありません。パスワードの生成も可能です。Webサイトやアプリのアカウントで常に強力なパスワードを使うことができます。

パスワードのフィールドを長押しして、自動入力のオプションを選ぶと、独自のパスワードを生成することができます。

自分のGoogleアカウントの設定メニューから、生体認証保護を追加することもできます。そうすれば、自分のアカウントへのアクセスを許可するのに、生体認証を使うようになります。

パスワードが漏洩した時にアラートを受け取る

パスワード漏洩に関するGoogleの通知を受け取るようにしたら、どのパスワードが漏洩した可能性があるのか、様々なWebサイトやデータベースを手動で検索する必要がなくなります。

この機能を使うかどうかに関係なく、自分のアカウントに強力な独自のパスワードを使うのは最善の策です。

あわせて読みたい

3ヵ月に一度は、デバイスを整理整頓すべき本当の理由

Image: MakeUseOf

Source: The Keyword

Original Article: Android Can Now Check Whether Your Passwords Have Been Compromised by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next